節約の話

オーストラリアワーホリの節約自炊ご飯の簡単なレシピを紹介します

あや
あや
オーストラリアのワーホリで実際にやっていた節約ご飯を紹介します!

ワーホリ生活の中で毎日のご飯に悩んでいる方も多いはず。

 

なんせ、オーストラリアは外食が高い!

 

できれば観光も楽しみたいし、貯金もしたいから節約をしないと…

 

でも切り詰めるのは大変だし、レシピを考えるのも大変……

 

そんな悩みを持つあなたのために、オーストリアワーホリで実践していた簡単なレシピをご紹介します!

 

自分で書くのもなんですが、それなりに上手に節約しながら自炊も楽しめました!

 

具体的な食材や調理の仕方もまとめたので、ぜひ最後まで読んでくださいね!

オーストラリアワーホリで大活躍な食材

節約するのに欠かせないのは食材を安く買うことですよね。

 

オーストラリアは物価が高いと言われていますが、食材によってはすごく安く手に入るものもあります。

 

私たちがよく買っていたのはこちら。

  • パスタ
  • ツナ缶
  • トマト缶
  • 瓶に入っているパスタソース
  • ミーゴレン(プライベートブランド)
  • 小麦粉
  • 冷凍ポテト
  • 玉ねぎ・ズッキーニ

上記のものはセールじゃなくても安いものがほとんど。

 

また、私たちはあまり使わなかったですが、鶏肉の砂肝、ハツ、手羽元は安く購入できます。

 

また週替わりのセールで安くなったときに野菜を買って、冷凍するのもおすすめ!

また、パース周辺なら「spudshed」というスーパーが、激安で野菜やフルートの購入ができます。

行くタイミングにもよりますが、キャベツやレタスが1玉1ドルだったり、ブロッコリーが2房で1ドルだったり。

 

僕らはここに定期的にいって野菜をたくさん買って冷凍していました。

 

また畑のある地域に行くと、それぞれのファームで野菜を販売していたりします。

ここも安く新鮮な野菜やフルーツが手に入るので、ぜひ散策して探してみてください!

オーストラリアワーホリの節約自炊ご飯簡単レシピ

 

ここからは実際によく作っていたレシピをざっくり紹介します。

節約飯の代表パスタ

王道ですね!

 

私たちはColseのものが好きで、500g70セントのスパゲッティを買っていました。

 

1袋で4食ぶん。

 

おすすめの味付けはトマト缶・バター醤油・瓶のパスタソース

 

瓶のトマトソースはトマト缶に比べると高いですが、温めてパスタにかけるだけなのにめちゃくちゃ美味しいです。

 

私たちおすすめのパスタソースは「Leggo’s」というメーカーのもので、セールだと2ドルで買うことができます。

少し贅沢したいときはイタリアのメーカーの「Barilla」が美味しいです。

日本に帰ってきてからも、このパスタを買うくらい好きになりました。

簡単レシピ(2人前)

トマト缶のツナパスタ

材料:パスタ半分(250gくらい)、トマト缶半分〜1缶、好きな野菜とツナ缶、塩、あればコンソメ

  1. パスタを茹でる
  2. その間にオリーブオイルで好きな野菜、ツナ缶を炒める
    (私たちは玉ねぎ、ズッキーニ、キャベツ、ブロッコリーあたりが常連でした)
  3. 野菜が炒まったらトマト缶・茹で汁を入れてふつふつさせる
  4. 塩とあればコンソメで味を整える
  5. 茹で上がったパスタと混ぜるorパスタをお皿に盛り付けて上からトマトソースをかける

※トマト缶は酸味が強いので、しっかり煮立たせると酸味が落ち着きます!
あと、豆乳を入れてクリーム系にしたり醤油・出汁を入れて和風にするのも美味しいですよ!

バター醤油のパスタ

材料:パスタ半分(250g)、好きな野菜とかツナとか肉、バター、醤油、塩

  1. パスタを茹でる
  2. その間にツナとか好きな野菜を炒める
    (ツナのオイルで炒めるのが楽です)
  3. 炒めたツナ・野菜を茹で汁と醤油で軽く味付け
  4. 茹で上がったパスタと野菜たちを混ぜながらバター投入
  5. 味見しながら醤油やバターを追加して盛り付け

※パスタは気持ち短めに茹でた方が美味しいです!

あや
あや
仕事が見つからなかったときはパスタソースが買えずにトマト缶ばっかりだったのもいい思い出!

きょーへい
きょーへい
パスタやパスタソースはメーカーごとに味が違うので、お気に入りを見つけるのも楽しいと思います!

そば飯

オーストラリアで有名な即席ラーメンといえばミーゴレン!

 

基本的に5袋入り、一般的な赤い袋のものは2.75ドルです。

あや
あや
私たちは5袋で1.5ドルのプライベートブランドのものを食べていました!

安いし美味しいですよ!

ちょっとした軽食にとてもぴったりな日本と比べると少し小ぶりに感じるサイズです。

 

なので、しっかり食べたいときはご飯+麺の組み合わせにしていました!

ソバメシの簡単レシピ

  1. 茹でたミーゴレンを水切りする
    (茹でるときに出来るだけ麺を細かくして茹でると楽です)
  2. フライパンでご飯と麺を混ぜ、付属のソースで味付けをする
    (少し塩も入れるのがおすすめ)
  3. 細かく切り刻み、お皿にもる。
あや
あや
炭水化物同士なのでお腹にしっかりたまります♪

きょーへい
きょーへい
炭水化物同士ってどうなの?って人も騙されたと思って1度やってみてください!

卵とじ(親子丼・炒めもの系)

親子丼は海外でも簡単に作れる日本食の代表です!

 

オーストラリアでも醤油や酒、みりんはスーパーで普通に買うことができます。

 

また、野菜が食べたいと思ったときは、野菜を炒めて最後に玉子で混ぜれば立派な1品になります。

 

野菜同士は基本的にあうので、安く買えたものを合わせて炒めていました。

 

卵は「どんな環境で育った鶏の卵か」で種類があって値段も変わります。

 

ゲージエッグ→ゲージフリー(狭い空間だがゲージではない)→フリーレンジ(広い敷地、寝るときは小屋へ)→オーガニックエッグ。

 

私たちは背景を考え、お財布と相談してフリーレンジを選んでいました。

卵とじの簡単レシピ(2人前)

親子丼

材料:鶏肉、玉ねぎ、卵、ご飯、水、出汁、醤油、みりん、酒、砂糖

※量は適当で、醤油・みりん・酒はだいたい同じ量。味を見ながら足せばいい感じになります。

  1. 玉ねぎを繊維にそってスライスし、鶏肉を一口大に切っておく
    (私たちは鶏胸肉を使っていました)
  2. 鍋(フライパン)に水・粉末だし・スライスした玉ねぎを入れて煮立たせる
  3. 醤油・みりん・酒を同量と砂糖を少し入れて、味見しながら水を足したり調味料を足したり
  4. 味が決まったらお肉を入れる
  5. お肉に火が通ったら、溶き卵を回し入れて蓋をする
  6. 卵がいい感じになったら、ご飯の上にのせて完成

※調味料はみりんか酒のどっちかでもなんとかなります。
鶏胸肉は火を入れすぎると硬くなるので、最後に入れると柔らかいお肉が食べられる気がします。

野菜の卵炒め

  1. 好きな野菜を切って炒める
  2. 卵は醤油を少し足してといておく
  3. 野菜が炒まったら卵を投入して炒める
  4. 塩胡椒で味をいい感じにして完成
あや
あや
冷めても美味しいので、多めに作って翌日のおかずにすることもありました。

きょーへい
きょーへい
卵は生・半熟でも食べられるそうですが、僕らは「買って3日以内なら半熟OK」というルールにしていました。

瓶のマリネソース

オーストラリアには瓶に入っているお肉のソースも充実しています。

 

「Honey,Soy&Garlic」は日本ではあまり見ない味ですが、これが美味しいんです。

 

1瓶3ドルしないくらいの値段で2人で使って4食分でした。

 

物によっては炒めたお肉と一緒に混ぜるだけだし、マリネソースは最初にこのソースにお肉を漬けてから炒めます。

 

調味料を揃えなくていいので楽だし簡単だし安いのに美味しいので、これは使わない手はない!

簡単レシピ

  1. お肉を切ってマリネソースに漬けておく
    (鶏胸肉がお気に入り!)
  2. 好みの野菜も切っておく
    (玉ねぎ、じゃがいもがおすすめです!)
  3. 野菜を炒めてしんなりしてきたらお肉も炒める
  4. 全体を混ぜて味が足りなければ、マリネソースを追加
  5. お肉に火が通って味がいい感じになれば完成

※「Honey,Soy&Garlic」は結構甘いので醤油を入れて味を整えてました。

あと、じゃがいもを使うなら炒める前にレンジでチンしておくと炒め時間が短縮できます。

あや
あや
瓶のソースはバターチキンカレーとかも美味しかったですよ!

きょーへい
きょーへい
とにかく簡単なので、いろんな種類を試してみてください!

ワーホリの外食はルールを決めて楽しむ!

節約はしたいけど、自炊が面倒なときもあるし外食も楽しまないともったいないですよね?

 

私たちはある程度のゆるいルールを決めて外食も楽しんでいました。

主な外食ルール

  • 土曜日はカフェに行ってOK!
  • 2週間に1度開催されるファーマーズマーケットは、3ドルのケーキを2つまで買える
  • 月末に1回カフェでゆるせんをしながら食事を楽しむ
    ※ゆるせん:ゆるい作戦会議。

自炊で節約をしながら、住んでいる街を楽しむ。

 

バランスが1番大切だと思います。

 

ときには少し高いお肉を買って贅沢するのもok!

あや
あや
節約も自炊も楽しまないと続かないので、ときにはご褒美で贅沢をしつつ、外食も楽しみつつですね

私たちは基本的になんでも美味しく感じる&連続で食べても苦にならないラッキーな舌の持ち主でした。

 

その中でも、1日に2種類以上野菜をとる、果物も定期的に食べるとゆるくルールを決め、意識して食べていました。

 

参考になるかわかりませんが、皆さんのワーホリ生活が健康で充実したものになりますように。

オーストラリアのスーパーで買える美味しい食べ物を紹介します【ワーホリ必見】オーストラリアに行ったら、食事も楽しみたいですよね? 外食もいいですが、旅行でもワーホリでもスーパーでの買い物が1番オーストラリア...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です