ミャンマー

【治安やビザ情報】ミャンマーに行くなら知っておきたい7つの基礎知識。

こんにちは!

彼女と2人でミャンマーに住む友達に会いに行っていたきょーへい(@k_zuma_fmty)です。

 

 

2017年10月後半から彼女と2人で東南アジアに3週間ほど行ってきました。

 

そのメインとして行った国がミャンマー

 

そして、2018年1月に友達の結婚式に参列するために行った国がミャンマー

 

そしてそして、2018年の10月からビザが免除になると言う嬉しいニュースが飛び込んできたミャンマー

 

 

ミャンマーってどんな国だかイメージ湧きますか?

 

治安とかお金のこととかビザとか…

 

はっきり行ってミャンマーって謎の国ですよね?

 

僕も行くまではどんな国だか想像もつかなかったです。

 

そんなミャンマーについて行く前に知っておくべきことを7つ紹介します。

 

治安のことやお金のことビザのことなどなど……

 

ミャンマーに旅行する友達によく聞かれることをまとめたので、ミャンマー旅行に行く人は必見です!

※目次で項目を確認できるので興味があるところを読んでくださいね!

 

①ミャンマーの場所と時差

「ミャンマーって名前は聞いたことあるけどどこにあるのかわからない。」

 

そんな人も多いと思います。

 

さすがにミャンマーに行こうとしている人は知ってると思いますが一応地図を載せときます。

上の地図の中心がミャンマー。

 

タイの隣にあるので、東南アジアを旅している人はタイの前後に行くことが多いです。

 

時差は-2:30。

 

なのでミャンマーに着いたら2時間30分時計を戻してください。

 

②日本からミャンマーに行くには

はい。もちろんボートでは行けません。

飛行機を使います。

 

世界一周でミャンマーに行く人はタイから飛行機や陸路で行くのが定番ですね。

 

もちろん日本から直接ミャンマーに行く飛行機もあります。

 

僕がミャンマーのヤンゴンへ行った飛行機がこれ。

 

羽田空港からマレーシアのクアラルンプールを経由してミャンマーの首都ヤンゴンへ行く飛行機です。

 

航空会社はエアアジアで¥21,000くらいでした。

 

クアラルンプールtuneホテル
出発から波瀾万丈?!日本からミャンマーまで32時間の旅。 こんにちは! 彼女と東南アジア2人旅中のきょーへい(@k_zuma_fmty)です。 旅のスタートでいきなりハプニングが起き...

 

この航空券が一番安いですが、マレーシアのクアラルンプール経由だと、トランジットが10時間以上あることがマイナスポイント。

 

ただ、クアラルンプールのトランジットは簡単に外に出て観光ができるので、まだマレーシアに行ったことのない人にはすごくオススメです。

関連記事:クアラルンプールで乗り継ぎなら観光しなきゃ損!トランジット満喫のモデルプラン紹介!

 

そんなに時間がないって言う人も直行便なら8時間でヤンゴンまで行くことができます。

 

直行便はANAで片道¥80,000前後。

 

8万円…….

 

8万円くらい余裕だぜ!!!って人はこれで8時間の快適な空の旅を楽しんでください。

 

 

③観光ビザ

ミャンマーに行くうえで欠かせないのがビザの取得。

 

ミャンマーに入国するためには観光ビザを取得しなければ入国することができません

(2018年10月から1年間ビザが必要なくなります!!!)

ということで、2018年10月1日から1年間は観光ビザの取得が必要なくなったので、この後のビザの取り方はスルーしてください!

 

ビザの取得のしかたは数種類ありますが、ここではオンラインでのビザ取得を紹介します。

 

めちゃくちゃ簡単なのでサクッとやっちゃいましょう。

 

まずはミャンマーのオンラインビザを取得するページにアクセスしましょう。

 

なんと、日本語のページができたので、日本語がわかれば誰でも簡単にビザの申請ができます!

▼ミャンマーのビザ申請ページ▼

ミャンマー eVISA 

 

あとは必要事項を入力してばいいだけ。

 

全ての入力が終わるとクレジットカードでの支払い画面になります。

 

ビザ取得にかかる費用は50ドル。

 

少し高いですが、こればっかりは仕方ない…

 

申請をしたらメールが届くので、添付資料をプリントして持っていけばミャンマーに入国できます。

 

ちなみに旅慣れしている方はアライバルで取ろうとしている人も多いと思いますが、観光ビザはアライバルでは取得できないのであらかじめ取得しておきましょう。

 

④両替

ミャンマーの通貨って知ってますか?

 

まあ知らないですよね。

 

ミャンマーの通貨はミャンマーチャット(K)

 

レートは100チャット=約8円(2018年1月現在)

 

ヤンゴンでペットボトルの水が200チャット(約16円)で買えました。

 

そして、ジョッキのビールが900チャット(約75円)で飲めてしまいます!!!

 

ミャンマーチャットを手に入れるためには両替かATMでキャッシングするのが定番です。

 

おすすめは両替です。

 

両替の場所を選べばとてもお得に、ミャンマーチャットを手に入れることができます。

 

その場所は空港です!

 

空港に到着したらまずは両替をしてください。

 

空港の両替所は何ヶ所かあるのですが全体的にレートがすごくいいです。

 

ヤンゴンに在住している僕の友達は空港が一番レートがいいと言ってました。

 

両替するときは100or50米ドルのピン札を持っていきましょう。

 

ミャンマーでは汚れていたりしわしわになっている米ドルのお札は両替してくれません。

 

また大きいお札の方がレートがいいです。

 

なので100ドル札か50ドル札を持って行って空港で両替すると、とてもいいレートで両替することができます。

 

また米ドルへの両替は、出発するときに日本の空港でするのではなく、事前にしておきましょう!

 

おすすめは、街なら大黒屋で、ネットならマネーバンクです。

 

なかなか両替に行く時間が作れない場合は、ネットで両替するのが楽で、空港で両替をするよりも手数料が安いのでマネーバンクがおすすめです!

▼お得にネットで両替するならこちらから▼

お得なレートで外貨両替するなら【外貨両替マネーバンク】

 

 

⑤治安

ミャンマーの治安はめちゃくちゃいいです。

 

その象徴として、ミャンマー人の男性はロンジーという腰巻きをして街を歩いています。

▲真ん中のおっちゃんが巻いてるのがロンジー。

 

このロンジーにはポケットがないので、携帯や財布をロンジーの腰のところに挟んで歩いている人が多いのです。

 

盗ろうと思えば簡単に盗れてしまうけど、盗る人がいないんですね。

 

海外ではズボンのポケットに財布などを入れとくと盗られるのが常識ですが、ミャンマーでは盗られないと思います。

(盗られたときは自己責任で…)

 

そんな治安のいいミャンマー。

 

夜遅くまで飲んでタクシーで宿に帰るなんてこともできるので、夜の街も楽しむことができますよ。

 

ちなみに、ミャンマーの首都ヤンゴンは夜のシュエダゴン・パゴダの観光がおすすめですよ!

ヤンゴンの定番観光はまずこの2つ!シュエダゴン・パゴダと涅槃像。 こんにちは! 彼女と東南アジア2人旅中のきょーへい(@k_zuma_fmty)です。 ヤンゴン市内にはたくさんの観光スポット...

 

⑥ネット環境

旅に出ると気になるのがWi-Fiがどれだけ充実しているか。

 

人によってはSIMを買ったりWi-Fiをレンタルしたり。

 

事前にミャンマーのWi-Fiを調べると、Wi-Fiがあってもあまり使えないみたいな情報が多い…

 

ですが、実際にミャンマーに行ってみた感想は、まあ普通です。

 

宿やカフェ、空港では日本と同じように使えるけど、その他の場所にはほとんどありません。

 

通信スピードはSNSのアップは少し遅いけど問題なくできます。

 

正直、日本もWi-Fi環境がそんなによくないので、感覚としては同じくらいに感じました。

 

 

⑦覚えておきたいミャンマー語

ミャンマーの言語はミャンマー語です。

 

ミャンマー語なんてなんにも知らねえ!

って人も心配いりません。

 

観光地のほとんどの場所で英語が通じます。

 

なんなら小2レベルの英語しかわからない僕より余裕で英語が堪能です。

 

ただ「せっかくだからミャンマー語も一つくらい覚えておきたい!」という人もいると思うので、これだけ覚えとけば間違いないって単語を紹介します。

 

「ちぇーずばー」

 

ありがとうって意味です。

 

これを言うとだいたい喜んでくれます。

 

日本に来た海外の人が日本語で「ありがとう」って言ってくれるとほっこりした気持ちになるあれです。

 

ちなみにフランクな言い方だと「ちぇーずー」だけでもいいらしいのでミャンマーに行ったらぜひ使ってみてください。

おわりに

以上がミャンマーに行く前に知っておきたい7つの基本情報です。

 

物価が安くて治安がよくて人の優しいミャンマー。

 

東南アジアではタイが有名で人気ですが、ミャンマーもビザが要らなくなると観光客が増えること間違いなしです!

 

ぜひ、東南アジアに行く人や、少しの休みで海外旅行を考えている人はミャンマーがおすすめです!

 

ヤンゴンの定番観光はまずこの2つ!シュエダゴン・パゴダと涅槃像。 こんにちは! 彼女と東南アジア2人旅中のきょーへい(@k_zuma_fmty)です。 ヤンゴン市内にはたくさんの観光スポット...
ヤンゴン穴場モヤモヤスポット通称「ワニ寺」
【ヤンゴン在住者おすすめ】友達に案内してもらった穴場観光スポット3選。ヤンゴン在住の友達に案内してもらった穴場観光地を紹介します!普通の観光もいいけど、せっかくならディープなヤンゴンも体験したいですよね???ツアー旅行や普通の個人旅行では行かないような場所なので、ミャンマーに行くなら要チェックです!...

 

 

「楽天プレミアムカード」を持って海外を旅したら、そこには快適・充実な旅が! こんにちは! 空港のラウンジが大好きなきょーへい(@k_zuma_fmty)です。 皆さんは旅をするときどんなクレジットカー...

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください