ワーホリ

西オーストラリアでワーホリ中に車のエンジンがかからないときの対処法【RACにお任せ】

あや
あや
オーストラリアでワーホリ中なんだけど急に車のエンジンがかからなくなっちゃった……

きょーへい
きょーへい
僕もファームの仕事に行こうとしたらエンジンかからなくなった経験があるから、その時の対処法を紹介するね!

こんにちは!きょーへい(@k_zuma_fmty)です。

 

先日、仕事に行こうと思ったら急に車のエンジンがかからなくなったんです。

 

車に詳しくないのにオーストラリアでトラブル発生……

 

結果から言うと、バッテリーが上がっていたのでRACに来てもらって、ジャンピングスタートをしてもらいました。

RAC…車のトラブルがあったときに対応してくれる日本でいうJAFのような会社。州によって変わってくるが、西オーストラリア州はRAC。

最初は焦ったけどプロに任せればすぐ治ります!

 

と言うことで、オーストラリアで車のエンジンがかからなかったときの対処法を実体験を元に書いていきます!

 

オーストラリアでエンジンがかからないときの対処法は?

きょーへい
きょーへい
まずはエンジンがなぜかからないのかを把握しましょう。

エンジンがかからないと言っても、理由は様々です。

 

場合によって処置はプロの力に頼らないといけないことも多いですが、原因は自分で見つけられることもあります。

自分でなんとかなる場合

  • サイドブレーキが下がっている
  • ギアがパーキング以外である

この2つなら自分でサイドブレーキやギアを戻せばいいだけです。

 

ただ、基本的にエンジンがかからない場合はプロに頼る事になると思います。

自分だけではどうにもならない場合

  • バッテリー関連の問題
  • バッテリー以外の部品の問題
  • ガス欠

 

これらの場合はロードサービス(西オーストラリア州だとRAC)に電話するのが先決です。

 

僕らの場合はヘッドライトを付けっ放しにしていたのが原因でバッテリーが上がっていました。

 

車種や製造年月日によって違いはあるかもしれませんが、僕らの車は「キュルルルるるっる」と一定な音が鳴り続けていました。

 

ヘッドライトの他にも半ドア、運転頻度が少ない、寒い、バッテリー液が不足しているバッテリーの寿命などバッテリーが上がる原因はさまざまです。

これらに心当たりがある場合は、バッテリーが原因である可能性が高いです。

 

西オーストラリアで車が動かなくなってから治るまで

きょーへい
きょーへい
僕らがエンジントラブルを起こしてから無事治るまでの流れを書いていきます。

  • 原因:ヘッドライトの消し忘れでバッテリーが上がった
  • 対処法:RAC(ロードサービス)を呼んでジャンピングスタート
  • かかった時間:2時間
  • かかった費用:無料

自分でなんとかならないならRACへ電話!

理由がわからない場合はとりあえずロードサービス(RAC)へ電話しましょう。

▶︎▶︎▶︎RACのHPはこちら

RAC
RAC
Hello.

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

電話はもちろん英語なので、何を言っているかわかりません。

 

最初はコンピューターが話していて、要件によって数字を選んでね的な事を言っていました。

 

もちろん内容はわからないので適当に「1」を押しました。

 

少し待つと対応してくれる人が出てきます。

 

それはそれは流暢な英語です。

 

RAC
RAC
Hello.

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

きょーへい
きょーへい
Hello.

My car is out of battery.

とりあえずバッテリーが上がってる事を伝えます。

 

「アウトオブバッテリー」がバッテリーが上がった的な意味らしいです。
(意味が違ってもこれで通じたんでなんとかなります!)

 

僕はRACに車購入時に登録していたので、この後は名前や生年月日、車のことの確認をしました。

聞かれたことは、

  • 名前
  • 生年月日
  • 車の色
  • ガソリンの種類
  • オートマ車かマニュアル車か

この後、僕は登録していた住所と今いる住所が違ったので新しい住所を伝えて待ちました。

電話が終わったら待つだけ

英語オンリーの電話が終わったら後はきてくれるのを待つだけ。

 

待ってる間にRACからメッセージが数件きました。

 

内容は「ハイウェイで待つときはハザード出して安全にしててね」みたいな内容なので無視してて大丈夫です。

 

きてくれるまでの時間はそのときの相手の忙しさや場所によって様々です。

あや
あや
実は住所の伝達が上手に行かなくて何度か電話のやりとりをして2時間弱待ちました……

正しい住所が伝達できてからは30分くらいできてくれました。

僕らはカナーボンという小さい街だったので、比較的素早い対応をしてくれました。

 

ただ、大きな街や郊外に住んでいる場合、ハイウェイなどを走っている途中などの場合はもう少し時間がかかるかもです。

RACが到着したらジャンピングでエンジンをかける

RACの人が到着したら、再度「アウトオブバッテリー」と伝えました。

 

ボンネットを開けたらRACの人がチェックしてくれます。

 

僕らの車はバッテリー上がりが原因なのでジャンピングスタートをしました。

この時にバッテリーの寿命だとバッテー交換をしてくれます。

コードを繋いでくれるので、その後は自分でエンジンをかけます。

 

僕のときは一発ではエンジンがかからず、2回目からエンジンキーを回しながらアクセルを踏むように言われました。

 

3回目で無事エンジンがかかりました。

RAC
RAC
20分はエンジンを切らずにこのままにしといてね

的な事をもちろん英語で言われました。

 

RACの会員なので無料で対応してくれました!

20分間くらいエンジンをかけっぱなしにしておく

無事エンジンがかかったのでRACの方の言う通り20分くらいそのままエンジンをかけっぱなしにしておきます。

 

人生で初めて、車の中でマグカップを使って紅茶を飲みました。

 

すぐに運転しても問題ないみたいです。

 

西オーストラリアで車のトラブルはRAC!

RACは西オーストラリア州のロードサービスです。

 

最安で月々$9.62で会員になれます。

 

西オーストラリア州は車検がないので、とんでもない車を購入してしまう可能性もあります。

 

なので、万が一のためにRACには加入しておくのをおすすめします。

もちろんRACの会員でなくても、トラブルがあったときにRACに対応してもらうことはできます。

ただ、会員の方がお得にサービスを受けることができます。

僕らは自動車保険には加入せずにRACだけ加入しています。

 

走行距離も年式も日本では売られないような車が当たり前に取引されているのがオーストラリアです。

 

特にロードトリップや離れた都市への移動がある方はロードサービスに加入するのをおすすめします。

▶︎▶︎▶︎ここからRACのプランや料金の確認ができます!

 

おわりに

値段や期間にもよりますが、安心安全のためにもしもの時のためにRAC入っていて正解でした。

 

何もトラブルがない方がいいに決まっていますが、僕らは貴重な経験したなって笑い話になっています。

 

それも、RACに加入していて無料だったからかもしれません。

 

ロードサービスは州によって会社が違いますが、西オーストラリア州の人はRACです!

 

とりあえず、車のトラブルで個人では対処できない状態ならRACに頼りましょう!

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください