カメラのこと

一眼レフカメラで遊ぶならまず覚えたい「ホワイトバランス」の使い方。

こんにちは!

「ゆるゆる旅らいふ」きょーへい(@k_zuma_fmty)です。

 

今日はカメラについて書いていきます。

 

世界一周後に買った一眼レフカメラ。

 

今では一眼レフカメラは旅に欠かせない相棒です。

 

そんな一眼レフカメラの機能で一番好きなのがホワイトバランス(WB)

 

一眼レフカメラを買ったけどオートでしか写真を撮ってないって人も、このホワイトバランスをなんとなくわかれば写真を撮るのが面白くなります!

 

そんな、ホワイトバランスについて写真を使って解説していきます。

 

※ちなみに僕が使っているカメラはNIKONのD5300です。

関連記事:旅におすすめの一眼レフカメラ。初心者はNIKONのD5300を持って行けば間違いない!

 

そもそもホワイトバランスって…???

ホワイトバランスはめちゃくちゃ簡単に言うと、写真の色味を調整する機能です

 

もう少し詳しく説明すると、蛍光灯や電球、太陽の光はいろいろな種類があって、人間の目には無色透明ですが本来はそれぞれ違う色をしています。

 

デジタルカメラはそのいろいろな種類の異なる色を捉えることができてしまうため、光の種類によって撮った写真に色がついてしまうんです。

 

その色を調整するのがホワイトバランスです。

 

 

と言ってもわかりにくいので、写真を使って視覚で覚えていきましょう!

 

 

ホワイトバランスで写真がここまで変わる!

実際にホワイトバランスでどう写真が変わるのか。

 

▼まずはこれがオート。

家から見える夕焼けを撮った写真です。

 

綺麗な景色で僕の大好きな景色でもあります。

 

▼この写真が電球モード。

 

▼これが蛍光灯モード。

 

▼これが晴天モード。

 

▼これが曇天モード。

 

▼そしてこれが晴天日陰モード。

 

とりあえず、モードによって色味が違うのがわかりましたか?

 

ホワイトバランスを変えるだけで、ここまで表情の違った写真を撮ることができるんです。

 

ホワイトバランスの選び方

ホワイトバランスはカメラの設定画面で簡単に変更することができます。

赤い丸のところがホワイトバランスです。

 

 

ここの項目を開くとこんな感じ。

上の写真だと「晴天モード」です。

 

  • 晴天モードの左側にある「蛍光灯」と「電球」にすると写真が青っぽくなります。
  • 晴天モードの下にある「曇」と「家」のマークにすると写真が赤っぽくなります。

 

これさえ覚えておけば、自分の理想の色味や自分の目で見ている色の写真に近づけることができます。

 

僕はまず、晴天モードで写真を撮ってから、自分のイメージする色や実際の色に近づけて写真を撮影しています。

 

おわりに

ホワイトバランスは自分が撮りたい写真を撮るためには必要不可欠な要素です。

 

もし、自分の撮った写真に色味が足りないなと思ったら、ホワイトバランスを変えて写真を撮ってみてください!

 

 

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください