バンコク

【ピンクガネーシャの行き方】バンコクから日帰り観光で願いを叶える!

きょーへい
きょーへい
最速で願いを叶えてくれると噂の「ピンクガネーシャ」にあってきました!

行き方や願いを叶える方法を紹介します!

こんにちは!きょーへい(@k_zuma_fmty)です。

 

願い事を叶えてくれるピンクガネーシャって知ってますか?

 

バンコクから少し離れたチャチュンサオと言う街に巨大なピングガネーシャがいるんです!

 

このピンクガネーシャは願いを叶えてくれることで有名です。

 

ピンクガネーシャがいるのはいる「ワットサマン」。

 

バンコクから日帰りで行くことができるので人気な観光スポットです。

 

また、ピンクガネーシャのいるワットサマンの近くには、ワットソートンと言うお寺もあります。

 

このワットソートンはタイ国内で2番目に参拝者が多いお寺。

 

観光客は少ないですが、めちゃくちゃおすすめです!

 

と言うことで、ピンクガネーシャのいるワットサマンとワットソートンの行き方を紹介します。

ピンクガネーシャ行き方紹介
バンコクからロットゥーでチャチュンサオへ!

ワット・サマンがあるのは、バンコクから東のチャチュンサオという街です。

バンコクからロットゥーというバンに乗ってチャチュンサオにいき、そこからソンテウという乗り合いのタクシーのでワット・サマンに行くことができます。

まずはロットゥー(乗り合いバス)でチャチュンサオへ!

まず、バンコクからチャチュンサオへ行きます。

 

チャチュンサオへはロットゥー(乗り合いバス)で行くのですが、そのロットゥーはエカマイバスステーションから出ています。

BTSのエカマイ駅の2番出口から歩いてすぐです。

 

エカマイ駅に着いたら、2番出口の階段を下り、反対方向に(目の前にあるショッピングモールに背を向けて)真っすぐ進むと左側にバスターミナルがあります

 

バスステーションに入ったら正面右手にピンクガネーシャ行きのチケットを買う場所があります。

「ピンクガネーシャ」とカタカナで書いてあるのですぐわかるはずです。

 

チケットは片道1人99バーツ(約336円)。

実際はチャチュンサオのバスステーションが終点です

チケットを買うと窓口の人が、ロットゥーの乗り場まで案内してくれました。

出発は朝の8:20で到着が9:40予定。

 

ちなみにこのバスステーションには無料のトイレがあるので、出発前に行っておきましょう。

 

ロットゥーは時間通りにチャチュンサオのバスステーションに到着しました。

  • 料金:片道1人99バーツ(約336円)
  • 時間:朝の8:20発、9:40到着予定

チャチュンサオからソンテウに乗ってピンクガネーシャへ

ロットゥーを降りると目の前にワット・サマンにいくソンテウが停まっているので乗りこんでください。

 

ソンテウはこんな感じの乗り物です。

ソンテウは出発時間はなく、一定数の人が乗ってきたら出発します。

 

僕らのときは運良くちょうど人が集まったのですぐ出発しましたが、30分くらい待つこともあるらしいです。

 

ソンテウは1人30バーツ(約102円)。

 

ソンテウに乗ること30分ほどでワット・サマンに到着。

 

ソンテウを降りたところに帰りのソンテウがくる時間が書いてあるので写真を撮っておきましょう。

多分最終が18:00なので遅い時間に行く人は気をつけてください。

個人でも行けますが送迎のみのサービスもあります。

パンダバスなら観光は自由にできる送迎のみのサービスがあります。

バスやソンテウはちょっと難しいかもなと感じた方はぜひチェックしてみてください!

▶︎▶︎▶︎パンダバスの往復送迎サービスはこちら

ピンクガネーシャ行き方紹介
ピンクガネーシャに願いを伝える方法!

きょーへい
きょーへい
ピンクガネーシャには願いを叶えてもらう方法があります!

ワット・サマンに到着しソンテウを降りた後、少し歩くと願いを叶えてくれるピンクガネーシャがいます。

めちゃくちゃでかい。

 

願いを叶えてくれるので有名ですが、このピンクガネーシャに直接お願いごとを言っても叶えてくれません。

 

ピンクガネーシャに願い事をするには、まずピンクガネーシャの使いであるネズミに願い事を伝えます。

この写真の手前にいるのがそのネズミ。

 

ピンクガネーシャを囲むように数種類の色のネズミがいます。

 

自分が生まれた曜日によって、どの色のネズミに願いを伝えるのかが決まっています。

  • 月:黄色
  • 火:ピンク
  • 水:緑
  • 木:オレンジ
  • 金:青
  • 土:紫
  • 日:赤

それぞれの色のネズミにお賽銭を入れて願いを伝えます。

僕は火曜日生まれなのでピンクのネズミ。

きょーへい
きょーへい
伝えるときは片方の耳に直接話しかけながら、もう片方の耳を塞がないといけないみたいです。

これできっと、ネズミがピンクガネーシャに伝えてくれるはず。

 

ピンクガネーシャのあるワット・サマンは入場料はありません。

 

ただ20バーツ(約68円)でお供えのお花などを購入できるのでお供えもしてきました。

ここで箱に20バーツを入れてお供え物を貰うことができます。

お花、お線香、ロウソク、金粉です。

 

ピンクガネーシャの正面にお供えをする小屋のようなものがあるのでやっている人をマネしてやってきました。

 

ピンクガネーシャ行き方紹介
ピンクガネーシャだけじゃない巨大な銅像たち

ワット・サマンはピンクガネーシャだけじゃないんです。

 

テーマパークのような雰囲気でいろいろな銅像がいます。

 

まずはソンテウを降りたすぐの場所。

いきなり巨大な像。

 

奥に進むと巨大な銅像が2体。

とにかくでかい!

 

ピンクガネーシャも大きいんだけど、それの大きさが霞むくらい大きい。

 

さらに一休さん。

これは大きくはないし普通かと思いきや、隣に並んでいる坊さんに注目。

おしゃれ…

 

一人一人お賽銭箱を持っているのもなんかちょっと…

 

そしてなぜかトランスフォーマー。

もうわけがわからない。

 

他にもやたら長い竜がいたり、ピカチュウがいたり、アイアンマンがいたり…

 

何でもありのテーマパークっていう感じで見所満載でした。

ピンクガネーシャ行き方紹介
ピンクガネーシャに行ったらワットソートンも行こう

ピンクガネーシャのあとはワットソートンという場所に行きました。

 

ワット・ソートンは観光客には馴染みがないですが、タイの人は必ず知っているお寺で、タイで2番目に参拝する人が多いお寺です。

 

ワット・ソートンにはピンクガネーシャからトゥクトゥクで行くことができます。

僕たちはピンクガネーシャからソンテウに乗って1人50バーツ(約170円)で行ってもらいました。

 

ワット・ソートンの外観はこれ。

タイで見たどの建物よりも立派で壮大なお寺。

 

中はこんな感じ。

金ぴかの仏様。

 

床には海の中のような絵が書いてあります。

何の生物なのかは不明ですが不思議な世界感。

 

あとで調べたところお祈りする本堂は隣のプレハブみたいな建物らしいです。

ピンクガネーシャ行き方紹介
ピンクガネーシャのおすすめツアー!

現地で個人で行くとかなり格安ですが、やはり少し難易度が高いのが懸念材料です。

 

 

そんなときは現地ツアーをお得に使いましょう!

 

ということでおすすめのツアーを2つと送迎サービスを紹介します!

 

すべてパンダバスという現地ツアーの手配などをしている会社です。

 

いろんなツアー会社を見ていますが、安くて口コミのいい安心できる会社です!

自由に観光できる送迎サービス(土日限定)

まずは送迎のみのサービスです。

 

バンコクからピンクガネーシャまで直行で往復してくれます。

 

個人で行くとバスに乗ったりソンテウに乗り換えたり、結構大変です。

 

このツアーは観光は自由にできるので、送迎だけなんとかならないかなという人にはぴったりです。

送迎サービスの詳細はこちら

フォトジェニック+アユタヤ(象乗り体験)ツアー

今回紹介しているピンクガネーシャに加えて、ワットパクナムと鉄道市場、アユタヤ遺跡の観光がセットになった贅沢ツアーです!

ピンクガネーシャとワットパクナム、鉄道市場の3ヶ所のツアーはよくありますが、これにアユタヤも観光できるツアーはなかなかない贅沢ツアーです!

ワットパクナムは最近バンコクで1番ホットなお寺で、まるで宇宙のようなお寺の内部は必見です!

▶︎▶︎▶︎まるで宇宙?!ワットパクナムへ空港から行ってきた!【行き方・ツアー・観光の注意点】

 

さらに世界遺産のアユタヤ遺跡も観光できて、象乗り体験もついてきます!

 

ランチやタイパンツのプレゼントなど満足度の高いツアーです!

 

1日でこれだけ観光するのは個人では至難の技なので、日程が限られている方におすすめです!

フォトジェニック+アユタヤ遺跡ツアーの詳細はこちら

チェチュンサオ満喫のツアー

この記事で紹介した2つのお寺を満喫できるツアーです。

 

バンコクで2番目に参拝客の多い「ワットソートーン」に行けるツアーは本当に少ないんです。

 

個人的にはピンクガネーシャに行くなら行って欲しいお寺です。

 

日程に余裕のある方は半日のツアーなので、ぜひチェックしてみてください!

 

チェチュンサオ満喫ツアーの詳細はこちら

ピンクガネーシャ行き方紹介
バンコクから隣町で願いを叶えに行こう!

願い事を叶えてくれるピンクガネーシャ。

 

行ってみたらめちゃくちゃ大きくて、さらに大きな銅像がたくさんいて、関係ないキャラクターもたくさんいて、もう願い事が叶わなくてもいいかなってくらい満足した場所でした。

 

少しバンコクから遠いですが、バンコク旅行の際にはピンクガネーシャに願い事を伝えに行きましょう!

パンダバスなら観光は自由にできる送迎のみのサービスがあります。

バスやソンテウはちょっと難しいかもなと感じた方はぜひチェックしてみてください!

▶︎▶︎▶︎パンダバスの往復送迎サービスはこちら

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください