ピースボート

【船旅VSバックパッカー】ピースボートで世界一周がおすすめな5つの理由。

あや
あや
ピースボートの世界一周とバックパッカーってどっちがいいんだろう?

きょーへい
きょーへい
実際にピースボートとバックパッカーの両方を経験したから、ピースボートがおすすめの理由とあまりおすすめできない点をまとめたよ!

こんにちは!

仕事を辞めてピースボートで地球一周をしたきょーへい(@k_zuma_fmty)です。

 

街中によくポスターが貼っている地球一周の船旅ピースボート。

 

僕はピースボートの船旅と個人でバックパッカーとして中南米の旅を経験しました。

 

船旅には船旅のいいところがあって、バックパッカーにもバックパカーのいいところがあります。

 

今回は2種類の旅をして感じた、ピースボートで世界一周がおすすめな5つの理由を紹介します。

 

また、人によってはピースボートがおすすめできない人もいるので、その点についても一緒にまとめました。

 

ポスターの謎が知りたい方はこちらをどうぞ。

▶︎▶︎▶︎安く世界一周に行きたい人必見!ピースボートのポスター貼りの仕組み大公開!

【世界一周】ピースボートVSバックパッカー
ピースボートの世界一周がおすすめな5つの理由

さっそくピースボートの世界一周がおすすめな理由を書いていきます。

 

バックパッカーの旅とは少し違った形の世界一周がピースボートの魅力です。

 

なので、実際に乗って感じたピースボートならではの魅力を紹介します!

1,旅費が割引になるボランティアスタッフ制度

ピースボートの最大の特徴はポスター貼りなどのお手伝いをすると旅費が割引になることです。

 

ピースボートではこの活動をしている人たちをボランティアスタッフと呼んでいます。

 

学生はもちろん社会人の人もシニア層の方も、このボランティアスタッフとして活動しています。

 

僕もこの制度を利用してポスター貼りをして、最終的に92万円の割引で世界一周をしました。

 

僕の考えるこの制度のいいところは大きく3つ。

  1. 船賃の割引としてしか利用できないので、貯金が苦手な人でも貯まりやすい。
    (他の使い道がないってこと)
  2. 現金の支給ではない(給与にはならない)ので税金が発生しない。
  3. 給与ではないので学生は103万円の壁(扶養控除)を気にしないでいい。

 

もちろんポスター貼りは簡単で余裕で稼げるってわけではありません。

 

ただ、人によっては世界一周予算を貯める最高の手段だと僕は思っています。

【世界一周の船旅の謎大公開】ピースボートのポスター貼り経験者が仕組みをまとめてみた。街中に貼ってある「世界一周の船旅」のポスター。実際にこのポスターを貼ってピースボートに乗船した僕が、このポスターの謎について大公開します!ポスターがきになる方、ピースボートが気になるかた、安く世界一周がしたい方は必見です!...

2,知識がなくても大丈夫!準備が楽!

ピースボートはビザや移動手段などの知識がなくても世界一周できる非常に便利な船です。

 

言ってしまえばツアーで行く世界一周の船旅といった感じ。

 

バックパッカーをしていると調べなきゃいけないことが多いんですよね。

 

特にビザの取得が必要かどうかとか移動手段とか…

 

もちろん調べるのも旅の醍醐味の1つですが、この負担がないのは旅初心者にはおすすめ!

3,ショッピングし放題!

バックパッカーで旅をしているときにお土産を買えないのが心残りだったりするんですよね。

 

どんなにお気に入りの食器や小物を見つけても、バックパックに入らないし入っても移動の邪魔だし。

 

だからと言って日本に送るのも……

 

船旅ならその心配もありません。

 

船まで持って帰れれば、あとは日本まで船が運んでくれます。

 

日本到着後は港から家まで配送することもできます。

 

僕は最初の寄港地でギターを買いました。

 

バックパッカーのときならあり得ないです。笑

 

世界一周しながらショッピングができるのは船旅の最大の魅力です。

 

4,世の中で起こっていることを知るきっかけができる

ピースボートはNGO団体で、世界中でおこっている問題に対して様々な活動をしています。

 

カンボジアの地雷撤去の活動や、途上国への支援物資プロジェクトなど多岐にわたり活動しています。

 

船で世界一周しているときはもちろん、出発前の募金活動や支援物資の仕分けなど出発前から活動に参加できます。

 

参加するからこそ理解が深まるし、知らなかった事実を知ることができます。

 

また、「水先案内人」と呼ばれる各分野で活躍されている方々が船には乗船してくれます。

 

僕の乗った船にはガンジーのお孫さんや中東地域でジャーナリストとして活動している方などが乗ってくれました。

 

そういった方が船の中で無料で講演会をしてくれます。

 

日本にいても情報は得られます。

 

ただ、これから行く地域の問題を訪れる直前に知ることができるから関心を持って聞くことができます。

 

僕は船旅を通してユーゴスラビアについてやパレスチナ紛争に関心を持ちました。

 

せっかく世界一周するならキラキラしたことだけでなく、今の世界で問題になっていることも知りたくないですか?

5,船の中は出会いの宝庫

ピースボートは毎クルーズ1,000人近い人が乗っています。

 

スタッフの方はピースボートを「1つの村」と表現していました。

 

もちろんバックパッカーでもたくさんの素敵な出会いがあります。

 

ただ違う点は、ピースボートだと約100日間ほぼほぼ毎日顔を合わせること。

 

人見知りだろうが、毎日挨拶をしていれば仲良い人ができるんです。

 

また、普段なかなか喋ることができない人と仲良くなれるのもピースボートならでは。

 

先ほども少し書きましたが、水先案内人と呼ばれる著名なかたが船には乗ってくれています。

 

普通の生活をしていたら直接喋ったりお酒を飲んだり一緒に観光したりなんて考えられない人たちです。

 

そんな水先案内人とお酒を飲んだりという経験ができます。

▲プラントハンターの西畠清順さんと

 

また、一緒に観光することもできます。

 

こういう出会いはバックパッカーだとなかなかできないピースボートならではです!

おまけ:毎日海をのんびーり眺められる

僕の考える船旅の最大の魅力は「海」です。

 

毎日のように大きな海を眺めることができます。

 

しかも世界一周をしているので、いろんな海を眺めることができるんです。

 

波が高い日も穏やかな日も、色も違うし匂いも違います。

 

朝日も夕日も何にも邪魔されずに見ることができます。

 

僕は朝日を見るのにハマって途中から毎日のように朝日を見ていました。

船から見る朝日は気持ちよくて最高でした!

 

こんな1日のスタートを毎日遅れるのは船旅だけです!

▶︎▶︎▶︎地球一周の船旅【ピースボート】

【世界一周】ピースボートVSバックパッカー
ピースボートをおすすめしないのはこんな人

これまでピースボートの魅力について書いてきました。

 

ただ、いいことばかりではなく旅をしていると「この人はピースボートじゃないな」という人にも出会います。

  1. とにかく自由に行動したい
  2. のんびり暮らすように旅がしたい

こんな人はピースボートには向いていません。

 

単純にピースボートは航路も日程のあらかじめ決まっています。

 

そして、船旅の3分の2は船の中での生活です。

 

人によっては観光の時間が少ないと感じてしまうでしょう。

 

また、もっと滞在したいと思う街があっても下船以外に方法がありません。

 

それを承知で世界一周するのがピースボートの船旅なんです。

【世界一周】ピースボートVSバックパッカー
船内の時間もワクワクする人はピースボート!

ピースボートの船旅もバックパッカーもそれぞれメリットや魅力がたくさんあります。

 

その反対にイマイチな点もあります。

 

同じ世界一周でもピースボートとバックパッカーではまるっきり違います。

 

どちらも経験して感じたのは、どっちがいいという判断はできないということです。

 

ただ1つ言えるのは「船内での生活も楽しそうだな」と思える人はピースボートに乗ってみてほしいです。

 

ピースボートは船内見学会といって船の中を実際に見学できる説明会もやっています。

 

もし気になる方は、ぜひ説明会に行ってみてください!

 

その上でワクワクすれば船旅をしてみてください。

▶︎▶︎▶︎無料の説明会・資料請求はこちら

【体験談】ピースボートで世界一周をしてきたから素直な感想書いてみた【口コミ】ピースボートで世界一周。僕はバックパッカーも経験したので、どちらも経験したからこその素直な体験談を書いていきます。ピースボートが気になっている人は自分はピースボートが向いているのかどうか考えながら読んでみてください!...

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください