ヤンゴン

【ヤンゴン在住者おすすめ】友達に案内してもらった穴場観光スポット3選。

こんにちは!

彼女と東南アジア2人旅中のきょーへい(@k_zuma_fmty)です。

 

「せっかくなら定番だけじゃなくて、穴場も観光したい」

そんなあなたへ、ヤンゴン在住の友達が案内してくれた穴場観光スポットを3つ紹介します!

 

たくさんの観光スポットがあるミャンマーの首都ヤンゴン。

 

定番の観光スポットもいいですが、あまり知られていない穴場スポットもヤンゴンでは欠かせません!

 

今回は定番スポットではなく、ヤンゴン在住の友達が案内してくれた穴場スポットを3つ紹介します。

 

特に最初に紹介する「メイラーム・パゴダ」はとてもユニークで、お寺とかに興味がなくても楽しめる観光スポットなのでぜひ行ってほしいです!

 

観光客があまり行かないような面白い場所に行きたいって人は必見です。

 

今回紹介する穴場観光スポットはタクシーがつかまりにくい場所もあります。

なので、スムーズに観光するなら事前にタクシーをチャーターするのもおすすめです!

値段交渉も必要ないので、不安な方はのぞいてみてください!

▶︎▶︎▶︎VELTRAで1日タクシーをチャーターする!

 

ヤンゴン穴場観光①「ワニがメインのメイラーム・パゴダ」

まず最初に紹介するのは、とてもユニークな観光スポット「メイラーム・パゴダ」。


空港から近い場所にあり、ダウンタウンからだとタクシーで30分ほど。

5,000チャット(約420円)で行けました。

 

ここはお寺なんですが、どこかゆるーいテーマパークのような雰囲気もある不思議な場所です。

 

まずは入り口。

至って普通です。

 

入るとすぐ靴を預けるところがあるので、靴を預けて裸足で中に入ります。

 

中に入るといきなり仏像さんたち。

入った瞬間にゆるさが伝わってきますが、僕ら以外はちゃんとお祈りに来ている人たち。

 

このギャップも面白い。

 

入ってすぐにある4体の仏像。

よく見ると顔の表情だったり手の形が違う。

 

そして仏像の前で座って話をする子ども。

 

仏像への興味がなくなってしまっているのか完全に背を向けています。

 

奥に進むと物語の一部のような場所。

祈りかたが斬新。

横にある斧も何かを語っているようで物語が気になりすぎる。

 

この隣には巨大なお坊さん?が並んでいました。

どのくらい大きいかというと…

案内してくれた友達はこれに合わせるかのように金色の洋服を着てきました。

 

さすがヤンゴン在住!

 

この近くにはまた何か物語の一部が。

ここで注目してほしいのがお坊さんの周りにいる人たちの表情。

 

決してふざけているわけではないけど、ふざけているように見えてしまう絶妙な表情をしています。

 

誰かどういう場面なのか教えてください…

 

さらに進むと池がありました。

もちろん池もタダでは終わりません。

 

真ん中あたりに何かがいます。

人魚?

 

途中川をボートで渡ることができて渡った先にも建物がいくつかありました。

 

その一つがこれ。

金ぴかの仏像さんに金ぴかの壁と柱。

 

そして金ぴかの仏像の後ろのイルミネーション。

 

このイルミネーションはミャンマーでは必ずあって”後光”を表してるんだとか。

 

僕は安っぽさを感じてしまったけどこれが国と国との感じ方の違い。

 

そして金ぴかの壁と柱はよーく見ると小さな仏像がはめ込まれてました。

そして再び川を渡って戻ってきたらこのお寺のメインであるワニに遭遇。

めちゃくちゃ大きい。

 

そして口が空いてる。

 

ということでお決まりのこれ。

横を通るミャンマーの方々は「こいつら何やってんだ」と言わんばかりの顔で見てくるので、ぜひこの写真を撮ってみてください。

 

以上がメイラーム・パゴダ通称ワニ寺です。

 

ここで載せた写真は一部でしかなくてもっとたくさんの突っ込みどころ満載な仏像さんがいます。

 

そして何よりとてもゆるーい雰囲気が面白いのでヤンゴン観光で一味違った雰囲気を味わいたい人は行ってみてください。

 

 

ヤンゴン穴場観光②「遊園地」

ワニ寺のあとはヤンゴンの遊園地。

 

場所はシュエダゴン・パゴダの裏手にあります。

 

遊園地の名前は「Happy Zone」

こんなに可愛いどこか見覚えのあるキャラクターが出迎えてくれます。

この他にも某夢の国のミッ◯ーとかもいましたよ。

 

この遊園地の中はいろいろアトラクションがあって乗るたびにお金を払うシステムでした。

 

僕らは1つだけ軽めのジェットコースターに乗りました。

 

シートベルト緩めでがたがた揺れるので、日本のしっかしとした安全確認のもと乗るジェットコースターよりもスリルはあります。

 

僕は乗ってるときに生命保険に入っていてよかったなって思いながら楽しみました。

 

なにかあったら完全自己責任っていう感じなので保険に入っていない人はやめたほうがいいかもしれません。

 

写真は全然撮ってないのでイメージ湧かないと思うのですが、日本のテーマパークに飽きた人は違った楽しみがあるので行ったら楽しいと思いますよ。

 

ヤンゴン穴場観光③「噴水とシュエダゴンパゴダのコラボレーション」

遊園地で遊んだ後は噴水ショー!

 

遊園地の奥に噴水のある公園があるので、遊園地とセットでぜひ行ってください!

 

途中にあった飛行機。

そしてよくある写真スポット。

そしてそして噴水のある公園。

奥に見えるのがシュエダゴン・パゴダです。

 

ここの最大の見所はライトアップされたシュエダゴン・パゴダが裏から見れること。

 

噴水ショーは18:30からだったので公園のさらに奥にあるお店でとりあえずビール。

ミャンマーのビールは安いし美味しい。

なんと80円前後でジョッキのビールが飲めてしまいます!

 

お酒好きな人にはたまりません。

 

噴水ショーはこんな感じ。

規模はそんなに大きくないけどミャンマーの音楽とのコラボは幻想的で他の国のとは違った雰囲気でした。

 

そして噴水ショーとシュエダゴン・パゴダのコラボレーション。

これが最高に綺麗。

 

友達がここに連れてきてくれなかったら見れなかった景色。

 

ガイドブックとかには多分載っていない穴場スポットです。

 

ライトアップされたシュエダゴン・パゴダを見られるので本当におすすめです。

 

 

おわりに

以上3つの穴場スポットでした。

 

やっぱり住んでいる人に案内してもらうときは、有名どころではなくてこういう場所に連れて行ってもらうのが楽しいですよね。

 

ヤンゴンはタクシー代がとても安いので、贅沢にタクシーで市内を観光するのが上手にヤンゴンを周るコツです!

 

シュエダゴン・パゴダや涅槃像とセットでワニ寺や遊園地も行ってみてください。

今回紹介する穴場観光スポットはタクシーがつかまりにくい場所もあります。

なので、スムーズに観光するなら事前にタクシーをチャーターするのもおすすめです!

値段交渉も必要ないので、不安な方はのぞいてみてください!

▶︎▶︎▶︎VELTRAで1日タクシーをチャーターする!

 

▼ヤンゴン定番観光はこちら▼

ヤンゴンの定番観光はまずこの2つ!シュエダゴン・パゴダと涅槃像。 こんにちは! 彼女と東南アジア2人旅中のきょーへい(@k_zuma_fmty)です。 ヤンゴン市内にはたくさんの観光スポット...

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください