カメラ

【旅行や風景に!】初心者でも使えるNikonのおすすめ広角レンズを3つ厳選しました!

きょーへい
きょーへい
旅行や風景写真を撮るときに、もっとダイナミックな写真が撮りたいと思いませんか?

そんな時に大活躍なNikonのカメラに対応している広角レンズを紹介します!

どうも、きょーへいです!

 

レンズって買おうと思っても種類が多くて選ぶのが大変じゃないですか?

 

僕も広角レンズを購入したときは、めちゃくちゃ調べたしいろいろ試しました。

 

そんな中で、今回はNikonで使えるおすすめ広角レンズを3本ご紹介します。

僕が使っているNikonD5300で使っているAPS-C対応の広角レンズ紹介です。

D3000番台やD5600などにも使えます。

広角レンズは初心者でもダイナミックな写真を簡単に撮る事ができるので、旅行中や風景の写真を撮るのにピッタリです!

きょーへい
きょーへい
選び方の基準や純正レンズ、サードパーティーレンズの特徴からおすすめ広角レンズの解説をしていきます。

広角レンズを選ぶときに知っておきたこと

レンズを選ぶときの基準をまとめました。

 

広角レンズはだいたいこれから紹介する部分に注目して選ぶといいでしょう。

広角レンズのメインは焦点距離

きょーへい
きょーへい
焦点距離はざっくりいうと、どれくらいの範囲の写真を撮ることができるかってことです。

数字で言うと焦点距離が35mm以下のものを広角レンズと呼んでいて、24mm以下を超広角レンズと呼んでいます。

 

で、この焦点距離はどうしたらわかるのか。

 

僕の使っているレンズは「TAMRON  AF10-24mm F3.5-4.5」

 

太字にした「10-24」というのが焦点距離です。

 

つまり、このレンズは焦点距離10〜24で使用できるということ。

ここでもう1歩踏み込んだ話を少しだけしますね。

きょーへい
きょーへい
”僕の使っているレンズは焦点距離10〜24の焦点距離で使用できる“と書きましたが、実は少しだけ補足が必要です。

カメラにはフルサイズAPS-Cという種類があります。

 

基本的に焦点距離はフルサイズのカメラに装着した場合のもので、APS-Cの場合は少し違ってくるんです。

APS-Cのカメラの場合、焦点距離は1.6倍しないといけない。

例えば【APS-Cのカメラ+焦点距離10mのレンズ】で写真を撮ると、焦点距離は16mmになるんですね。

 

少し難しいかもしれないですが、16mmのレンズを買って場合フルサイズだと広角で撮影できてもAPS-Cのカメラだと普通の写真になっちゃうなんてこともあるので注意してください。

Nikonの主なAPS-Cカメラ

D3000シリーズ,D5000シリーズ,D7000シリーズ,D500

上記のカメラを持っている方は、焦点距離10〜12mmでダイナミックな写真が撮影できるかと思います。

広角レンズは普通のレンズよりも重い

広角レンズを選ぶときに気にして欲しいのが重さ。

 

広角レンズは500g前後のものが多く、下手したらカメラ本体よりも思いなんてことも……

 

あまり気にしていないかもしれないですが、首から下げて長時間歩いていると相当な負担になります。

 

広角レンズは旅行など出かけているときにメインで使うようになるので、出来るだけ軽いのがおすすめです。

純正レンズかサードパーティー製レンズか

レンズはカメラを作っているメーカー以外にも、さまざまなメーカーのものがあります。

 

NikonのカメラならNikonのレンズだけってことではないんですね。

 

僕も、カメラ本体はNikonだけどレンズはTAMRONというサードパーティー製レンズを使っています。

 

それぞれの特徴をまとめておきますね。

[jin_icon_pen color=”#e8c492″ size=”18px”]純正レンズの特徴

メリット

  • オートフォーカス(AF)などカメラとの相性がいい
  • 品質がとにかくいい
  • カメラ本体と一緒にサポートが受けられ

デメリット

  • 値段が高価

[jin_icon_pen color=”#e8c492″ size=”18px”]サードパーティー製レンズの特徴

メリット

  • 安いものが多い
  • 品質もいい
  • ユニークなレンズが多い

デメリット

  • オートフォーカスが不安定なことがある
  • ズームの回転方向が純正レンズと反対の場合もある
  • カメラ本体と一緒にサポートが受けられない

ざっとまとめると上記のとおり。

 

カメラ本体との相性やクオリティで考えたら純正レンズ一択。

 

ですが、ネックになるのが値段で、サードパーティーよりも倍以上の値段画することもあります。

 

その点、サードパーティーのレンズはコストパフォーマンスがとてもいいです。

 

昔は「安かろう悪かろう」のイメージが強かったですが、今や素人目線では純正と変わらない写真撮影ができます。

 

ですが、カメラとの相性は純正には敵わないので、AFが合わなかったり撮影時にエラーが出てしまうこともあります。

旅行や風景撮影におすすめなNikonの広角レンズ3つ

ここから僕が購入前に調べに調べて厳選したおすすめの広角レンズを紹介します!

 

ここでおすすめするレンズは3つ。

  1. Nikon AF-S DX NIKKOR 10-24mm f/3.5-4.5G ED
  2. Nikon AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VR
  3. TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II 

ちなみに、僕はこの中から「TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II 」を購入して2年以上使っています。

きょーへい
きょーへい
では、それぞれのレンズの特徴や長所・短所をまとめていきますね!

値段は高いけどベスト広角レンズは「 Nikon AF-S DX NIKKOR 10-24mm f/3.5-4.5G ED」

長所
  • Nikon純正
  • 写りなどは文句なし
  • 広角はもちろん接写の写真にも強め
短所
  • 値段が高い

とにかく1番質がいいのが「Nikon AF-S DX NIKKOR 10-24mm f/3.5-4.5G ED」です。

 

被写体に近ずいての撮影もできるので、風景にも食べ物などの撮影もできます。

 

唯一の弱点は値段が高いこと。

 

定価は10万円越えです。

 

予算がある方は他のレンズなんて見ずに、迷わずこのレンズを買ってもいいくらいの1本です。

安さと軽さ選ぶなら「Nikon AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VR」

長所
  • Nikon純正
  • 軽い
  • 安い
短所
  • 少し暗い

Nikon純正なのに3万円ほどで購入できる安さが魅力のレンズ。

 

さらに、このレンズの最大の特徴は軽いこと。

 

驚異の230g!

 

次に紹介するTAMRONの広角レンズが2番目に軽くて410gなので、めちゃくちゃ軽いです。

 

ただ、F値が4.5スタートなので明るさが必要な室内や星空の撮影にはあまり向いていません。

 

でとはいえ、昼間に外で風景を撮影する分には申し分ない性能です。

 

とにかく安い広角レンズがほしい方向けです。

バランスで選ぶなら「TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II 」

長所
  • 値段と質のバランスがいい
  • 軽い
  • 逆光に強い
  • 手ぶれ補正もあり
短所
  • 写りが甘いと言われている

いわゆるサードパーティー製レンズ。

 

特徴は安くて軽いということです。

 

値段は4万円ほどで重さは410gです。

 

先ほどのNikonのレンズほどではないですが、広角レンズでは軽い部類にあたります。

 

またF値が3.5スタートなので、星空撮影など暗い場所でもバッチリです!

 

ただ、全体的に写りがあまいと言われています。
(個人的には全然気になりません)

 

さらに、このTEMRONの広角レンズは進化バージョンも発売されていて、性能が良くなったので、僕ならこのレンズで即決します!

初心者が1番最初に買う広角レンズとしては1番おすすめ。

 

サードパーティー製レンズは他にもたくさんありますが、TAMRONが1番バランスのいい広角レンズです。

きょーへい
きょーへい
SIGMAやTokinaのレンズも検討しましたが、両方とも500g以上と重く手ぶれ補正もないのがマイナスポイント。

質も求めたいけど高いのは手が出ないという方におすすめです!

▼TAMRONの広角レンズはレビューも細かく書いているので、気になる方はサクッと読んでみてください!

【レビュー】TAMRONの超広角レンズ10-24mmをNikonのカメラで3年使った感想まとめTAMRON超広角レンズ10-24mm。実際に3年間以上使用して感じたことを赤裸々に書いたレビュー記事です。作例も複数紹介しているので、購入に迷っている方は参考にしてみてください!...

旅行や風景撮影におすすめなNikon広角レンズまとめ

以上、Nikonにおすすめな広角レンズでした。

 

「いきなり購入はやっぱりなかなか決断できないな……」

 

そんな方はレンタルカメラの利用も検討してみてはいかがでしょうか?

レンタルカメラがおすすめな理由

  • 簡単・お得に使いたいレンズが試せる
  • 「やっぱりいらないな」ってときのダメージが最小で済む
  • 気に入ったらそのまま購入も可能

カメラレンズのレンタルにおすすめなのが「Rentio

 

レンズの品揃えや値段、保証と申し分なしで、カメラのレンズならRentio一択です!

Rentio公式ページはこちら

広角レンズは旅行などで風景や大きな建物を撮影するなら欠かせない1本です。

 

僕はもっと早く買っておけばよかったと後悔をしました

 

一眼レフカメラの最大の魅力はレンズを交換できること。

 

この機会に広角レンズの魅力を体感してみてはいかがですか?

 

▼とにかく1番いいやつが欲しい方はこれ

▼軽さと安さで選ぶならこれ!

▼バランス重視の方はこれ

 

▼タムロンの広角レンズはレビューも詳しく書いています!

【レビュー】TAMRONの超広角レンズ10-24mmをNikonのカメラで3年使った感想まとめTAMRON超広角レンズ10-24mm。実際に3年間以上使用して感じたことを赤裸々に書いたレビュー記事です。作例も複数紹介しているので、購入に迷っている方は参考にしてみてください!...
いまだけ!ポケットWi-Fiが半額!

海外旅行中にいつでもWi-Fiが使えるポケットWi-Fi。

 

「イモトのWi-Fi」なら5/31日までレンタル料金半額&受け取り手数料無料です!

 

お得にWi-Fiを使えるチャンス!

 

事前申し込み&専用申し込みフォームから限定なので、旅行の日程が決まっている方は早めに申し込みへ!

【イモトのWi-Fi】50%オフキャンペーンはこちらから

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください