ピースボートについて

怪しい?宗教?ピースボートの評判を過去乗船者が徹底解説

ピースボートと調べると、本当か嘘かわからない怪しい噂がたくさん書かれています。

なかには「洗脳」「宗教」のような警戒してしまう言葉もあり、不安に思う人も多いのではないでしょうか?

僕も、ピースボートに乗船する前は、ネットで調べて乗るのをやめるか迷いました。

結論から言うと、ネット上にある怪しい評判は「間違っている情報や古い情報」が多いです。

とはいえ、嘘とはいえないなという評判もあるので、経験者がネット上の怪しい噂を1つずつ解説していきます。

きょーへい
きょーへい

ピースボートの噂が気になる人や乗ってみたいと思っている人は、ぜひ最後まで読んで参考にしてくださいね!

ピースボートの航路や船が気になる人は、公式の資料に詳しく紹介されているので、ぜひチェックしてみてくださいね!

\資料の請求は無料です/

≫資料請求はこちらから

そもそもピースボートはどんな団体?

ピースボートはNGO団体と言うことを知っていましたか?

NGOとは?

非政府組織と言われる民間の団体のこと。

日本赤十字社やユネスコなどもNGOで、会社のように利益を出すことを目的とせずに、社会問題や環境問題の解決を目指して活動しています。

ピースボートは核兵器の廃絶や地雷撤去などの社会問題への活動を行なっており、社会問題を解決する手段として船旅があります。

「世界を回りながら世界中で起こっている問題に目を向けて、他国のNGO団体とも交流をしながら社会問題を学ぶ」というのが、世界一周の船旅の軸になる目的です。

とはいえ、観光気分で乗っている人も多く、関心があれば学べるしとくに関心がなければ自分のしたいことを自由に楽しめるのがピースボートです。

きょーへい
きょーへい

僕は社会問題への関心はありつつも、ほとんどの時間は海を眺めてぼーっとしてたので、のんびりしたい人におすすめですよ!

ピースボートの怪しい評判7つを徹底解説

ここからは、インターネットでよく見る怪しい噂を7つピックアップして、実際に乗船したからこそわかる実態を紹介していきます。

1.ピースボートは宗教だ→×

ピースボートは宗教の一種だという噂をよく目にしますが、実際は宗教でもありません。

とはいえ、戦争反対・核兵器反対のように平和に関する主張がはっきりとしているので、宗教のように感じてしまう人もいるかもしれません。

ただ、考え方を強要されるわけではないですし、何かのイベントに参加しなければいけないこともなし。「考え方が偏っているな」と感じる場面はありましたが、それもひとつの意見だと受け流せばOK。

繰り返しになりますが、ピースボートは宗教ではありませんのでご安心を

2.ピースボートに乗ると洗脳される→×

宗教に近い噂として「洗脳」というワードも、ピースボートを調べるとよく出てきますが、洗脳されたり考え方を強要されることはありません

とはいえ、考え方に影響される人がいるのも事実。個人的には、反対意見や批判を受け入れず、ブロックするような体質があるように感じることもありました。

ただ、乗船している人の中には社会問題などにあまり関心がなく、影響をまったく受けない人も多くいます。

「こういう意見もあるんだな」くらいに思っていれば、とてもいい学びの機会だと思います。

3.危ない国や地域にも行く→△

危ない国や地域に行くことはほとんどありません。

「ほとんど」とつけている意味は、治安が悪い地域に行くことはあるからです。

とはいえ、紛争が起こっている地域や政治的に不安定な地域に行くことはありません

きょーへい
きょーへい

僕が乗ったクルーズではエジプトに行く予定でしたが、治安が不安定になったのでギリシャのサントリーニ島に変更になりました。

治安が悪い地域に関しては「ツアーを取らないと港から出られない」のようなルールを設け、危ない目に遭わないようできる範囲での工夫をしていました。

スリのような軽犯罪の被害にあう人はいましたが「大きなトラブルに巻き込まれた」というのは聞いたことはありません。

4.北朝鮮と関係がある→△

インターネットで調べていると北朝鮮との関係もよく書かれています。

結論から言うと、北朝鮮との関係はわからないですが、乗船していて北朝鮮との関係があるとは思えませんでした

過去に北朝鮮への渡航歴があるのは事実です。また北朝鮮は関係ないですが、政治家の辻元清美さんがピースボートの創設に関わっていることから、政治的な噂も多いです。

ただ、現在は関わりがないとのことなので、信じるかどうかの問題かなという感じです。

5.薬物を使う・運ぶ人がいる→×

当たり前ですが、薬物などの使用は禁止されています。

しかし、インターネットで調べてみると、過去にピースボートの乗船者が大麻を密輸しようとしたという事件が出てきます。

荷物検査は緩いので、密輸しようと思えばできてしまうなという印象は受けました。とはいえ、上記のようなニューズが出てくるのは、しっかりと取り締まっているからだと思いませんか?

ペルーなどではコカの葉を使ったお茶やアメがお土産用として販売されていますが、船に持ち込むのは禁止されています。

6.スタッフの対応が悪い→△

スタッフ対応のクレームや悪い評判もインターネット上には見られますが、これに関しては受け止め方次第かなと、、。

正直に言うと、スタッフの対応や説明が不十分だと感じてしまうこともありました。一部にはノリが軽い(すごく親しみやすい)スタッフもいるので、合う合わないはあると思います。

また、船内には日本語が話せない人も大勢います。

  • 英会話の先生
  • 掃除をしてくれるクルー
  • レストランにいるクルー など

基本的には、乗客に楽しんでもらおうとしている人たちばかりです。

接客をしてもらうという姿勢でいるよりも、一緒に楽しもうとした方が充実した船旅になると思います

7.ピースボートの恋愛できる→◎

乱行がおこなわれているという噂もありますが、僕の知る限りでは聞いたことはありません。(ピンクボートなんて言われ方もしていますが、、笑)

とはいえ、たくさんの男女が約100日間を共に過ごすので、恋愛やワンナイト的なことはあります

僕自身、ピースボートで同じ船に乗っていて人と結婚しました。

恋愛が目的の人は少数派(そもそもいない?)ですが、恋愛を楽しむ人は多いように感じます。

恋人と一緒に乗ったり、途中で日本にいる恋人と別れたり、帰国してから日本で待っていた恋人と結婚したり。本当にいろんな人が乗っているのがピースボートです。

+α.ピースボートはなくなる→×

新型コロナウイルスの影響で多くの旅行会社やホテル・旅館が倒産しています。

ピースボートも予定していたクルーズが出航できず、厳しい状況を迎えているのは確かです。

しかし、ピースボートがなくなることはないと思います。なぜなら、スタッフが一生懸命クルーズの出航を目指して活動しており、乗船したいという人も数えきれないいるからです。

ピースボートが出航できない原因は、日本が外国籍の船の乗り入れを許可していないから何だとか。ピーズボートの船は外国籍なので、日本で乗り降りができないんです。

海外の多くの国はクルーズの乗り入れを許可しているので、あとは日本が外国籍の船の乗り入れを許可すれば、ピースボートは出航できる状態です。(乗客もたくさん集まっているらしいですよ)

はやければ、2022年の年末、2023年の春に出航できるかもとのことでした。

気になる方はぜひ公式HPや無料でもらえるパンフレットで確認してみてくださいね!

>>>ピースボートの公式サイトはこちらから

ピースボートについてよく聞かれる10個の質問

きょーへい
きょーへい

ここからは僕がよく聞かれる10この質問をまとめました!

  1. 世界一周の費用は?
  2. ポスターを貼って割引されるって本当?
  3. ピースボートの客層は?
  4. 船の中は暇?
  5. 観光はどれくらいできる?
  6. 部屋の中はどんな感じ?
  7. 船は揺れるの?船酔いは?
  8. 洗濯はどうしてるの?
  9. 船の中の食事は?
  10. ピースボートのデメリットは?

1.ピーズボートの世界一周の費用は?

いくらで世界一周ができるのかは気になりますよね?

部屋の種類や観光で何をするのかによってバラバラですが、安ければ120万円ほどで乗れるのではないでしょうか?

僕は、99万円の部屋で乗船し、船内や観光で40万円くらい使いました。

詳しくは別の記事で詳しくまとめているので、費用がきになる人はぜひチェックしてみてくださいね!

 >>>無料で世界一周のカラクリ。ピースボートの費用と料金を大公開

2.ポスターを貼って割引されるって本当?

ポスターを貼ると無料で乗れるというのを聞いたことはありませんか?

無料で乗れるというのは厳密にいうと間違いなのですが、かなり安く乗船できるのは確かな情報です。

きょーへい
きょーへい

僕はポスターを貼って92万円割引で乗船しました!

ポスターを貼ると、基本料金が割引になります。

また、割引になる活動はポスター貼りだけではありません。

割引制度についての詳細もまとめているので、気になる人は要チェックです!

>>>ポスター貼って世界一周。経験者がピースボートの割引制度を徹底解説!

3.ピースボートの客層は?

一度に多くて1,000人前後のお客さんが乗っているピースボートの船旅。

客の年齢層は8割ほどがご年配の方で、若者は多くて200人くらい、少ないと100人をきることもあるようです。

さらに、客だけでなく仕事をするクルーも大勢乗っています。

クルーは海外の人が多く、部屋の掃除をしてくれるクルーやレストランで働くクルーはほぼほぼ海外の人。

とても気さくな人が多く、日本語を教えたり英語で会話したり、船のなかで海外の人と交流できるのはピースボートの醍醐味です!

4.船のなかでは何をしてるの?

ピースボートの世界一周期間は100日前後なのですが、そのうち2/3は船内での生活になります。

ピースボートの魅力の1つが船内生活といってもいいほど、船の中ではいろんなことができます

語学学習をしたり、読書をしたり、のんびり海を眺めたり、ジャグジーでのんびりしたり、ジムで運動したり、友達とだらだら喋ったり…。

挙げていったらキリがないですね。

また、ピースボートはいろんな企画や講演会・勉強会があります。

主な企画

  • 船内運動会
  • 夏祭り
  • 船内ミュージカル(クルーズによってあったりなかったり)

イベントや講演会などは毎日配られる船内新聞で何時からどこで開催されるかを見ることができます。

夕方に翌日のスケジュールが乗った新聞が各部屋に配られます。

この新聞を見て「明日は何しよーかな」って考えたり、友達と「これ一緒に行こー」みたいな感じで計画していきます。

いろんなジャンルの人が講演会をしてくれます!

また、自主企画といって自分で企画をすることもできます。

大きなイベントだと音楽フェスをしていたり、「〇〇好き集まれ」みたいな感じで共通の話題で喋るって写真を撮るみたいなゆるーい企画もありました。

きょーへい
きょーへい

僕は基本的にのんびり興味のある企画に参加したり、海を眺めたり、友達とご飯を食べてたら1日が終わっていました。

部屋でずっと映画を見てる人がいたり、毎日忙しそうにしてる人がいたり本当に自由な船の中です!

5.観光はどれくらいできるの?

世界一周をするのだから、しっかりと観光したいという人も多いのではないでしょうか?

ピースボートでは、1つの寄港地で1〜4日間停泊します。

1日だけ観光して、その日のうちに船に戻るのが基本。

正直にいうと、短いなと思う場所もたくさんありました

ですが、1日しか観光できないからこそ、1つ1つの場所の思い出がとても濃く残るのがピースボートのいいところだなと感じています。

また、船が港から出航していくときの、少しずつ離れていく光景は船旅でしか味わえない旅の楽しみ方。

観光する時間はやや短いですが、それでも満足できるのがピースボートの不思議なところです。

6.部屋の中はどんな感じ?

部屋は基本的に4人部屋です。

もちろん、1人部屋や2人部屋もありますが、まあ値段が高いです。

例えば2021年のクルーズだと料金はこんな感じ。

僕が乗っているクルーズの若い人はほぼほぼ4人部屋でした。

4人部屋は2段ベッドが2つあって、後は1人ずつの収納スペースとシャワー・トイレが付いています。

僕が乗ったときはこんな感じでしたが、今は各ベッドにカーテンが付いているみたいです。

僕は寝るとき以外はほぼ外にいて部屋にいる時間が短かったので、快適に過ごすことができました。

また、ピースボートの船は新しくなったので、僕乗っていたときよりもキレイになっているようです。

ピースボートでは船内見学会も開催されています。

見学だけでもワクワクするので、まずは資料を請求するのがおすすめですよ!

>>>船内を見学したいなら、まずは無料の資料請求を!

7.船は揺れるの?船酔いは?

ピースボートは大きな船なので、小型船やボートに比べて揺れは小さいです。

しかし、日本の周辺やヨーロッパを出てすぐの大西洋は揺れました

どれくらい揺れたかというと、部屋にあるブラウン管のテレビが落ちるくらい。

きょーへい
きょーへい

朝起きてテレビが落ちているのを見たときに夢かと思いました。

僕が乗っていたクルーズは台風が日本接近していたのもあって、日本を出航して3日間くらいは船酔いで苦しんでいる人が何人かいました。

酔い止めの薬はもらえるので、自由に飲むことができます。

最初の揺れる場所を超えたら船なのも気づかないくらい静かーに船が進んでいきますよ。

8.洗濯はどうしてるの?

100日の船内生活で必要になる衣類の洗濯は、大きく2種類の方法があります。

  1. 手洗い
  2. クリーニング

僕は基本的に手洗いで、部屋の洗面所とおけを使って洗濯して部屋の中に干していました。

手洗いが面倒な人は有料ですがクリーニングもあります。

1回300円で乾燥までしてくれます。

僕はパーカーとかの分厚いものを洗濯したいときに数回利用しました。

3日に1回クリーニングに出しても1万円くらいなので、毎回クリーニングでもいいかなという感じはします。

9.船の中の食事は?

船内の食事は朝昼晩の3食と午後3時にクッキーなどが食べられるティータイムがあります。

さらに、朝は2ヶ所・昼は3ヶ所・夜は2ヶ所で食べられるので、1日にティータイムを合わせて8回の食事が無料で楽しめます。

朝食

  • 和食のバイキング
    →納豆が数日に1回出るので、それを狙って行ってました。
  • 洋食のバイキング
    →海を眺めながら食べることができます!

昼食

  • 和食のバイキング
    →ここがメインで、まずはここに行ってました
  • 麺類
    →ラーメンが出ると行列ができます。
  • バーガー類
    →サクッと食べられるし、自分で材料をとるバイキングスタイルなのでハンバーグだけとかもできます。

夕食

  • コース料理
    →たまに豪華な料理の時があります。
  • 丼もの
    →6:00スタートなので、まずはここで食べるのが定番でした。
▲とある日のピースボートの昼食バイキング

毎回とても美味しくて大満足!

個人的に、バイキングで野菜をたくさん食べられるのが嬉しかったです!

きょーへい
きょーへい
僕は太りにくい体質なのですが、ピースボートで8キロ太りました

あとは、各寄港地でお菓子を買ったりカップラーメンを買って楽しんでいましたよ!

10.ピースボートのデメリットは?

ピースボートは魅力的ですが、デメリットも気になりませんか?

僕が感じたデメリットは主に4つ

  1. 観光の時間が少ない
  2. 安い部屋は4人部屋
  3. スタッフの対応がよくないことも
  4. 楽すぎて旅としてつまらないかも
  5. 出会える人が限られる

ただ、デメリット以上の魅力があるのがピースボートです。

僕は、バックパッカーも経験したうえで、もう1回長期で海外に行くならピースボートがいいなと思っています。

メリットやデメリットについても別の記事で詳しく書いているので、読んでいただけたらうれしいです。

>>>ピースボートの世界一周体験談。メリット・デメリットまとめ

ピースボートで世界一周するには何をすればいい?

あやき
あやき

ピースボート面白そうだけど、もっと詳しく話が聞きたいな、、。

そんな方は、まず無料でもらえるパンフレットを送ってもらうか、説明会に行ってみてほしいです。

パンフレットには各クルーズの詳細が載っています。

説明会ではスタッフさんの説明はもちろん、実際にピースボートで世界一周をした経験者の人から話を聞くこともできます。

僕も、何度か説明会に来ている方々の前でお話をさせてもらいました。

資料請求や説明会は無料なので、興味を持ったら気軽に問い合わせてみてください

きょーへい
きょーへい

僕はまず資料請求をしてから説明会に行ってみました!

パンフレットは見ているだけでワクワクするのでおすすめですよ!

世界一周をするかどうかは後でしっかり考えるとして、まずは雰囲気だけでも味わってみてはいかがでしょうか?

\まずは無料の資料請求を/

ピースボートの資料をもらう

▼ピースボートの体験談はこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です