インレー

インレーにある秘境「カックー遺跡」の行きかたとツアー観光の様子。

 

こんにちは!

彼女と2人で東南アジアを旅しているきょーへいです(@k_zuma_fmty)です。

 

インレー湖のある街ニャウンシェ2日目。

 

この日はミャンマー在住の友達に「インレー湖に行くなら絶対行った方がいい」とオススメされた秘境に行ってきました。

 

名前はカックー遺跡。

 

2000年に観光客への公開がされた比較的新しい場所。

 

さらに個人ではいくことができず、タクシーを手配してツアーで行くしか方法がないのです。

 

まさに秘境。

 

ミャンマーで訪れた場所でも1,2位を争うステキな場所なので、インレーに行ったらボートツアーと合わせて必ず訪れてほしい場所です。

 

今回はそんなカックー遺跡の行きかたとツアー観光のようすをまとめました。

 

カックー遺跡とは

カックー遺跡はインレー湖があるシャン州の州都タウンジーから南に約50km離れた、パオ族の住む場所にある遺跡です。

この遺跡は2000以上の仏塔が密集している独特な雰囲気の遺跡で、外国人に見学ができるようになったのが2000年からと比較的新しい観光地です。

 

インレー湖観光の拠点となる街ニャウンシェからは車で2時間くらいで行くことができるので、インレー湖のボートツアーとともに人気スポットとなっています。

 

カックー遺跡の行き方

カックー遺跡にはタクシーをチャーターして行きます。

(2017年10月現在では、タクシーのチャーターでしか行くことはできないです。)

 

カックー遺跡もインレー湖のボートツアー同様、宿や街中のツアー会社で申し込めます。

 

僕らはボートツアー同様、泊まっていた「GYPSY INN」でお願いしました。

関連記事:ヤンゴンからインレーへのバス移動とインレーおすすめの宿「GYPSY INN」。

 

タクシーのチャーターは45,000チャット(約3,700円。

 

また、これとは別に遺跡の入り口で入場料3ドルか3ユーロか5,000チャット必要です。

だいたい3ドル=4,000チャットなのでドルを持って行ったほうが少しだけお得です。

 

僕らは2人で旅をしていたのでよかったですが、1人だと少し高いので一緒に行く仲間を探したほうがいいかもしれません。

 

出発時間は自分たちで決められます。

 

僕らは朝の9:00に出発しました。

 

ニャウンシェを出発して遺跡につくのにだいたい2時間前後かかります。

 

インレー湖と同じように昼間は暑くなるし、遺跡は裸足での観光になるので朝8:00〜9:00に出発するのがおすすめです。

 

 

カックー遺跡のツアーの様子

では早速カックー遺跡に行ってきた様子を写真たっぷりで紹介します。

 

まずはカックー遺跡の入り口。

この門を入って右手に人がいるのでそこで料金を支払います。

 

左手には下駄箱があるので靴、サンダルを脱いで中に入ります。

 

入るとすぐまっすぐ伸びた1本の道があって、その道を挟むように無数の仏塔が並んでます。

まっすぐ進んで行くと仏塔だけではなくて石盤のようなものがあったり。

これを見てワンピースのポーネグリフっぽいってテンションあがりました。

二人とも解読してる風。

 

奥にはお祈りする場所もありました。

一つ一つデザインの違う仏塔。

1つ1つの仏塔のデザインは、作った家柄や時代によって変わっているみたいです。

 

工事しているものもありました。

すごく静かな空間に仏塔が無数に並んでいて独特な雰囲気。

 

とても静かな遺跡内に、風が吹くたび仏塔の鈴が音を奏でていて、とても落ち着く空間です。

 

最後はお父さん(タクシーの運転手さん)と記念撮影。

僕らとお父さんで遺跡をほぼ隠したのもいい思い出。

 

番外編:帰りによった気球祭。

カックー遺跡の観光が終わってタクシーに乗り込むと広場に連れて行ってくれました。

お祭りみたいな賑やかさ。

 

何が始まるのか何もわからないまま待つこと15分くらい。

何か始まりました。

 

お父さんが言うにはこれに火をつけて飛ばすらしい。

でっかい像。

 

これが飛ぶのかなって思いながら見てると…

飛んだ!!!

 

会場も大盛り上がり!

 

テンションあがってたらお父さんがウズラの卵を買ってきてくれました。

▲ウズラを食べる僕とお父さん▲

 

すごく美味しいんだけど殻を剥くのに必死で真顔の二人。

 

続々と気球があがっていきます。

しっかり飛んで行く気球や途中で燃え尽きちゃう気球などなど会場に来た人たちは一喜一憂。

 

それを横目に友達とお喋りしてるお父さん。

 

さらにそれを横目に飽きる僕たち。

 

ということで途中で帰りました。

 

お父さん連れてきてくれてありがとう!

 

おわりに

カックー遺跡とおまけの気球祭り。

 

人によってはワイナリーにも連れて行ってくれている人もいました。

 

カックー遺跡はインレー湖のボートツアーに比べると知らない人も多い場所です。

 

だからこそ、人もそんなに多くないのでゆっくり観光できるスポットです。

 

 

世界中でさまざまな遺跡に行きましたが、どことも違う独特な空気の流れている面白い場所でした。

 

 

タクシーをチャーターしなければいけないし、時間もかかりますがインレーに行ったら必ず訪れたい場所です。

 

時間が余ったらインレー自転車観光と毎日通ったおすすめご飯屋さん。  こんにちは! 彼女と東南アジア2人旅中のきょーへい(@k_zuma_fmty)です。 インレー湖のある街ニャウンシェ最終日...

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください