キト

エクアドルで赤道の上に立ってみた。キトから赤道までの行きかたと赤道の楽しみかた紹介。

こんにちは!

中南米でバックパッカーデビューのきょーへい(@k_zuma_fmty)です。

 

 

いきなりですが、「エクアドル」ってどういう意味だか知っていますか?

 

スペイン語なので知らない人が多いと思います。

 

答えを言ってしまうと、「赤道」という意味です。

 

赤道が通っている国は世界に14ヶ国あって、そのうちの一つがエクアドルです。

 

僕が南米に入るのをエクアドルにしたのは、赤道の上に立ってみたかったから。

 

ということで、キトからバスに乗って赤道の上に立ってきました。

 

 

こんなことが書いてます

  • キトから赤道への行きかた
  • 赤道記念碑について
  • 赤道の楽しみかた
  • タマゴマスターのなりかた

 

キトから赤道の上への行きかた

赤道の上には記念碑があります。

 

名前は「Mitad del Mundo」

 

場所はここ。

キトからこの赤道記念碑まではバスに乗って行くことができます。

 

宿のスタッフに行き方を教えてもらいました。

「ofelia」という駅に赤道へ行くバスがあって、そこまで僕の泊まっていた宿から1度路線バスを乗り換えて行きます。

 

ちなみに泊まっていた宿は「Hotel Juana de Arco」というところです。

関連記事:キトの空港から市内へ最安2,25ドルで行く方法と泊まった宿紹介。

 

迷いに迷っていろんな人に聞いて辿り着いたoferia駅。

ofeliaに着くとバスターミナルのような感じでした。

 

バス停が並んでいるので、奥の方にある上の写真のを探したり人に聞いたりで赤道行きのバスを発見。

 

ちなみに、ofeliaまではどこから行っても25セントで、そこから赤道までのバスは15セントでした。

 

 

ここからバスに乗って30分ほどで到着します。

 

赤道のところが終点ではないので、事前に運転手か乗客に赤道に行きたいって伝えとくと到着するときに教えてくれるので乗り過ごさないで済みます。

 

 

赤道記念碑は赤道の上じゃない?!

バスを降りると目の前に赤道記念碑が建てられている公園のような場所があります。

 

入場料は3.5ドル。

 

チケットを買って中に入るとすぐ赤道記念碑がどっしりと建っています。

正面まで行くとしっかりと線がひいてあって、そこが赤道の真上みたいです。

記念碑の真向かいには赤道の上に建てられた教会もありました。

ついにきた赤道の上。

 

ただここで一つ問題が…

 

なんとここは正確には赤道の上ではないのです。

 

こんなにしっかり線を引いて、こんなにどっしりとした記念碑を建てたのに赤道の上ではない…

 

ここはGPSがないときにつくられた場所で、GPSができて調べてみたら少しずれていたんだとか。

 

本物の赤道はここから歩いて3分くらいのところ。

 

偽物とはわかっていながら、立派な記念碑があるしせっかくなので写真は撮ってきました。

 

赤道(偽物)の上で直立したり。

赤道(偽物)の上で座ってみたり。

赤道(偽物)の上で寝そべってみたり。

この赤道記念碑はなぜか正面は人がたくさんいて写真を撮っているのに、裏側に行くと人が全然いないです。

 

なので自撮りをするなら裏側がおすすめ。

 

ちなみに写真はすべて一眼レフをカバンの上に置いて自撮りしています。

関連記事:旅におすすめの一眼レフカメラ。初心者はNIKONのD5300を持って行けば間違いない!

 

偽物だけど写真を撮るならこの赤道記念碑が本物よりも絵になるので、偽物でたくさん写真を撮ってください。

 

 

本物の赤道の上で赤道を感じる

本物の赤道は赤道記念碑のある公園から歩いて3分くらいで行くことができます。

 

まずはこの公園を出て正面にある大通りを左に歩いて行きます。

 

そうすると看板があります。

この怪しめな看板を左に曲がって歩いていると本物の赤道「Intinan Solar Museum」があります。

ここはガイド付きで4ドル。

 

赤道だけではなくて、この地の先住民族について学べる博物館のような場所です。

 

最初に先住民族について説明してくれます。

説明はしてくれるんだけど、日本語でのガイドはなく英語かスペイン語。

 

どっちも全然わからないから記念にスペイン語のガイドさんに案内してもらいました。

 

もちろん説明の内容はわからなかったですが、予想通りなので全然ok。

そしてついに本物の赤道の上。

ここではガイドさんがいるので写真を撮ってくれます。

ここではガイドさんが赤道を感じることのできる説明やアクティビティをしてくれます。

 

日時計。

何か思ってたよりしっかり日時計について語っていましたがもちろん何を言っているのかはわかりません。

 

しかしその熱量は伝わってきたので満足。

 

そして地球儀。

いままで地球儀は何回も見てきているけど、赤道を中心にして回してみるといつもと違う見方ができて面白い!

 

次はこれ。

北半球と南半球で水が落ちていくときの回転が右回りになったり左回りになってりってやつ。

 

本当に北と南で違うから驚き。

 

つぎがこれ。

赤道の上では釘のうえに卵が立つってやつ。

 

見事、釘の上に卵を立たせることができると「タマゴマスター」の称号が手に入ります。

 

せっかくなのでカメラをガイドさんに託してチャレンジしました。

クソマジメに挑戦してますが、釘も卵も写真には写っていません。

 

クソマジメにやった結果釘の上に卵を立たせることに成功しました!

もちろん釘は写っていません。

 

これで履歴書の資格の欄に書く項目が増えました。

 

皆チャレンジしましたが、これがけっこう難しくて集中力が必要です。

この他にも赤道の上で目を閉じて真っすぐ歩けるのかとかいろんなことを試して赤道を感じることのできる場所です。

 

もちろんガイドさんの案内が終わったら、自由に見て回ることもできます。

 

おわりに

普段はまったく意識しないけど、実際に赤道の上に行くと、地球には赤道があって北半球と南半球に別れていて、地球は丸くて面白いなと感じました。

 

そんなことを感じることのできる場所は南米ではエクアドルだけ。

 

エクアドルってあまり馴染みのない国ですがめちゃくちゃ面白い国です。

 

あと偽物のほうは偽物とはいえ、GPSのない時代にこの誤差はすごいことだなと思います。

 

偽物と本物の両方いくことのできるエクアドル。

 

南米に行ったらぜひ本物と偽物の赤道を感じてみてください。

 

キトの市内観光はここ!いまだ未完成?!のバシリカ教会。こんにちは! 中南米でバックパッカーデビューのきょーへい(@k_zuma_fmty)です。 エクアドルの首都キト。 キ...

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください