LCCまとめ

エアアジアで予約するときの7つの注意点。手荷物は?キャンセル・変更は?

主に東南アジアへ旅行するときに使われる「エアアジア」

 

安い航空券を探すとよく出てくる会社です。

 

僕自身、東南アジアへ行くときによく利用するエアアジア。

 

エアアジアはLCC(格安航空券)なので予約の際に注意しなければいけないことがいくつかあります。

  • 預け荷物で追加料金がかかるって本当?
  • 機内持ち込みの荷物はどれくらいの大きさ(重さ)までいいの?
  • 機内食などのサービスはあるの?
  • キャンセルや便の変更ってできるの?

そんな悩みを僕自身の体験談も交えながら解決していきます。

 

エアアジアってどんな航空会社?

まずはエアアジアがどんな航空会社なのかを少しだけ説明していきます。

 

エアアジアはマレーシアの首都クアラルンプールに拠点を置く格安航空会社です。

 

アジアを中心に96都市に就航しています。

 

日本からだと、マレーシア・タイ・ミャンマーに行くときに1番安い航空券としてよく使われています。

 

格安航空会社というだけあって、航空券の値段はとても安いです。

 

そのぶん、サービスは簡素化されているので、航空券の予約の際にはいくつか注意しなければいけません。

 

 

 

エアアジアの航空券を予約する際の7つの注意点。

ということで早速エアアジアの予約をする際の注意点をまとめていきます。

 

これさえ注意すれば、「旅行のスタートでいきなりトラブルが…」なんてことを防ぐことができるのでぜひ参考にしてください!

ここで出てくる料金は羽田〜クアラルンプール間の航空券を例にするので、他の航路だと値段が違うことがあるのでご了承ください。

 

荷物の預け入れにもお金がかかる!

普段何気なく荷物を預けて飛行機に乗っている人は注意してください! 

 

エアアジアは荷物の預け入れに追加料金がかかります。

 

さらに預ける荷物の大きさや重さにも制限があります。

  • 重さ:1個あたり32kgまで、合計でも40kgまで。
  • 大きさ:最大119cm×119cm×81cm、または3辺の合計が319cm以内。
  • 数量:何個でも可能。

 

預け荷物の料金は以下の通りです。

予約時の預け荷物の値段。

予約後に追加で預け荷物を申し込むときの値段。

 

空港カウンターで預け荷物を申し込む場合は15kgまでは10,000円。

それ以上になる場合は1kgごとに2,200円かかります。

 

正直めちゃくちゃ高いので、機内に持ち込むか、事前に予約するのがマストです! 

 

重さ予約のとき予約の変更空港カウンター
15kg  10,000円
20kg4,600円5,300円 
25kg5,700円6,500円 
30kg6,800円7,900円 
40kg9,000円10,400円 

 

機内持ち込み荷物の大きさ・重さに注意!

荷物を預けるのに追加料金がいるので、荷物は機内持ち込みだけにしようと思っている方。

 

機内持ち込みにも大きさ・重さ制限があるので注意が必要です。

(参照:AirAsiaカスタマーサポート

大きさは上の写真の通りで、重量は7kgまでです。

7kgまでとなっていますが、8kg未満ならだいたい大丈夫です。

ただ、公式では7kgまでとなっているので、自己責任でお願いします。

 

バックパックなら40〜45ℓの大きさなら機内に持ち込めます。

 

僕はミレーの40+5ℓのバックパックをいつも機内に持ち込んでいます。

▶︎▶︎▶︎【LCCの機内持ち込みならこれ!】おすすめバックパック「ミレーのSAAS FEE40+5」を選んだたった1つの理由。

 

公式サイトには2つの合計が7kgまでとなっていますが、僕は大きなバックパックしか重さを測られたことがなく、サブバックはいつも背負ったままです。

 

なので、どうしても7kgを超えてしまう場合は重い物をサブバックかアウターのポケットに詰め込むのが裏技です。

▶︎▶︎▶︎旅にもプライベートにも使える!大きさも機能も防犯にも最適なMILESTOのおすすめサブバック。

 

最近は厳しくなっているようで、2つの合計で測られることが多いみたいです!

 

また、国際線では液体の機内持ち込みが制限されています。

 

持ち込めるのは、

  • 100ml以下の容器に入っている
  • ジップロックのような透明な密閉できる物に合計1リットル以下
  • ジップロックは4辺の合計が80cm以下

のものです。

 

メインのバックを持ち込む際は、シャンプーやヘアワックス歯磨き粉などに注意してください。

 

座席の指定は有料!

ANAやJALでは無料でできる座席の指定は、エアアジアでは有料です。

 

座席はランクによりますが、高いところで6,000円以上! 

 

前の座席がなく足が伸ばせたり、飛行機前方の座席ほど高い傾向にあります。

 

ちなみに、足元のスペースが広い「ホットシート」という座席があって1度乗ったことがあるのですが、気持ち広いかなくらいでした。

 

正直、数千円払うほどの席ではないです。

 

機内食もや機内サービスはオプションで追加が必要

飛行機の機内食や機内エンターテイメントを楽しみにしてる人もいるのではないでしょうか?

 

僕もその1人なのですが、エアアジアでの機内サービスはすべて有料オプションです。

 

まずは機内食▼

僕は1度も食べたことがないのですが、近くに食べている人がいるといい香りがしてきてお腹が空きます…

 

そして、エアアジアは飲食物の機内持ち込みが禁止されているので、飛行機の中で食事をするなら機内食を買うしか方法がありません。

 

どうしても飛行機の中でご飯が食べたい人は購入してください。

 

僕は、飛行機に乗る前や到着後、乗り継ぎの空港ラウンジでご飯を食べるようにしています。

▶︎▶︎▶︎旅の初心者におすすめの魔法のカード。世界中のラウンジを使える「プライオリティパス」のお得な入手方法

 

ちょっと寒いなと思ったときのブランケットや機内エンターテイメントも追加で料金が必要です。

またエアアジアの機内は温度が低いとも言われているので、必ず羽織るものを持っていきましょう!

 

僕は、パーカーとストールを持ち込むようにしています。

 

また、機内での映画などもないため、機内での暇つぶしは本を読んでいることが多いです。

▶︎▶︎▶︎読書が苦手でもサクッと読める!旅行に持って行きたいおすすめ本5選。

 

僕の周りの旅好きの人たちは、amazonプライムで映画をダウンロードして機内で見ている人が多いです。

▶︎▶︎▶︎amazonプライムの詳細をみる

 

その他にもエアアジアの機内を快適にするためのグッズを紹介した記事も書いているので参考にしてみてください。

LCCの飛行機内でも快適に過ごす!【暇つぶしグッズ&過ごし方5選】飛行機の機内で何してますか?僕がLCCでも快適に過ごせている暇つぶしグッズを紹介します!これであなたも機内でのんびり過ごしませんか?...

 

航空券のキャンセルや変更はできる?

エアアジはは基本的にチケットの無料キャンセルや払い戻しはできないようになっています。

 

ただ、飛行機が飛ばないなどのエアアジア側の問題の場合は、エアアジアのお客様フォーム(https://support.airasia.com/s/customcontactsupport?language=ja)から返金手続きが可能です。

 

ちなみに、羽田〜クアラルンプール間のキャンセル料は6,000円かかります。

 

フライトの変更は出発の48時間以内であれば可能です。

▼まずは会員登録ごマイページの予約管理画面にいって、変更したいフライトを選びます。

▼旅程の変更をクリックして出発日の変更をクリックしてあとは指示に従うだけです。

変更できるのは日時のみで、もちろん手数料が発生します。

羽田〜クアラルンプール間は1人あたり8,250円です。

 

変更手数料・取消し料が気になる方は下記URLで簡単に調べられます。

https://www.airasia.com/jp/ja/our-fares/fees-and-charges.page

 

乗り継ぎ便のフライトが飛ばなくなったら補償はあるの?

エアアジアでどこかを乗り継ぎして目的地に行く場合は注意が必要です。

 

もし、最初の便が飛行機トラブルや台風などの天候によるトラブルで遅れて、接続便(次の便)に乗れない場合。

 

マレーシアのクアラルンプール、タイのバンコク(ドンムアン空港)経由の航空券で同じ予約番号ならフライスルー・サービスが使えます。

 

フライスルー・サービス…最初の飛行機が遅れた場合次の飛行機を無料で変更してくれます。

 

また、経由地への到着が夜で次のフライトが翌朝の場合、無料でホテルの手配、ホテルまでの交通費、食事を負担してくれます。

 

僕は日本からクアラルンプール経由でミャンマーに行った際に、台風でクアラルンプール行きの飛行機が大幅に遅れて、クアラルンプールに1泊したことがあります。

 

このときは、羽田空港で使えるお食事券・クアラルンプールでの夕食・クアラルンプールのホテル・ミャンマーへの別便の航空券を無料で用意してくれました。

関連記事:出発から波瀾万丈?!日本からミャンマーまで32時間の旅。

 

ただ、クアラルンプール、ドンムアン空港以外の空港での経由便や、経由地までと目的地までの航空券を別々で購入した場合は、フライスルー・サービスの対象外となります。

 

なので、目的地までの航空券の補償やホテルの無料手配はないので注意してください。

 

この場合は、ご自身で乗れなかったフライトのキャンセル、新しい航空券の手配をする必要があります。

 

最後に日付の確認をお忘れなく!!!

最後に日付の確認を必ずしてください!

 

「そんなの普通でしょ」って思っている人ほどしてください。

 

確認して欲しいのは日付というよりも西暦年数です!

 

エアアジアでは1年後の航空券も普通に買うことができるんです。

 

「いやいやいや、来年の航空券を間違えて買うなんてありえないでしょ」

 

そう思いますよね?僕も同じことを思っています。

 

ただ、今年(2018年)だけで僕の友達2人が、翌年の航空券を買うという失態をおかしています。

 

1人に関しては空港のチェックインカウンターで指摘されて、2万円の航空券に追加で4万円払ってその日のフライトに変更してもらっていました。

関連記事:クアラルンプールで乗り継ぎなら観光しなきゃ損!トランジット満喫のモデルプラン紹介!

 

無駄なお金を払いたくない人は、しっかりと日付と年数を確認してください!

 

 

エアアジアでお得にサービスを受けるならパッケージサービス!

もし荷物を預けたいし、機内食も欲しいし、座席も選びた。

 

そんな要望があるなら個別で申し込むよりも、パッケージを選んだ方がお得です。

 

例えば羽田〜クアラルンプールのフライトだと、

  • 預け荷物(20kg):4,600円
  • 座席指定(標準座席):1,749〜1,849円
  • 機内食:525円〜

で合計7,000円ほどかかってしまいます。

 

これがバリューパックなら5,946円で3つのサービスを受けることができます。

僕みたいに荷物は機内持ち込みで、座席はどこでもよくて、機内食もいらないって人は必要ありません。

 

ただ、荷物を預けたくて座席も選びたいって人はバリューパックがお得です。

 

おわりに

とても安い航空券で魅力的なエアアジア。

 

価格だけに飛びついてしまうと、余計なお金が追加でかかってしまって、気づいたらANAやJALの方が安くなってるなんてこともあります。

 

エアアジアをはじめとするLCCは、基本的にサービスはなしと考えてください。

 

そして、自分の旅行にどんなサービスが必要なのかをしっかり把握してから、航空券を予約するようにしてください。

 

そしてそして、翌年の航空券と間違えないように気をつけてください!

 

最後まで読んでいただいてありがとうございます。

 

LCCの飛行機内でも快適に過ごす!【暇つぶしグッズ&過ごし方5選】飛行機の機内で何してますか?僕がLCCでも快適に過ごせている暇つぶしグッズを紹介します!これであなたも機内でのんびり過ごしませんか?...

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください