バンコク

最速で願いが叶うピンクガネーシャの行き方【現地ツアー・楽しみ方も紹介】

きょーへい
きょーへい
最速で願いを叶えてくれると噂の「ピンクガネーシャ」にいってきました!

バンコクからの行き方や願いを叶える方法を紹介します!

どうも、きょーへいです。

 

願いが叶って、テーマパークのように楽しい観光スポットがあったら行きたいと思いませんか?

 

タイにある「ワット・サマーン・ラッタナラーム」には、願いを叶えてくれる巨大なピンクガネーシャがいます。

 

ちゃんとしたお寺でパワースポットなのですが、巨大な仏像やかわいい一休さん(?)がいるユニークな場所です。

 

行き方・お得な現地ツアー・願いの叶え方をまとめたので、ぜひ参考にしてください!

バンコクからピンクガネーシャへの行き方

ピンクガネーシャへの行き方

バンコクからピンクガネーシャへ個人で行く方法は大きく3つあります。

  1. ロットゥー&ソンテウ
  2. 電車&ソンテウ
  3. タクシー

上に書いた3つのうち、おすすめは1番上の「ロットゥー&ソンテウ」です。

きょーへい
きょーへい
ロットゥーは10人乗りくらいのミニバス、ソンテウは乗合タクシーのことです。

理由は他の2つが微妙だから。

 

電車に関しては本数が少なく乗り心地もよくないのでなし。

 

タクシーは、チャーターして往復だいたい2,000バーツ(7,000円弱)と高いです。

 

4人集まればタクシーもありかなという感じ。

 

ただ、ロットゥー&ソンテウなら往復260バーツ(約900円)で行けるので、安く行きたいならロットゥー&ソンテウ一択です。

きょーへい
きょーへい
1番安く行けてローカル感のある移動が楽しめますが、少し面倒です。

ピンクガネーシャのいる場所

ピンクガネーシャは、バンコクの東チャチュンサオという街にいます。

バンコクからチャチュンサオへは、車でも1時間30分ほどかかります。

 

やや遠いですが、その分バンコクとは違った雰囲気を楽しめますよ!

まずはロットゥー(ミニバス)でチャチュンサオへ!

きょーへい
きょーへい
ピンクガネーシャへ行くには、まずロットゥーにのってチャチュンサオへ行きます!

まず、バンコクからチャチュンサオへ。

 

チャチュンサオへ行くロットゥーは、バンコクのエカマイバスステーションから出発します。

バンコクの各駅から電車に乗って、BTSエカマイ駅の2番出口から歩いてすぐです。

 

エカマイ駅2番出口の階段を下り、反対方向に(目の前にあるショッピングモールに背を向けて)真っすぐ進むと左側にバスターミナルがあります。

きょーへい
きょーへい
タイは親切な人が多いので、わからなかったら勇気を出して聞いてみてください!

バスステーションに入ったら正面右手にピンクガネーシャ行きのチケットを買う場所があります。

カタカナで「ピンクガネーシャ」って書いてくれてます。

 

チケットは片道1人99バーツ(約340円)。

 

チケットを買うと窓口の人が、ロットゥーの乗り場まで案内してくれました。

出発は朝の8:20で到着が9:40予定。

きょーへい
きょーへい
時間はチケットカウンターに行くと1番早い時間のバスを案内してくれますよ!

このバスステーションは無料のトイレがあるので、出発前に行っておいてください。

  • 料金:片道1人99バーツ(約336円)
  • 所用時間:1時間30分くらい

チャチュンサオからソンテウに乗ってピンクガネーシャへ

ロットゥーを降りると目の前にワット・サマンにいくソンテウが停まっているので乗りこんでください。

 

不安な場合は、先に乗っている人や運転手っぽい人に「ワット・サマーン?」って聞いてから乗り込めば間違えることはなし!

 

ソンテウはこんな感じの乗り物です。

ソンテウはチケットや出発時間はなく、一定数の人が乗ってきたら出発します。

きょーへい
きょーへい
僕らは運よく、乗ったらすぐ出発しました!

ソンテウは1人30バーツ(約100円)。

 

ソンテウに乗ること30分ほどでピンクガネーシャのいるワット・サマーン・ラッタナラームに到着。

 

ソンテウを降りたところに帰りのソンテウがくる時間が書いてあるので写真を撮っておきましょう。

料金:30バーツ(約100円)

所要時間:30分くらい

ピンクガネーシャに行けるおすすめ現地ツアー

ピンクガネーシャの現地ツアー
あや
あや
個人で行くのは大変そうだし、時間も限られるから効率よく観光できたら嬉しいな

そんな方へ、おすすめの現地ツアーも紹介します。

 

現地ツアーは本当にたくさんの会社が出しています。

これらのツアーを見てみると、同じようなツアーでも料金が違ってくるんですよね。

 

そこで、いろいろ比較しておすすめの現地ツアーを3つ厳選しました。

自由に観光できる送迎サービス

あや
あや
観光は自由にしたいけど、個人で行くのはちょっと大変そう……

そんな方におすすめなのが、パンダバス催行の送迎サービスです。

 

値段は1人700バーツ(約2,400円)。

 

朝バンコクを出発してお昼過ぎに帰ってくる送迎サービスです。

 

個人で行くよりは高いとはいえ、確実に行けて時間のロスもないのが魅力です。

きょーへい
きょーへい
ツアーの特典として、バス内でのWi-fiサービスと、周辺マップやお祈りの方法など観光情報が用意されていますよ!

あや
あや
送迎だけでも観光を楽しめそうだし、バスのなかで調べ物もできるね!

観光は自由にしたいから送迎だけしてもらいたいという方はチェックしてください!

パンダバス送迎ツアーを見てみる

1日で効率よく観光できるフォトジェニックツアー

あや
あや
ピンクガネーシャだけじゃなくて、いろんな観光スポットを効率よく1日で観光できるツアーはないのかな?

そんな方におすすめなのが、フォトジェニックツアーです。

 

ピンクガネーシャに加えて、ワットパクナムと鉄道市場がセットになったツアーです。

関連記事→まるで宇宙?!ワットパクナムへ空港から行ってきた!【行き方・ツアー・観光の注意点】

きょーへい
きょーへい
この3つを自力で一気に観光するのはなかなか難しいです!

このツアーは各ツアー会社が出しています。

 

その中でも僕がいいなと思ったのは、タビナカが出しているツアー。

おすすめポイント

  • 日本語ガイド付き
  • 7,900円で割引していることも多い
  • 午後出発だからのんびりできる
  • 高評価の口コミが多い
  • 追加料金なしで事故などの保険が付いている

タビナカは、多くの海外ツアーを販売している日本の会社なので信頼度は間違いなし。

 

午前中はのんびりして、午後から効率よく観光できます。

あや
あや
これなら、日程に余裕がなくても観光を満喫できそうだね!

きょーへい
きょーへい
効率よくバンコクの観光スポットを楽しみたい人におすすめだよ!

\バンコクで1番人気のツアーです/

タビナカのツアーを見てみる

現地からでも予約できます!

チャチュンサオ満喫のツアー

あや
あや
せっかく隣町に行くんだから、チャチュンサオを楽しみたいな

そんな方はパンダバスの「チャチュンサオ半日観光ツアー」がおすすめです。

 

ピンクガネーシャ+百年市場,ワット・ソートーンに行くことができます。

きょーへい
きょーへい
ワット・ソートーンはタイで2番目に参拝者の多いお寺です!

この後ワット・ソートーンに行ったときの写真なども紹介しますが、すごく立派な建物でチャチュンサオに行ったら必見のお寺です。

 

午前中出発でお昼過ぎには帰ってくるツアーなので、ぜひチェックしてみてください!

チェチュンサオ満喫ツアーの詳細はこちら

ピンクガネーシャの楽しみ方(願いを叶える方法)

ピンクガネーシャの楽しみ方

ここからは、実際にピンクガネーシャに行ったときの写真を使いながら楽しみ方・願い事の仕方を紹介します!

ピンクガネーシャに願い事を伝える

ワット・サマーンに到着し、少し歩くと巨大なピンクガネーシャがいます。

このガネーシャが最速で願いを叶えてくれるという神様です。

 

ただ、ピンクガネーシャに直接お願いごとを言っても叶えてくれません。

 

願い事を叶えるためには、ガネーシャの使いのネズミに願い事を伝えます。

この写真の手前にいるのがそのネズミ。

 

ピンクガネーシャを囲むように数種類の色のネズミがいます。

 

自分が生まれた曜日によって、どの色のネズミに願いを伝えるのかが決まっています。

  • 月→黄色
  • 火→ピンク
  • 水→緑
  • 木→オレンジ
  • 金→青
  • 土→紫
  • 日→赤
きょーへい
きょーへい
生まれた曜日は事前に調べておきましょう!

それぞれの色のネズミにお賽銭を入れて願いを伝えます。

僕は火曜日生まれなのでピンクのネズミ。

 

伝えるときは片方の耳に直接話しかけながら、もう片方の耳を塞がないといけないみたいです。

これできっと、ネズミがピンクガネーシャに伝えてくれるはず…!

ピンクガネーシャにお供えをする

ワット・サマーンには入場料がありません。

 

その代わりに、誰でもお供えの花などを購入してお供えすることができます。

 

お供えの花などは20バーツ(約70円)。

ここで箱に20バーツを入れてお供え物を貰うことができます。

お花、お線香、ロウソク、金粉です。

 

ピンクガネーシャの正面にお供えをする小屋があるので、やっている人をマネしながらお供えしてみてください!

巨大な銅像も見応えあり

ワット・サマーンの見所はピンクガネーシャだけじゃないんです。

 

テーマパークのような雰囲気でいろいろな銅像がいます。

 

まずはソンテウを降りたすぐの場所。

いきなり巨大な像。

 

奥に進むと巨大な銅像が2体。

とにかくでかい!

 

ピンクガネーシャも大きいんだけど、それの大きさが霞むくらい大きい銅像がたくさんあります。

 

さらに一休さん。

これは大きくはないし普通かと思いきや、隣に並んでいる坊さんに注目。

おしゃれ…

 

一人一人お賽銭箱を持っているのもユニークですよね。

 

そしてなぜかトランスフォーマー。

もうわけがわからない。

 

他にもやたら長い竜がいたり、ピカチュウがいたり、アイアンマンがいたり…

 

神聖な場所なのに、なんでもありのテーマパークのようで、歩けば歩くほど面白い発見のあるお寺です!

ワット・ソートーンにも行ってみる

ピンクガネーシャのあとはワットソートーンという場所に行きました。

 

観光客には馴染みがないですが、無病息災にご利益がありタイで2番目に参拝する人が多いお寺です。

 

ピンクガネーシャからソンテウやトゥクトゥクで行くことができます。

▲川沿いにある「ワット サマン ラッタナラーム」がピンクガネーシャです。

 

僕たちはピンクガネーシャからソンテウに乗って1人50バーツ(約170円)で行ってもらいました。

きょーへい
きょーへい
チャチュンサオのバスターミナルに帰るよりも20バーツ、日本円でたった70円で行ってくれました!

ワット・ソートーンの外観はこれ。

ワット・ソートーン

タイで見たどの建物よりも立派で壮大なお寺。

 

中はこんな感じ。

金ぴかの仏様。

 

床には海の中のような絵が書いてあります。

何の生物なのかは不明ですが不思議な世界感。

 

ピンクガネーシャに行ったら、少し足を伸ばして地元の人に混じって無病息災のお願い事をしてみてください!

 

ピンクガネーシャ以外のバンコク観光情報はこちら

▼世界遺産アユタヤ遺跡

【安くて快適!】バンコクからアユタヤ遺跡へ電車とロットゥーでの行き方&帰り方まとめバンコクからアユタヤ遺跡への行き方をまとめました!おすすめは電車で行ってロットゥーで帰ること。チケットの買い方や実際の様子をまとめたので、アユタヤへの行き方に悩んでいるなら要チェックです!...

▼まるで宇宙なワット・パクナム

まるで宇宙?!ワットパクナムへ空港から行ってきた!【行き方・ツアー・観光の注意点】こんにちは!きょーへい(@k_zuma_fmty)です。 今回はバンコクで今1番ホットな観光スポットの「ワットパクナム」について書...

▼お土産買うならウィークエンド・マーケット

【タイで大人気】ネーム入りパスポートケースを作るならバンコクの「ウェークエンドマーケット」へ!バンコクで作れる革製のパスポートケース。実際に作ってきたので、場所や値段、その時の様子をまとめました!安いのに作りがしっかりしていてお土産にもおすすめです!バンコクに行ったらぜひ作りに行ってください!...

▼涼しい穴場観光スポット

バンコクおすすめ観光スポット「Terminal21」
バンコク観光に飽きたら「Terminal21」がおすすめ!【タイ旅行】東南アジアを旅行しているとお寺が有りすぎて飽きませんか???そんなあなたにぴったりの場所を紹介します!きっとなかなか味わうことのできない面白い経験ができますよ!...
いまだけ!ポケットWi-Fiが半額!

海外旅行中にいつでもWi-Fiが使えるポケットWi-Fi。

 

「イモトのWi-Fi」なら5/31日までレンタル料金半額&受け取り手数料無料です!

 

お得にWi-Fiを使えるチャンス!

 

事前申し込み&専用申し込みフォームから限定なので、旅行の日程が決まっている方は早めに申し込みへ!

【イモトのWi-Fi】50%オフキャンペーンはこちらから

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください