グアナファト

メキシコNo,1カラフルな街並みグアナファトの街歩きとカフェと屋台飯と。

 

こんにちは!

メキシコ大好きなきょーへい(@k_zuma_fmty)です。

 

 

メキシコシティの次はグアナファトという街に行きました。

 

グアナファトは世界遺産にも登録されている街で、カラフルな家が印象的な街です。

 

 

街歩きの楽しいグアナファトの街並は、今まで訪れた街の中でも一番散歩をしていて楽しかった街です。

 

 

そんなグアナファトについてまとめてみました。

 

こんなことが書いてます

  • グアナファトへの行きかた
  • グアナファトの観光について
  • グアナファトのおすすめカフェ
  • グアナファトのおすすめ屋台飯

 

グアナファト基本情報と行きかた

まずはグアナファトの基本情報とメキシコシティからの行きかたを紹介します。

グアナファトの場所は?治安は?

グアナファトはメキシコシティから北西に370km離れている場所にある街です。

グアナファトの街は世界文化遺産に登録されています。

 

とても治安のよい街で夜の12:00前後でも多くの人で賑わっています。

 

メキシコシティからグアナファトへの行きかた

僕はメキシコシティからバスで行きました。

  • 出発地:北バスターミナル
  • バス会社:Primera plus
  • 値段:547ペソ(約3,200円)
  • 時間:5時間前後
  • 乗り心地:

北バスターミナルへはAutobuses Norteという駅を出てすぐのところにあります。

 

テオティワカン遺跡に行くバスが出発するバスターミナルと同じなので、テオティワカン遺跡に行くときにバスのチケットを購入するのをオススメします。

関連記事:メキシコシティの観光ならまずはテオティワカン遺跡でピラミッドに登る!

 

Primera Plus社の窓口は、バスターミナルに入って右手にあります。

バスは11:00出発して夕方にグアナファトに到着の予定。

 

 

グアナファト行きのバスはターミナルの右側のゲート1から出発。

ここで荷物のチェックがあります。

 

メキシコというと治安が悪いイメージがありますが、長距離バスはとても安全でした。

 

 

バスはとても快適で、トイレもついています。

飲み物と軽食もついていて、日本のバスとは比べ物にならないくらいのサービス。

メキシコシティからグアナファトへの道のりは、ガタガタ揺れることもなく5時間ほどで到着しました。

 

グアナファトのバスターミナルから街まで

グアナファトのバスターミナルは街から少し離れたところにあります。

 

ここがグアナファトのバスターミナル。

ここから街までは5kmほどあるのでタクシーかバスに乗って行きます。

 

僕は節約のためにバスに乗って行きました。

 

バスターミナルを出てすぐのところにバスが止まるので、来るバスに街まで行くか聞いてバスに乗り込みました。

 

5ペソ(約30円)で、バックパックを持っているからか乗客の人たちが気にかけてくれて降りる場所を教えてくれました。

 

 

そしてバスを降りた場所がここ。

さっそくカラフルで可愛らしい街並で気分はウキウキになれますよ! 

あとから宿の人と話したら、いきなりバスで来る人はほとんどいないらしいです。

僕は運がめちゃくちゃいいタイプなので無事グアナファトの街につきましたが、不安な人はタクシーで行ってください。

 

グアナファトに来たらまずは街歩き

世界遺産の街グアナファト。

 

この街にきたらまずやるべきことは散歩です。

 

観光と言えば有名な教会に行ったり、美術館に行ったり、大自然を見に行ったり。

 

ただグアナファトは街歩きをしなければ始まりません。

 

歩いているだけでワクワクするようなカラフルな街並。

カラフルなのにごちゃごちゃしてなくて、落ち着く雰囲気。

 

建物だけじゃなくて植木鉢もカラフル。

これがグアナファト大学。

カラフルな街とは一変して、洗礼されたデザイン。

 

大学生と観光客で賑やかです。

 

テアトロ劇場。

ここは夕方から夜になると大道芸などが目の前で披露されるのでたくさんの人で賑わいます。

 

口づけの小道

メキシコ版のロミオとジュリエットの舞台。

 

人がいっぱいいたけど、そんなに興味は…

 

 

夜になると街はライトアップされます。

 

ここが街の中心のバシリカ。

僕の行った時期はクリスマスと被っていたので、ツリーやイルミネーションもありました。

 

グアナファト大学も夜になるとガラッと雰囲気が変わります。

夜になると音楽団が出てきて演奏をはじめます。

音楽を流しながら僕ら観光客を引き連れて街を行進して行きます。

 

この音楽団のおかげで街中から音楽が流れてきて、昼とはまったく違う賑やかさになります。

 

 

さっきも書きましたが、グアナファトはとても治安がよく夜になっても街は賑やかです。

 

 

路地裏とかに入らなければ、暗くなっても安全な街です。

 

街を一望できるピピラの丘

街散策をしたら次はピピラの丘に行くのがおすすめです。

 

ピピラの丘からはグアナファトの街並が一望できます。

 

 

これがピピラさん。

ピピラさんはメキシコの独立運動のときスペイン軍を相手に先陣を切って戦った英雄です。

 

 

ピピラの丘からの景色はこれ。

暗くなってくると街を歩いていたとき同様キラキラと輝き始めます。

グアナファトは「宝石箱」と評される夜景スポットです。

 

 

明るいところからだんだん暗くなって行く様子は、見いってしまうほど魅力的です。

 

ピピラの丘への行きかた

ピピラの丘へはロープウェイか歩きで行きます。

 

僕は行きは歩きで帰りはロープウェイでした。

夜になるとピピラの丘への道は危ないみたいなのでロープウェイを使いましょう。

 

ピピラの丘に行く道には、看板があります。

上の写真の「AL PIPILA」という看板が目印。

 

ここから階段を上って行きます。

ひたすら階段を上っていると、落書きのある壁を通ります。

ここまでくればあと少しで、ピピラさんの像が見えてきて、そこが頂上です。

 

ロープウェイは片道50ペソ(約300円)でした。

 

 

毎日通ったおすすめカフェ

僕が好きになる街にはだいたい好きなカフェがあります。

 

ここグアナファトにも毎朝通ったステキなカフェがあります。

 

それが「Cafe Tal」というところです。

街の外れにあるこのカフェが落ち着いていて、そしてなによりチョコラテが美味しいんです。

 

普段は朝にコーヒーを飲むのですが、このときはお腹を壊していることもあって、お腹に優しそうなチョコラテを飲んでいました。

毎朝このカフェに来て、チョコラテを飲みながらぼーっと外を眺めたり本を読んだり。

 

 

旅に出ると新しい刺激的なことの連続なので、のんびりリラックスできる時間を意図的に作って心と体と頭をリフレッシュさせます。

チョコラテは26ペソ(約155円)でした。

 

 

場所はここ。

地図の中心にカフェがあって、北西のほう街の中心のバシリカがあります。

 

街の中心から少し外れているからか、とても静かで落ち着いた優しい雰囲気のカフェです。

 

店員さんが少しだけ日本語を喋ることができて、朝から少しほっこりするのもこのカフェのいいところです。

 

おすすめ屋台飯

カフェの次は屋台飯。

 

カフェと同じくらい屋台が大好きな僕が、グアナファトでハマった屋台飯が1つあります。

 

それがこれ。

エローテというとうもろこしにコテージチーズとマヨネーズ、チリパウダーをかけたシンプルなもの。

 

 

20~25ペソ(約120円〜150円)です。

とうもろこしは焼いているのがあったり、茹でているものがあったり。

 

焼いているのはすごく香ばしくて美味しいです。

 

夜は茹でているのがおすすめ。

標高が高いので日が暮れると冷え込んできます。

 

そんなときにこれが最高に美味しいんです。

僕はマヨラーなので、毎回マヨネーズを多めにしてもらっていました。

 

 

この料理はグアナファトだけじゃなくて、オアハカという街でも見つけて食べたので、この屋台をみつけたら挑戦してみてください。

 

おわりに

以上、大好きなグアナファトの紹介でした。

 

まだまだここには書ききれない情報や、ここには載せきれないステキな街の写真がたくさんあります。

 

すごくコンパクトで賑やかなグアナファト。

 

何日いても飽きないこの街でゆっくりするのがおすすめです。

 

メキシコに行ったらグアナファトに行ってください!!!

 

メキシコシティからオアハカへの行き方と街観光と屋台飯。 こんにちは! メキシコ大好きなきょーへい(@k_zuma_fmty)です。 「メキシコでもう1度行くならどこに行きたい?」っ...

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください