おすすめ本

あんちゃさん著「アソビくるう人生をきみに。」でクソマジメに人生について考える。

いきなりですが、あんちゃさんを知っていますか?

 

僕は最近知って、その勢いで出版記念のトークイベントに行ってきました。

そして、その勢いで帰ってきて本を読みました。

そしてそして、その勢いでパソコンをかちかちしてます。

 

この本の最大の魅力は「自分の人生を本気で考えさせられる」ことです。

 

自分が何をしたいのか、何をしてきたのか、これからどう生きていくのか。

 

ぼんやりとした不安や悩みのある人はぜひ読んでみて欲しい一冊です!

 

本はこれ。

将来不安なら「アソビくるう人生をきみに。」を読め!

「なんだか将来が不安。」

「自分はこれからどうやって生きていけばいいんだろう…?」

 

そんな人におすすめな本が「アソビくるう人生をきみに。」です。

 

今の環境を変えたり何かを始めようとしている人の背中を押してくれるような優しい本です。

 

そしてなにより、自分の人生について真剣に考えさせられる本です。

 

いくつか印象に残った部分の紹介をしていきます。

仕事とプライベートを割り切らない。全力で楽しむ。

私はどうしても割り切ることができなかったので、全力で楽しめる仕事を見つける道を選びました。

僕は新卒で働いていた会社を半年で辞めました。

 

理由はいろいろあるけど、大きな理由が2つあります。

 

1つが旅をしたいという旅欲で、もう1つが休みの日を楽しみに生きていくのが嫌だったからです。

 

あんちゃさんの仕事とプライベートを割り切ることができなかったというのは、すごく共感したし、同じような考え方の人がいることに安心感を覚えました。

 

また、「全力で楽しめる仕事を見つける」というのは僕が怠っていたことなのでハッとさせられました。

自信のない自分を「それでもいいか」と受け入れてあげる。

自信なくたっていいじゃん、何やってもダメだっていいじゃん、いつも中途半端だっていいじゃん、だからダメなりにいろいろやってみようって。そういう自分の”弱さ”を受け入れられるようになると、逆に前進できるようになるんです。

何かを始めるときにそれが本当に自分にできるかを考えてしまって、結局何もやらないなんてことがあります。

 

これってやっぱりもったいないですよね。

 

ダメでもいいからやってみる。

ダメならそれが当たり前。

 

そう思っていろんなことをした結果が、あんちゃさんの場合ブログで生活をして本を出版したって考えると、この考え方は成功するためのヒントなんじゃないかなと思います。

 

とりあえずダメでもいいからやってみる。

ダメだったらそのときどうするか考える

 

そんくらいの軽い気持ちでいろいろチャレンジしていこうと思えました。

好きなことは待っていても見つからない。

やりたいことがわからない人は、やりたいと思えるまでいろんなことに手を出してみればいいんです。

先ほども書きましたが、ダメでもいいからいろんなことをする。

 

飽き性でもなんでもチャレンジし続けて継続し続けた結果が、やりたくなったり好きになったりする。

 

好きだからやり続けられるのではなくて、やり続けた結果好きになるっていう発想の転換です。

 

ダメでもいいから、期間を決めて何かに取り組んでみたら好きなことが見えてくるはずです。

巻末付録でクソマジメに自分と向き合う

本の内容もとてもよかったのですが、巻末付録がさらにいいです。

 

何がいいかというと、本を読んだそのままの気持ちで自分の人生について考えることができます。

 

もしかしたら人生で初めてクソマジメに自分のことを考えてみました。

 

自分のしたいことや理想の生き方、必要なものなど今の自分を見つめ直すいいきっかけでした。

 

この本を読んでそのまま間髪入れずに巻末付録を実践するのがおすすめです!

おわりに

この本はこれから就活や就職が迫っている人、働きながらこのままでいいのかなと悩んでいる人、何か新しいことを始めたけど行き詰まっている人におすすめです。

 

ときには力強く、ときには優しく的確なアドバイスを自身の体験を元に送ってくれます。

 

僕が本を通して感じたのは、あんちゃさんは誰よりも考えて行動していろんなことに挑戦した人なんだなということです。

 

気になる人はぜひ読んで、巻末付録で自分クソマジメに向き合ってください。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください