北海道

新千歳空港温泉が快適すぎた|割引券の入手方法や料金を紹介

新千歳空港の国内線ターミナル4階にある温泉。

2022年1月7日に入ってきたのですが、かなり快適で空港で時間を潰すのにぴったりでした。

また、宿泊もできるので、早朝や深夜発着の航空券を持っている人は気になっている方も多いはず。

そこで、料金や割引券、中の様子についてまとめました。

この記事でわかること

  • 新千歳温泉の料金について
  • 割引券の入手方法
  • アクセス
  • 中の様子
  • アメニティ

きょーへい
きょーへい
ぜひ最後まで読んで、新千歳空港での時間を快適に過ごしてくださいね!

新千歳空港温泉の料金について

まずは、新千歳空港温泉の料金と割引券の入手方法を紹介します。

入館料

  • 中学生以上:1,500円
  • 小学生:800円
  • 3歳〜未就学児:600円

入館料には、タオルや浴衣などのアメニティや休憩室の利用料が含まれています

ただし、深夜1時以降は、入館料の料金が2倍(例:中学生以上は3,000円)に。

その代わり、深夜料金で利用すると朝食を無料で食べられるので、早朝出発や深夜着の人はお得に温泉と食事を楽しめます。

ちなみに、宿泊用の客室を利用する場合は、入館料込みで1人5,000円〜です。
(客室利用は17時〜翌朝9時)

また、朝の5時〜8時は、朝風呂入浴として中学生以上800円、3歳〜小学生400円で利用できます。

新千歳空港温泉の割引券の入手方法

新千歳空港温泉の割引券は、新千歳空港国内線ターミナルにある「スーパーラウンジ」にてもらえます

新千歳空港温泉の割引券

以前は500円割引だったようですが、2022年1月時点では300円割引でした。

ラウンジに入館し、受付で割引券が欲しいこと伝えれば、その場でいただけます。

割引券をもらえるスーパーラウンジの場所は、新千歳空港3階にあるフードコート近くです。

エポスカードや楽天カードなどのゴールドカードを持っていれば、無料で入館でき割引券をもらえます。

ラウンジでは、ソフトドリンクが無料サービスとなっていますが、アルコールおつまみ、お弁当hが有料サービスです。

きょーへい
きょーへい
ラウンジは7時から8時半までの営業なので、夜に新千歳空港温泉を利用する場合は、少し早めに空港に行きラウンジへ直行し、割引券を先にもらっておくのがおすすめです!

新千歳空港温泉のアメニティ

新千歳空港温泉はアメニティが豊富に揃っています。

  • フェイスタオル
  • バスタオル
  • 浴衣
  • シャンプー・リンスー
  • ボディソープ
  • メイク落とし
  • 洗顔フォーム
  • 化粧水
  • 乳液
  • ヘアブラシ
  • ドライヤー
  • ヘアキャップ
  • アカスリタオル

浴衣はサイズが豊富で、子どもサイズも用意されていましたよ。

こだわりがない人なら、お金さえ持っていれば平気

アメニティではありませんが、無料サービスのお茶とお水もありまた。

きょーへい
きょーへい
僕らは、大きな荷物を飛行機に預けてから温泉に向かいましたが、とくに不便なく過ごせました。

着替え場所にあるロッカーは、受付時に指定の鍵をもらうシステムなので、館内でゆっくりするときはロッカーに荷物を預けておけば、何も持たずにのんびりと過ごせます。

ちなみに、コートや大きな荷物は預かってもらえますよ。

新千歳空港温泉の中の様子

更衣室や温泉内は写真が撮れないいので、休憩場所を写真付きで紹介します。

受付を上のフロアから撮った写真がこんな感じ。

温泉に入ると靴を脱ぐ場所があり、その奥に受け付け、右手に食事処があります。

食事は19時30分にラストオーダーです。

受付に向かって左手にある階段を登ると、温泉への入り口があります。

更衣室の右手にある階段を登ると、宴会場が。

僕が入ったときは、宴会がなかったからなのか21時まで解放していました。

宴会場は広々していて、テレビがあるので「くつろげそうだな」という印象。

子どもと一緒に過ごすなら、宴会場が食事処がおすすめです!

宴会場へと向かう階段の正反対の位置にある階段を登ると、リラックスルームがあります。

リクライニングチェアがずらっと並んでおり、自由に座ってのんびりできます。

リラックスルームには、自由に読める漫画もありました。

最新巻が揃っているわけではありませんが、ワンピースや鋼の錬金術師など、有名な漫画がたくさんありましたよ。

リクライニングチェアには、1席に1台テレビもついています。

テレビ番組の視聴ができるのはもちろん、飛行機の発着情報も確認できるので、乗り過ごしの心配もなさそうです。

ちなみに、テレビの音は耳元から流れてくるシステムなので、イヤホンなどは必要ありません。

リラックスルームの奥には安眠ルームもあり、ここの席にはテレビがついていないので、とても静かでした。

リラックスルームと安眠ルームのリクライニングチェアは、フラットになるまで背中が倒れるので、意外とぐっすり眠れそうな印象です。

ちなみに、女性専用室もありましたよ。

ちなみに、温泉には大浴場・露天風呂・サウナ・ミストサウナがありました。

広々としていたので、人がいてもくつろげます!

僕が訪れたのが夜だったからなのか、入浴していたのは常に5〜6人だけでしたよ。

新千歳空港温泉へのアクセス

新千歳空港温泉は、新千歳空港国内線ターミナルの4階にあります。

フロアマップで見ると、4階の左端に位置しています。

(参考:新千歳空港ターミナルビル公式サイト

新千歳空港に到着したら、とにかく4階まで行けばたどり着きます。

温泉の外観はこんな感じです。

見るからに「ザ・温泉」な雰囲気。

出入り口は、上記の写真の自動ドアのみですよ。

新千歳空港温泉の情報まとめ

最後に、新千歳空港温泉の基本情報をまとめておきます。

営業時間午前10:00〜翌朝9:00
電話番号0123-46-4126
住所〒066-0012
北海道千歳市美々新千歳空港国内線ターミナルビル4F
休館日年に2回あり
(公式サイトの「新着情報」にて告知)
公式サイトhttp://www.new-chitose-airport-onsen.com/

わざわざ、はやめに空港に向かってのんびりしたいくらい快適なので、ぜひぜひ利用してくださいね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です