ウユニ

ペルーからボリビアへ陸路で国境越え!リマ→プーノ→ラパス→ウユニのバス移動。

こんにちは!

中南米でバックパッカーデビューのきょーへい(@k_zuma_fmty)です。

リマのお宿桜子で旅人との交流を楽しんだ後は、一気にウユニへ向かいました。

リマからウユニへは全てバス移動。

ざっくり行きかたを書くと、

リマ→プーノ(1泊)→ラパス→ウユニ

です。

リマからプーノは22時間。

プーノからラパスへは途中ボリビアのコパカバーナという街でバスを乗り換えて10時間。

ラパスからウユニは夜行バスで9時間半。

バスを乗り換えたり、プーノで1泊したりしましたが、リマから一気にウユニへバスで行くならこれが1番効率のいい移動です。

では、1つずつ見ていきましょう!

まずはリマからプーノへ。大好きなCIVAのバス。

まずはプーノというボリビアとの国境にあるペルーの街に行きます。

プーノまでは今回の旅3回目で大好きなCIVA社のバス。

軽く調べたらリマからプーノへダイレクトで行くバスはこの会社のみ。

値段は2階のセミカマ席で100ソル(約3500円)。

アレキパ経由だともう少し安く行くこともできるみたいですが、面倒なのでパス。

バスは昼発のみで、僕が乗ったのは12:45発。

ここから約22時間のバス旅で、到着予定はお昼の11:00すぎ。

  • バス会社:CIVA
  • 値段:100ソル(約3,500円)
  • 出発時間:12:45
  • 到着時間:翌日の11:00

▼CIVAの出発場所はこちらに書いてます▼

リマからクスコのバス移動。CIVA社なら安くて快適な移動ができる!

今回の席は大好きな一番前。

しっかりと景色が見えておすすめ。

前回リマからクスコへ移動したときのように、ブランケットと簡単な夕食、朝食付き。

さらに、なぜか昼食もついてました。

途中フリアカと言う街で人を降ろしてプーノに近づくとチチカカ湖が見えてきました。

目の前に広がる街がプーノで、チチカカ湖はペルーとボリビアを隔てている湖です。

プーの到着は予定通りの11:00ごろでした。

プーノの宿「MANCO CAPAC」と街並み

プーノのバスターミナルはチチカカ湖のすぐ近く。

街までは歩いて10分ほどで行くことができます。

ターミナルに付いたら翌日のラパスまでのバスチケットを買って、「MANCO CAPAC」という宿へ。

1泊30ソル(約1050円)でWi-Fiはまあまあ。

ドミトリーだったのですが、人がいなかったので1人部屋でした。

予約はこちらから▶︎▶︎▶︎Booking.comで「MANCO CAPAC」の最安料金を調べる

少しゆっくりしたら街歩き。

プーノに来たらなんといってもチチカカ湖。

プーノは標高が4000m以上あるので、この湖は富士山より高い場所にある湖になります。

そして、チチカカ湖は10万年以上存続しているとても珍しい古代湖です。

なんだか、とんでもない奇跡を目の前にしている気分になりました。

チチカカ湖以外にも教会があったり、もっとゆっくり見て回りたくなる街でした。

 ついにボリビアへ。プーノからラパスのバス。

プーノからラパスへのバスは数社あって、時間は全て6:00、7:00、14:00の3便。

僕が乗ったバスは「TITICACA」という会社のもの。

このバスにした理由は「チチカカ」って名前がいい感じだったから。

6:00発で40ソル(約1400円)でした。

  • バス会社:TITICACA
  • 値段:40ソル(約1400円)
  • 出発時間:6:00
  • 到着時間:18:00
  • 特記事項:コパカバーナで1度乗り換え有り。

朝のまだ暗い5:20に宿をチェックアウトしてバスターミナルに歩いて行きました。

宿からバスターミナルへは歩いて10分くらい。

ターミナルではターミナル使用料で1.5ソル(約52円)必要です。

バスは6:00に出発。

8:30に両替所に到着。

レートは1ソル2ボリでした。

本来のレートが1ソル2,12ボリだったので、ここで残っているソルを全てボリビアーノに両替しました。

この後の移動でボリビアーのが必要になるので、ここで両替しちゃうのがおすすめ!

9:00すぎにペルーとボリビアの国境に到着。

まずはペルーを出国して、そこから歩いてボリビアへ入国します。

おなじみのペルーマーク。

そしてこの門をくぐるとボリビアです。

看板に書いてある「BIENVENIDO A BOLIVIA」が「ボリビアへようこそ」って意味です。

入国してすぐにあるボリビアのトイレ。

「トイレ」

なぜか日本語で書いてあるけど、トイレくらい英語でも読める……

バスの乗客全員がボリビアに入国したら再びバスが出発。

ペルーとボリビアは時差が+1時間あるので、時計の設定をお忘れなく!

コパカバーナに到着する前に、入国料(?)で2ボリ(または1ソル)徴収されて、11:00すぎにコパカバーナに到着。

ここでバスの乗り換えと休憩。

再出発は13:30とのことだったので、バス会社に荷物を預けて街散歩とお昼ご飯。

お昼ご飯はトゥルチャという魚のフライ。

チチカカ湖周辺ではこのお魚が有名です。

13:30に再出発すると、途中チチカカ湖を渡ります。

渡る方法は船。

1人2ボリ(約32円)払って、この船に乗っていきます。

このときバスはどうするのかというと、バスもチチカカ湖を渡ります。

バスが湖を渡る光景は斬新!

あとはラパスまで直行。

ラパスのバスターミナルのすぐ近くに18:00ごろ到着しました。

ラパスから夜行バスでウユニへ。

ラパスには泊まらず、そのまま一気にウユニへ。

ラパスに到着したらバスターミナルでウユニ行きのチケットを探しました。

ウユニ行きの会社はたくさんあって、僕が買ったのはOMARという会社で120ボリ(約2000円)

バスの出発は20:30。

それまで、バスターミナルにあるATMでお金をおろしたり、ご飯を食べたり。

ターミナル使用料で2.5ボリ(約40円)、トイレで1ボリ(約16円)かかります。

そしてバスは出発。

バスにはご飯やお菓子などはついてなかったけど、暖かい毛布がありました。

リクライニングは160度くらい倒せて、1番前の席ということもあってめちゃくちゃ快適に寝れました。

ただ、隣に座っていたボリビア人のおばあちゃんが、ご飯を食べながら寝ちゃうのだけが気になる…

めちゃくちゃ疲れてたんだろうな…

ウユニ到着は朝の6:00

ウユニの朝はとても寒いので防寒必須です。

そして、到着したら宿に行きました。

まるで日本人宿?ウユニおすすめ安宿「Avenida」厳しめ批評!こんにちは! リマから一気にウユニへ来たきょーへい(@k_zuma_fmty)です。 鏡張りの絶景を見ることのできるウユニ塩湖。...

おわりに

ペルーのリマからウユニへのバス移動はこれでおわり。

3日連続夜行バスに比べれば全然快適で余裕でした。

関連記事:エクアドルのクエンカからペルーのリマへの2泊3日バス大移動。

リマからウユニへ一気に行くなら飛行機が楽で一番速いですが、お金がなくて時間があるならバスで行くのがベストです。

途中のプーノやコパカバーナも面白そうな街だったので、次行くときは2つの街でもゆっくりしたいなと思います。

まるで日本人宿?ウユニおすすめ安宿「Avenida」厳しめ批評!こんにちは! リマから一気にウユニへ来たきょーへい(@k_zuma_fmty)です。 鏡張りの絶景を見ることのできるウユニ塩湖。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です