アタカマ

【1泊2日でウユニ→アタカマへ】世界一の星が見えるアタカマツアー会社紹介。

こんにちは!

中南米でバックパッカーデビューのきょーへい(@k_zuma_fmty)です。

 

突然ですが、世界で1番星の見える場所ってどこだかわかりますか?

 

僕はこの中南米での旅で、世界一の星空を見てきました。

 

世界で1番星が見える場所はアタカマ砂漠です。

 

アタカマ砂漠は、世界で1番乾燥しているのため天体観測にはもってこいで、アルマ望遠鏡が設置されています。

 

さらに標高も2,000mから高いところでは4,000mを越えるので、それはそれは大きく輝く星を見ることができます。

 

そんな、アタカマへはウユニから行くことができます。

 

僕はウユニに来るまでにウユニからアタカマに抜けるツアーがおすすめっていろんな人から聞いていたので、ツアーでアタカマまで行ってきました。

 

そして、このツアーの途中に、今まで見たどの星空よりも宇宙のような星空を見ることができました。

 

そんなウユニからアタカマへの1泊2日のツアー内容やツアー会社、ツアーの様子を書いてきます。

 

1泊2日ウユニからアタカマへのおすすめツアー会社

ウユニからアタカマへ抜けるツアーはとても人気で、たくさんの会社がツアーを出しています。

 

基本的には2泊3日

  • 1日目:ウユニ塩湖→塩のホテル
  • 2日目:アタカマへ向けて出発→国境近くで宿泊
  • 3日目:チリ入国

こんな感じです。

 

僕はウユニ塩湖は満足したし塩のホテルも興味がない…

 

ということで、ウユニで出会ってこれから2週間一緒に旅することになったこの2人と一緒に1泊2日のツアーを探しました。

いろいろ探して交渉した結果「Skyline Travellar」という会社のツアーに決定。

 

この会社は日本人に人気な穂高ツアーの向かいに並んでいるツアー会社の一つです。

内容は2泊3日の1日目のウユニ塩湖と塩のホテルをまるまる抜いただけ。

 

ウユニからアタカマまでの観光はしっかりできます。(←これ大事)

 

料金は1人600ボリ(約9600円)+国立公園の入場料150ボリ(約2400円)+ボリビア出国税15ボリ(約240円)です。

 

これに途中温泉があって、これに入るなら6ボリ(約96円)必要です。

 

ウユニの出発は朝の8:00でアタカマには翌日の13:00到着予定。

 

1日目の昼食、夕食、2日目の朝食が込みになっています。

 

  • ツアー会社:Skyline Traveller
  • ツアー料金:600ボリ(約9,600円)
  • 途中で必要なお金:国立公園入場料150ボリ(約2,400円)、出国税15ボリ(約240円)
  • 日程:8:00ウユニ発、翌日13:00アタカマ着
  • 食事:1日目の昼食・夕食、2日目の朝食
  • 注意事項:6人もしくは7人でこの料金で5人以下だと値上がりします。

 

 

ウユニ〜アタカマツアーの様子:ウユニ出発!

出発は朝の8:00。

 

集合場所は「Skyline Traveller」の目の前。

 

運転手が遅れてきて8:30に出発。

 

途中サンクリストバルという小さな街によってから11:30頃なぞの岩場でランチタイム。

ランチは運転手さんが作ってくれます。

白米とサラダとポテトと鶏肉。

これがめちゃくちゃ美味しい!

 

この料理を作ってたから遅れてきたんだなってことにしておいて皆でパシャリ。

ちなみにツアーは7人+運転手で行きました。

 

食べ終わったら再出発。

 

ここからは絶景の連続です。

山とか湖とか岩とか。

 

運転手さんがいろいろ説明してくれて、「ふーん。そうなんだ。」って思ってたけど何にも覚えてません。

 

ただただ、気持ちのいいドライブと絶景でした。

 

標高4000m越えの国立公園で1泊。世界一の星空はここでみる!

夕方の4:00ごろに国立公園に到着。

ここで入場料の150ボリを支払います。

 

そして向かったのが宿泊する「ラグーナ・コロラダ」

宿というよりも簡易宿泊施設のような場所で1泊します。

 

一休みして早速湖へ。

湖までそんなに距離はないんだけど、まあ強風。

この湖はなぜかピンク色をしています。

 

なんでピンクなのか調べたら、“なぜかピンク色をしてる”って書いてました。

 

不思議湖です。

 

フラミンゴもいました。

さっそうと飛んでいる風な写真ですが、フラミンゴも風には勝てないのか引き返して行きました。

 

それぐらい強い風の吹くラグーナ・コロラダ。

 

20:00ごろには夜ご飯。

スープにパスタ、赤ワインもありました。

 

これがまた美味しい!

 

この運転手は料理の天才なのかもしれません。

 

食べ終わったら星を見に行きました。

標高が高い(40,000m)だけあって満天の星空なんだけど、月がけっこう明るい。

 

ということで一旦寝て、月が隠れる3時にもう一回星を見に行きました。

 

それがこれ。

標高4000mを越えている世界で一番乾燥している地域で見る星空。

 

正直、ウユニ塩湖で見る星空とは比になりません!

 

今まで見たどんな星よりも1つ1つの星の輝きが眩しくて、感動とかじゃなくて宇宙にはこんなに星があるんだなという驚きと怖さを感じました。

 

いつからか圧倒的な自然を目の当たりにすると、感動とかよりも怖さを感じるようになって、南米では怖いと思える圧倒的な自然にたくさん出会いました。

 

その中でもラグーナ・コロラダでの星空は、トップクラスに怖いって感じました。

 

 

2日目:ついにチリ入国!

星を楽しんで仮眠をとったら4:00に朝食。

早朝から焼きたてパンケーキ。

 

4:30にはもう出発して、まずは間欠泉。

至る所からでてくる煙は圧巻です。

 

そして車の中から日の出。

そしてそして5:30頃に温泉に到着。

寒いし服脱ぐの面倒だし僕らは誰も入らなかったけど、みんな気持ち良さそうに温泉を満喫していました。

 

この後はいくつかの湖を通って国境へ。

ここだけの話、圧倒的な星空を見てしまったので、ここら辺の景色はもういいかなって感じになってささっとしか見てません。

 

それくらい星空が圧巻だったってことで…

 

 

朝の8:00ごろにはイミグレに到着。

ここではボリビアの出国をします。

 

ここまで連れてきてくれた運転手さんとはここでお別れして、違うバスに乗ってチリのイミグレへ。

 

ボリビアからチリへの入国は荷物の検査が厳しいって聞いていたけど、一瞬で入国完了。

 

予定通りの13:00すぎにアタカマへ到着しました。

ちなみに、ボリビアとチリには1時間の時差があります。

 

おわりに

あっという間にアタカマに到着した1泊2日のツアー。

 

メンバーに恵まれたのもあるけど、控えめに言ってウユニからアタカマに行くならツアーが絶対におすすめです! 

 

正直料金は高いなって思ったけど、実際にツアーに参加したら金額以上の価値あるツアーでした。

 

車から見える景色はつねに絶景だし、ラグーナ・コロラダで見た星空は一生忘れられないくらいに心に刻まれる景色です。

 

今回の中南米の旅でたくさんの絶景に出会ってきましたが、この星空がダントツNo,1です。

 

もし、塩のホテルに泊まりたいなら2泊3日のツアーでもいいけど、ウユニ塩湖も塩のホテルも行かなくていいって言う場合は1泊2日でも充分観光できるので、参考にしてみてください。

 

アタカマ2つのゲストハウス紹介!おすすめは「Hostel Nuevo Amanecer」 こんにちは! 中南米でバックパッカーデビューのきょーへい(@k_zuma_fmty)です。 ウユニから1泊2日のツアーでチリ...

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください