オーストラリア

オーストラリア で中古車購入!車探しから購入までの流れと注意点【パース編(WA)】

こんな方に向けて書いています

  • 西オーストラリア州で車の購入の方法が知りたい。
  • 車の探し方や注意点が知りたい。
  • 車を買った後の手続きややるべきことが知りたい。

こんにちは!

西オーストラリアでワーホリをしているきょーへい(@k_zuma_fmty)です。

 

オーストラリアに到着した2週間ほどで車を購入しました。

その際にたくさんのブログを読んで自分なりに車を買った経験と集めた情報をここでまとめていきます。

オーストラリアは州によって車を買うときの手続きなどが異なるので、
今回は僕の滞在している西オーストラリア州での中古車購入について書いていきます。

 

オーストラリアの車探し編

あやき
あやき
中古車ってどうやって探したの???

中古車はネットで探す

まずは中古車を探すところからスタート。

 

ご存知かもしれませんがオーストラリアでは個人間で車の売買が可能です。

中古車ディーラーから買う方法もありますが、個人間よりも金額は高くなるので僕は利用しませんでした。

もし中古車屋さんに行くなら「サウスパース 」に中古車屋さんがいくつかあります。

中古車探しはネットでやるのが主流です。

 

僕の使ったサイトは3つ。

 

日豪プレスとパース通信は日本語のサイト。

 

Gumtreeは英語のサイトです。

 

売られてる車の数はGumtreeのが圧倒的に多いです。

中古車は何を基準に選ぶの?

あやき
あやき
ネットで見たらたくさんの車があったけど、どうやって選べばいいんだろう?

きょーへい
きょーへい
僕はネットで調べた結果、こんな基準で車を選んだよ!

  • 日本車
  • AT車(オートマ)
  • 2000年以降に作られている
  • 走行距離は250,000km以内
  • レジストレーションあり
  • 2,000ドル前後

オーストラリアでは日本では考えられない距離を走っている車が売られています。

 

基準として300,000km以上の車はいつボロが出てもおかしくないです。

 

また、日本車は長持ちするらしいし、安心感があるので日本車にしました。

レジストレーションは車のナンバープレートに紐づけられている必ず登録しなければいけない保険のようなものです。

詳しくは後ほど書いていきますね。

車を探してから購入までの流れ

あやき
あやき
いい車が見つかってからはどうやって購入するの???

ネットで自分の基準に会う車が見つかったら、売り手に連絡をして実際に車の状態を見たり試乗をさせてもらいます。

 

だいたいはネットに売り手の電話番号が載っているので、そこにテキストメッセージを送ります。

ここで実際に見学、試乗する日程を決めるのが購入のファーストステップです。

きょーへい
きょーへい
実際の見学や試乗の注意点から購入までの流れは次の章で書いていきますね!

 

オーストラリアの車購入編

試乗のときに見ておくべきこと

あやき
あやき
車を実際に見に行くときは何に注意すればいいんだろう?

実際に車を見に行ったときに初心者でも最低限確認したいことはこんな感じ。

  1. 外観に大きな外傷はないか(特にフロントガラスやマフラー)
  2. タイヤの擦り減り
  3. ランプが正常につくか(ウインカーも)
  4. エンジンオイルのチェック
  5. オイル漏れなどがないか
  6. タイミングベルトの交換時期
  7. エンジンをつけるときにスムーズについて変な音はしないか
  8. 窓の開け閉めはスムーズにできるか
  9. エアコンはちゃんとつくか
  10. アクセル・ブレーキは通常通り作動するか
  11. 走行中にハンドルを話してみて真っ直ぐ走るか

 

参考にしたブログ▶︎オーストラリアで素人が車を買うときに見るべき点検項目・注意点・ポイント

 

正直、細かいことはわからない!って人は最低限の確認と運転してみた感覚、あとは売り手の人の感覚で選ぶといいと思います。

きょーへい
きょーへい
僕らは最終的に壊れるかどうかは運次第だと思って、売り手の方を信頼して購入しました!

これで決めたというときにすること

実際にチェックして試乗もしてこれで決めたという場合。

 

売り手の方に購入の旨を伝えればOK!

 

僕の場合はお昼に試乗して帰宅してから夜に購入したいとテキストメールを送りました。

 

理由は100ドル値引きしてもらうためで、直接値引きを言うのが言いずらかったからです。

 

購入が決まったら「名義変更の用紙」を記入します。

買い手が記入するのは、名前・免許の番号・生年月日・住所・電話番号など簡単なもの。

 

あとは売り手の方が記入してくれます。

 

この用紙は2枚綴になっていて、ピンク色の方をもらってください。

 

この用紙は後日提出しにいきます。

きょーへい
きょーへい
この用紙は売り手の方が用意するものなので、買い手は特に準備するものはありません。

なので、免許証や住所のわかるものだけ持参しましょう。

支払いはどうやってするの?

肝心な支払いですが、僕らは銀行の送金で支払いをしました。

 

ワーホリの方は銀行の口座を開設していると思うので、ネットでサクッと支払いができます。

 

僕らは手元にお金がなかったので、

  1. クレジットカードで日本の口座から現金をキャッシング
  2. そのお金を銀行口座に入金
  3. 売り手の方の口座に送金

の順番で支払いをしました。

エポスカードなら初めてのキャッシングの際の銀行利用手数料が無料になるので、まだ持ってない人はおすすめです!

▶︎▶︎▶︎エポスカードはこちらから即日発行できます!

西オーストラリアの車購入後の手続き編

あやき
あやき
車を買ったはいいけど保険とかいろいろやらなきゃいけないこともあるよね???

名義変更用紙の提出

まずは名義の変更をしにいきましょう。

 

車購入のときもらう名前などを記入した用紙。

 

これを提出しにいきます。

 

場所は「Department of Transport」

パースだとイエローCATかブルーCAT(無料のバス)で近くまで行けます。

 

または「City West」駅から歩いてすぐです。

車を購入してから14日以内に行くことが義務付けられています

 

建物の近くに行くと青い看板があるので、その指示に従っていけば行くことができます。

必要なものは名義変更の用紙とパスポート。

 

免許証は必要なかったですが一応持って行っておきましょう。

きょーへい
きょーへい
入ってすぐのカウンターの人に「名義変更の紙を提出したい」って言ったら番号の書いている整理券をくれました。

その後1,2分待って手続きは5分ほどで完了しました!

保険・ロードサービスの加入(任意)

日本と同様、保険やロードサービスは任意での加入です。

 

ロードサービスはRACという会社が日本でいうJAFのようなもの。

 

保険はいろんな会社があるのですが、RACもやっているのでロードサービスと一緒に加入しちゃうのが1番楽です。

 

 

西オーストラリアで中古車を購入するときの注意点

レジストレーション

レジストレーションは簡単にいうと車両登録です。

 

このレジストレーションはお金を払って延長していきます。(義務)

 

なので、中古車購入の際はレジストレーションの期限を要チェックしましょう!

 

レジストレーションの延長は3ヶ月、6ヶ月、1年の単位ですることができます。

 

金額は車種によって違います。

 

僕の購入した車(トヨタのセダン)は、

3ヶ月…$207
6ヶ月…$399
1年…$770

です。

 

つまり、レジストレーションがの期限が長い車を購入する方がお得なんです!

ロードワーシー(RW)

日本でいう車検です。

 

オーストラリアでは基本的にRWが義務付けられているのですが、パースなどの西オーストラリア州では必要無いんです。

 

RWが必要ないので、車検に通らないようなオンボロの車も売りに出せてしまうので注意!

免許証

オーストラリアは州によって、3ヶ月以上の滞在者は国際免許証では運転できなところがあります。

 

ただ、西オーストラリア州ではワーホリビザや留学の方は国際免許証で運転することができます。

 

なので、免許の翻訳やオーストラリアの免許証は必要ありません。

交通ルールが厳しいので注意!

最後に交通ルールです。

 

オーストラリアはスピード違反やシートベルトについての取り締まりが日本に比べて厳しいようです。

 

罰金の金額も日本に比べてとても高いので注意してくださいね。

 

また、夜の運転はカンガルーなどの動物が飛び出してくるなど危険なので、出来るだけ避けるようにしましょう。

 

おわりに

オーストラリアは買った値段で売ることもできるのでたくさんの人が中古での売買をしています。

 

簡単に購入できるからこそ慎重に選びましょう。

 

ただ、最終的に車が故障するかどうかは運次第みたいなとこもあるので、信頼できると思える人から購入するのがおすすめです。

 

また、車探しは自分の基準をしっかり作ってから探すといい買い物ができますよ!

きょーへい
きょーへい
もし、実際に車探しをしていたりこれから車を購入しようとしていてわからないことがあれば気軽にコメントしてください!

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください