準備の話

オーストラリアワーホリの海外旅行保険を安くするおすすめの方法【クレカとグローブパートナー】

「海外旅行保険って結構高いな……」

「もう少し安くする方法はないかな?」

 

ワーホリの初期費用が安くなるなら安くしたいですよね?

 

費用を効果的に抑えるために見直すべきなのが「海外旅行保険」です。

 

ワーホリの場合は、ほとんどの方が1年間かそれ以上滞在するので、保険も高額になってしまうんですよね。

 

そんな海外旅行保険を安くする方法をご紹介します!

 

僕も実際にこの方法でオーストラリアワーホリの海外旅行保険を安くしました。

 

そして、しっかりと歯の治療時に保険金をいただきました。

 

ワーホリなど長期で海外に滞在する方は必見です!

「そもそも海外旅行保険の詳しい内容がわからない」

という方は、保険の内容も把握しておきましょう

▶︎▶︎▶︎損する前に知っておきたい海外旅行保険の内容と選び方をまとめました

ワーホリの海外旅行保険はクレカとグローブパートナーがおすすめ

さっそく、お得に海外旅行保険に加入する方法を紹介します。

 

ずばり「クレジットカード+グローブパートナー」です!

 

僕はこの2つを組み合わせて、5月から3月末までの保険費用が5万円ですみました。

きょーへい
きょーへい
クレジットカードの海外旅行保険は90日間のみなので、その後の保険をグローブパートナーに加入しています!

普通に海外旅行保険に日本から加入すると1年間で20万円前後はかかってしまいます。

(参照:i保険 海外旅行保険比較サイト

この金額で納得が行くなら問題なし。

 

ただ安くしたいならクレジットカード&グローブパートナー が最強です!

ワーホリの海外旅行保険を安くするなら、

「クレジットカード+グローブパトナー」

で普通に加入するより10万円以上安くなる!!!

クレカ+グローバルパートナーの欠点

保険料が安くなるクレジットカードとグローブパートナー の合わせ技ですが、もちろん欠点もあります。

  1. 携行品損害がない
  2. 保険金を振り込んでもらうときに手数料がかかる
  3. オーストラリアから申し込みが必要

それでは1つずつ見ていきましょう!

1.携行品損害がない

クレジットカード付帯の海外旅行保険を含め、モノを盗られたり壊れたときの携行品損害がついていることがほとんど。

 

ですが、グローブパートナーに携行品損害は付いていません。

 

携行品補償が使えれば、盗難はもちろんスマホの画面が割れてしまったときにも修理費用がもらえます。

関連記事:【スマホの画面割れも】エポスカードの海外旅行保険「携行品損害」の使い方・請求方法

必要ない場合が多いですが、カメラなどの電子機器を持ち歩く方にとっては携行品損害がないのは少し心もとなく感じてしまうでしょう。

2.保険金の振り込みに手数料がかかる

海外旅行保険にはキャッシュレス診断というサービスがあります。

 

ワーホリ滞在中に病院で治療を受けても、自分では支払いをせずに保険が適用される制度です。

 

とても便利なサービスですが、グローブパートナーにはありません。

 

もし治療を受けたときは、一度自分で支払ってから保険金の請求をする必要があります。

 

さらに振り込まれるときに手数料が3,000円ほどかかります。
(振り込んでもらう銀行によって異なります)

3.オーストラリアから申し込みが必要

申し込みをオーストラリアからするのもやや面倒。

 

ネットで申し込みをするだけなら面倒でもないですが、契約書を印刷し署名をしてからPDFファイルでメールを送る……。

 

書いているだけで面倒に感じてきました。

 

10万円以上安くなるのを考えると、これくらい安いもんと思えるのですが、それでもやっぱり手間ですよね。

 

出発前に手続きはすべて済ませておきたい方には、グローブパートナーは不向きです。

 

AIG損保ならワーホリ用の保険も用意されているので、ぜひチェックしてみてください。

\気になる方は無料の資料請求を/

ワーキングホリデー用の保険ならAIG損保

ワーホリの海外旅行保険におすすめのカードはこの2枚

きょーへい
きょーへい
海外旅行保険を安くするための、おすすめクレジットカードを2枚紹介します!

無料なのにゴールドカード並みの保険「エポスカード」

まずは、海外旅行で欠かせない「エポスカード」。

メリット

  • 入会費・年会費が完全無料
  • 海外旅行保険がゴールドカード並みに手厚い
  • 持っているだけで保険が適用される
  • キャッシュレス診断なので、現地での支払いが不要
デメリット

  • ポイント還元率が0.5%と悪い
  • エポスカードだけでは保険金額が足りないことも……

入会費・年会費が無料なのに、ゴールドカード並みの海外旅行保険が付帯しているのが最大の魅力。

 

さらに、海外旅行保険は自動で付いてくるので持っているだけでいいんです。

 

ただ、ポイント還元率が悪かったり、1枚だけじゃ大きな手術などを受けた場合足りないこともあります。

 

これは、この後クレジットカードの海外旅行保険と併合して手厚くすれば問題なし!

 

エポスカードは海外に行くならまず持っておくべきカードの1枚です!

きょーへい
きょーへい
エポスカードはサブ的な感じで「保険+メインカードが使えなくなったとき」のために僕は持っています!

関連記事:旅好きに評判のいいエポスカードはなぜおすすめなの?【海外旅行保険とお得な使い方をまとめました】

旅好きに評判のいいエポスカードはなぜおすすめなの?【海外旅行保険とお得な使い方をまとめました】 どうも、きょーへいです。 海外旅行のおすすめクレジットカードを調べると、だいたい出てくる「エポスカード」。 何がそん...

ポイントを貯めながら保険も付いてくる「楽天カード」

楽天カード」も入会費・年会費無料で海外旅行保険もついている代表的なクレジットカードです。

メリット

  • 入会費・年会費が無料
  • 学生やフリーターでも作るのが比較的簡単
  • 楽天ポイントが貯めやすい
  • キャッシュレス診断なので、現地での支払いが不要
デメリット

  • 利用付帯
  • 楽天カードだけでは保険金額が足りないことも……

楽天カードもエポス同様、完全無料で作ることができます。

 

注意したいのが、楽天カードの海外旅行保険は利用付帯なところ。

 

日本から現地に行くまでの交通機関で楽天カード決済をしないと、海外での保険が適用されません。

 

なので、航空券や空港までのバス・タクシー・電車で楽天カードでの支払いが必要です。

きょーへい
きょーへい
ちなみに僕は「楽天プレミアムカード」を使っています。

年会費はかかりますが、世界中の空港ラウンジが利用できるプライオリティパスが無料で発行できるので、旅が好きな人にはおすすめです!

関連記事:「楽天プレミアムカード」を持って海外を旅したら、そこには快適・充実な旅が!

楽天プレミアムカードを持って海外を旅したら、そこには快適・充実な旅が!僕の海外旅行を快適にしてくれた楽天プレミアムカード。プライオリティパスだけでなく海外旅行保険など特典が多く、年会費を払ってでも持ちたいカードです。そんな楽天プレミアムカードの魅力をまとめました!...

海外から加入できる海外旅行保険「グローブパートナー」

きょーへい
きょーへい
クレジットカードでの90日間の保険の後は、海外からでも加入できるグローブパートナー がおすすめです!

クレジットカードと組み合わせる海外旅行保険でおすすめなのが「グローブパートナー 」です。

メリット

  • 海外からでも加入できる
  • 安いのに歯科治療までカバーしている
  • 海外の会社だけど、日本語で対応してくれる

ワーホリだけでなく、世界一周をしてる人にもよく使われる保険です。

 

魅力は何と言っても、滞在先から加入できて安いこと。

クレジットカードの保険が無料で付帯されてるのを考えると、海外旅行保険って高いなと感じますよね?

 

ただ、日本から加入すると1年間で20万円ほどするのを考えると相当お得です。

 

さらに歯科治療がカバーされるのは本当にありがたい!

海外旅行保険で歯科治療がカバーされる保険は少なく、クレジットカードの保険はほぼほぼ歯科治療は適用外です。

僕は、オーストラリアワーホリ中に親知らずを抜いて、その治療費2万円を保険でカバーしました。

関連記事:オーストラリアのパースで親知らず抜いてきた【費用や日本語対応可能な歯医者紹介】

 

病気や怪我のための保険と考えれば、安いのに十分すぎるのがグローブパートナーです。

 

安くしっかりと保険に加入するならグローブパートナーの一択です!

グローブパートナー公式HPはこちら

オーストラリアワーホリは海外旅行保険も賢く節約!

クレジットカードとグローブパートナー の組み合わせ。

 

手厚い保険をお得に加入するならこの方法が1番です。

 

日本から加入すると20万円前後してしまう保険もこれで6万円前後で加入できます!

 

お得に賢く海外旅行保険に加入して、万が一のときに「お金が……」とならないように対策しましょう!

おすすめクレジットカード

年会費無料でゴールド並みの保険▶︎▶︎▶︎「エポスカード

ポイント貯めながら保険も利用▶︎▶︎▶︎楽天カード

僕らのオーストラリアワーホリ到着編【現地で最初にやることリスト】オーストラリアのワーホリは到着後もやるべきことがたくさんあります。僕らの実体験を元に、やるべきことを時系列でまとめました。...

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください