おすすめ旅アイテム

【旅行や風景写真を撮るならこれ】Nikonのおすすめ広角レンズ厳選3つ!

きょーへい
きょーへい
旅行や風景写真を撮るときに、もっとダイナミックな写真が撮りたいって思いませんか?

そんな時に大活躍なNikonのカメラ対応の広角レンズを紹介します!

こんにちは!きょーへいです!

 

僕はカメラを買ってから1年半ほど標準レンズを使っていました。

 

ただ、旅行をしているとこんなことを思うんですよね 。

 

「もっと風景写真をダイナミックに撮りたい!!!」

 

こんな思いを旅行中に抱き、新しく買ったレンズが広角レンズです。

 

広角レンズはダイナミックな写真を撮る事ができるので、旅行や風景の写真を撮るのにピッタリです!

 

そんな広角レンズの中から、僕が使っているNikonの一眼レフで使うことのできる物を3つ厳選しました! 

 

とにかく先におすすめの広角レンズを知りたいという方は「旅行で風景を撮影するのにおすすめのNikon広角レンズ3選」をクリック! 

そもそも広角レンズってどんなレンズ???

広角レンズは、標準よりも広範囲の写真を撮ることのできるレンズです。

 

数字で言うと焦点距離が35mm以下のものを広角レンズと呼んでいて、24mm以下を超広角レンズと呼んでいます。

 

まず出てきた言葉が「焦点距離」。

レンズの焦点距離とは、ピントを合わせたときの、レンズから撮像素子までの距離です。

出典:Nikon HP

 

「……ん???」って感じでもとりあえず大丈夫!

この焦点距離っていうのが短い(数字が小さい)と広角に写真を撮れて、長い(数字が大きい)とズームした状態になるってこと。

で、この焦点距離はどうしたらわかるのか。

 

僕の使っているレンズは「TAMRON  AF10-24 mm F3.5-4.5」というものです。

 

太字にした「10-24」というのが焦点距離です。

 

つまり、僕の使っているレンズは焦点距離10〜24で使用できるということです。

ここでもう1歩踏み込んだ話を少しだけします。

 

”僕の使っているレンズは焦点距離10〜24の焦点距離で使用できる“と書きましたが、実は少しだけ補足が必要です。

 

カメラにはフルサイズというものとAPS-Cという種類があります。

 

基本的に焦点距離はフルサイズのカメラに装着した場合のもので、APS-Cの場合は少し違ってきます。

 

フルサイズのものを持っていればここは読まなくてもいいですが、APS-Cのカメラ(フルサイズじゃない)カメラを持っている人はこれだけ覚えてください!

APS-Cのカメラの人は、焦点距離×1.6が焦点距離になる。

例えばAPS-Cのカメラ、焦点距離10mのレンズで写真を撮ったとすると、フルサイズで焦点距離16mで撮ったのと同じ画角の写真が撮れるということです。

 

これさえ覚えておけば、写真を撮る上では細かいことは覚えなくても大丈夫!

 

とりあえず、標準レンズに比べて広い範囲の写真が撮れるカメラです!!!

広角レンズは旅行や風景写真を撮るのにどういいの???

旅に出ると大自然や大きな教会などの建造物にたくさん出会います。

 

例えばウユニ塩湖。

これはNikonD5300を買ったときについてきた標準レンズです。

 

僕が中南米と旅したときは標準レンズしか持っていなかったし、標準レンズで満足できると思っていました。

 

ただこのウユニ塩湖やアタカマでの星空を見て写真を撮ったときに、もっとダイナミックに広範囲の写真をとりたいと思うようになりました。

 

僕はもともと目で見た風景をそのまま写真に収めたいという思いがあるので、できるだけ広範囲の写真を撮りたいタイプです。

 

なので、中南米から帰ってきて、レンズを壊してしまったタイミングで広角レンズを買いました。

 

広角レンズで撮った写真はこんな感じです。

広角レンズで撮ると広範囲で撮れる以外にも、手前のものは大きく、奥のものは小さく写るので遠近感と奥行きのある写真を撮る事ができます。

 

なによりも、普通のレンズでは距離的に写らないと思うようなものも、広角レンズなら写すことができます。

 

大自然や大きな建物などが多い海外では、広角レンズが活躍する事間違いなしです。

旅行や風景写真におすすめのNikon広角レンズ3選

Nikonの一眼レフで使えるおすすめの広角レンズを3つを厳選しました。

 

この3つに共通していることは、値段が広角レンズの中では安価ということ。

 

値段は気にしないっていう人は、迷わずNikon純正の広角レンズを買ってください。

ただ、値段は10万円弱…

 

とりあえずどんなもんか使ってみたいって場合はレンタルカメラっていう手段もあります。

▶︎▶︎▶︎【レンタルカメラ比較】損をしないレンタルの仕方を教えます!(Rentio/ReReレンタル/DMM)

 

ただ、やっぱり広角レンズを1本欲しいし、けど純正の高価なレンズは買えないって人へ向けて3つの広角レンズを紹介します。

軽さで選ぶなら「Nikon AF-P NIKKOR 10-20」

長所

  • Nikon純正で安心できる。
  • とにかく軽い。
  • 性能もいい。
  • 安い。

短所

  • F値が4.5スタートだから、星空や室内での撮影にむかない。

まずはNikon純正の広角レンズ。

 

「え、Nikon純正は高くて無理でしょ!!!」

 

って思った人もいるかと思いますが、この広角レンズは3〜4万円で購入できます。

 

そして、このレンズの最大の特徴は軽いこと。

 

広角レンズは標準レンズなどに比べて基本的に大きくて重く500gくらいします。

 

標準レンズが250g前後のものが多いので、レンズ2本分の重さということになります。

 

そんな中、「Nikon  AF-P DX NIKKOR 10-20mm」の重量はなんと230g!!!

 

次に紹介するTAMRONの広角レンズが2番目に軽くて410gなので、めちゃくちゃ軽いです。

 

「そんなに軽いのって大事?」って思うかもしれないですが、カメラを首から提げて長い時間観光するのを想定すると、少しでも軽いものを選んだ方が負担が減ります。

 

値段も3万円ほどで買うことができるので、とにかく軽いのがほしいって人は、このレンズ1択です!

 

ただ、F値が4.5スタートなので明るさが必要な室内や星空の撮影にはあまり向いていません。

バランスで選ぶなら「TAMRON SP AF10-24」

長所

  • 安い。
  • 軽い。
  • 逆光の写真に強い。

短所

  • 全体的に写りがあまい。

僕が旅にいつも持っていく広角レンズです。

 

僕の使っている一眼レフカメラは「Nikon」ですが、この「TAMRON」のレンズはNikonのカメラに装着して使う事ができます。

 

特徴は安くて軽いということです。

 

値段は3〜4万円で重さは410gです。

 

先ほどのNikonのレンズほどではないですが、広角レンズでは軽い部類にあたります。

 

またF値が3.5スタートなのも嬉しいポイントです。

 

ただ、全体的に写りがあまいと言われていて、四隅のピントがしっかり合わないみたいですが、個人的には全然気になりません。

 

さらに、このTEMRONの広角レンズは進化バージョンも発売されていて、性能が良くなったので、僕ならこのレンズで即決します!

 

僕が実際に使っている実感としては、このレンズより重いレンズは旅行などで持ち歩くには厳しいかなという印象です。

 

また、画質は全然気にならないので、初心者が1番最初に買う広角レンズとしては1番おすすめです。

【広角レンズレビュー】タムロン10-24はバランスのいい初心者におすすめのレンズです!ASP-C専用のタムロンの超広角レンズ。実際1年間以上使用して感じたことを赤裸々に書いています。もし広角レンズの購入でタムロンがきになる方はぜひ参考にしてみてください!...

明るさで選ぶなら「Tokina AT-X 11-20F2.8」

長所

  • F値が2.8ととにかく明るい
  • 広角なのにボケをしっかり作れる
  • 解像度がいい

短所

  • 重い
  • 逆光に弱い

このレンズの魅力は何と言ってもF値が2.8と明るいこと。

 

さらに、明るいだけでなく、しっかりとボケの作った写真も撮ることができます。

 

ただ重さが560gと重いのが欠点。

 

また、値段も7万円弱と先に紹介した2つのレンズよりも少し高価になります。

 

とはいえ、F値が2.8というのは魅力的ですね。

いろんな広角レンズをお得に試せる裏ワザ

ここまで3つの広角レンズを紹介しました。

 

ただ、正直自分にあったレンズがどれなのかわからない・どれが欲しいのかわからない

 

そんな方におすすめなのが「CAMERA RENT」です。

 

カメラの月額サブスクサービスで、月額料金を支払えばいろんなレンズを試すことができまう。

 

月額3,500+税で、Nikonで使える広角レンズを数種類試すことができます。

 

広角レンズ以外にも単焦点レンズ・望遠レンズも使えるので、購入するよりもお得に使えちゃう可能性も!

きょーへい
きょーへい
僕がレンズを買う前にこのサービスがあったら、広角レンズを買うのをやめていたかもと思うくらい魅力的なサービスです!

単純に広角レンズは5万円前後なので、CAMARA RENTの月3,500+税〜ってめちゃくちゃお得ですよね?!

 

しかも、いろんな種類のレンズを使えるので、カメラ好きとしてはたまらないサービスです!

 

もちろん、いろいろ試して購入するのもおすすめなので、一度CAMERA RENTをのぞいてみて損はなしです!

旅行や風景撮影におすすめなNikon広角レンズまとめ

風景写真をダイナミックに撮りたいなら広角レンズ!!!

 

特に旅に出て、風景や建造物などをメインに写真を撮っていきたいと思っている人は絶対に広角レンズを持っていった方がいいです!

 

僕が中南米に行ったときは、標準レンズしか持っていなかったのですが、もう一度広角レンズで写真を撮りたいと思うくらい広角レンズは魅力的です。

 

これからカメラを持ってどこかへでかける、旅へ出るという人は、広角レンズを買わないと後悔します!

 

僕はその後悔をした人の1人です。

 

なので、このブログを読んだ皆さんは、広角レンズを買ってから出発してください!

 

もし、実際に使ってから購入したいという方は、レンタルするのもおすすめです!

▶︎▶︎▶︎【レンタルカメラの魅力と注意点】ReReレンタルを実際に使ってみた【レビュー・口コミ】

 

せっかく一眼レフをもって旅に出るなら広角レンズをもってダイナミックな写真をたくさん撮ってください!

 

▼今買うならこれがおすすめ!

 

▼軽さと安さで選ぶならこれ!

 

▼とにかく明るいレンズならこれ!

 

最後まで読んでいただきありがとうございます!

【広角レンズレビュー】タムロン10-24はバランスのいい初心者におすすめのレンズです!ASP-C専用のタムロンの超広角レンズ。実際1年間以上使用して感じたことを赤裸々に書いています。もし広角レンズの購入でタムロンがきになる方はぜひ参考にしてみてください!...

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください