マレーシア

クアラルンプールで乗り継ぎなら観光しなきゃ損!トランジット満喫のモデルプラン紹介!

こんにちは!

「ゆるゆる旅らいふ」きょーへい(@k_zuma_fmty)です。

 

「クアラルンプールで○時間のトランジット」

 

エアアジアの安い航空券ではよくあることです。

 

僕も日本からミャンマーに2度行って、2回ともクアラルンプール経由で10時間のトランジットがありました。

 

マレーシアの首都であるクアラルンプールの空港は、エアアジアの乗り継ぎとしてよく使われます。

 

そして、安い航空券ほどクアラルンプールでのトランジットの時間が長いです。

 

そんなときは観光しないと損!!!!!!

 

ということで、乗り継ぎの空いた時間を有効に使えるクアラルンプールのトランジット観光プランを紹介します。

 

今回、僕は10時間以上のトランジットでしたが、6時間以上トランジットの時間があればクアラルンプール観光は可能なので、ぜひ参考にしてみてください!

 

もしツアーを探しているなら旅工房をいうサイトで無料相談できますよ!

▶︎▶︎▶︎旅工房で無料ツアー相談をする

 

6:00 クアラルンプールに到着。まずはラウンジで無料朝ご飯。

日本からエアアジアで安く旅行するときはクアラルンプールに到着するのが早朝なことが多いです。

 

到着したらまずは一度マレーシアに入国します。

 

マレーシアの乗り継ぎでの入国は、入国カードの記入などは一切なく、入国ゲートでパスポート見せればサクッと入国できます。

入国する際は案内板の「Arrival Hall」の方へ向かってください。

 

入国審査は時期や曜日にもよりますが行列ができていることもあります。

 

僕は長い時で1時間弱並んだこともあるので、観光の予定はぎゅうぎゅうに詰め込まずに余裕を持ってください。

 

入国したらまずは朝ご飯を食べにラウンジへ。

 

クアラルンプール国際空港のLCCターミナル(klia2)には、到着した後・チェックイン前に入れるラウンジが2つあります。

 

どちらも「Level2M」という階にあります。

▼詳しいラウンジ情報はこちらから▼

関連記事:クアラルンプール国際空港KLIA2に行くなら必見!4つのラウンジ紹介。

 

ラウンジの朝ご飯はこんな感じ。

この他にもパンやシリアルもありました。

 

ここで朝ご飯を食べてWi-Fiを繋いで一休み。

朝早いこともあって混み合うこともなくのんびりできました。

 

2つのラウンジは24時間入れるので、早朝や深夜の到着、出発でも利用できます。

 

ちなみにラウンジは、プライオリティパスというカードを持っていると入ることができます。

プライオリティパスは、楽天プレミアムカードを持っていると無料で発行できます。

 

詳しくはこちら▶︎▶︎▶︎「楽天プレミアムカード」を持って海外を旅したら、そこには快適・充実な旅が!

 

 

9:00 まず向かうのはピンクモスク 

ラウンジでゆっくりしたら空港にある両替所で30ドル分だけ両替して観光開始。

 

結局少しだけ余ったのですが、何があるかわからないので30ドル分がベストだったと思ってます。

 

 

目的地はピンクモスク

 

ピンクモスクへ行く場合は、電車に乗ってプトラジャヤという場所へ向かいます。

 

電車はラウンジの1つ下の階にあります。

駅の正面にはユニクロ。

KLIA2からプトラジャヤへは9,4RM(約250円)

カードでの支払いも可能です。

 

電車の切符は改札横にある窓口で「I want to go toプトラジャヤ!」って言えば購入できます。(英語あってる?)

クアラルンプールの電車はすごくキレイ。

30分くらいでプトラジャヤ駅に到着。

写真に写っているのは今回の旅の相棒ジロー。

ピースボートで出会った同い年の友達。

 

今回のミャンマー行きの航空券の日にちが1年後になっていて、4万円で日程変更して飛行機に乗れたアホです。

 

ここから目指すのはピンクモスク。

ピンクモスクは正式名称を「プトラモスク」といい、クアラルンプールで人気な観光スポットです。

 

 

プトラジャヤ駅からモスクまではバスでも行けるみたいですが、よくわからなかったのでタクシーで移動。

 

タクシーは15RM(約400円)+タクシー配車料で2RM(約50円)の合計17RM(約450円)です。

 

ピンクモスクが見えてきた大通りでタクシーを降りて歩いて向かいました。

ここが入り口。

中に入ると立派でキレイなピンクモスク。

モスクは入場無料で、女性は肌の露出が宗教上NGなので、上から羽織るものを無料で借りることができます。

 

モスクの中もピンクでとてもキレイです。

プトラモスクは中に入れる時間が決まっていて、9:00~12:00,14:00~16:00,17:30~18:00の3回です。

 

僕はモスクが好きで、いろんな国のモスクに行きましたが、このプトラモスクは大好きなモスクの中の1つです。

 

青い空とピンクのモスクのコラボレーションは最高にキレイな光景なので、クアラルンプールにきたら必見です。

◯空港からピンクモスク

  交通費:9,4RM(電車)+17RM(タクシーは2人で乗ったから1人8,5RM)

◯ピンクモスクの入場料は無料。

◯見学できる時間は9:00~12:00,14:00~16:00,17:30~18:00の3回。

 

12:00 クアラルンプールと言えばペトロナス・ツインタワー

ピンクモスクの次はクアラルンプールでは1番有名な「ペトロナス・ツインタワー」。

 

ピンクモスクから行くには、タクシーでプトラジャヤ駅に戻って、そこから電車でKLセントラル駅経由でKLCC駅に行ってそこから徒歩。

 

ちなみに料金は、

  • タクシーがだいたい15RM(約400円)
  • KLセントラルまで14RM(約375円)
  • KLセントラルからKLCCまで2,4RM(約64円)

合計30,4RM(タクシーに2人で乗ったら23,9RM)です。

 

まうずはピンクモスクからタクシー。

 

ここでタクシーの運転手さんが「ツインタワーまでタクシーでだいたい30RMで行けるよ」って言うから連れて行ってもらいました。

 

2人で乗ってるから1人あたり15RMで電車で行くより安い!

 

ちなみにピンクモスクからツインタワーは約40km離れていて、車で行くと30~40分かかります。

 

「これ30RM(約800円)で行けなくない?」

 

なんて話しながら気づいたらメーターは軽く30RMを越えて到着する頃には50RM(約1340円)超え。

 

「まあ1人25RMだったら電車とあんまり変わらないし楽して来れたからいいか」

なんて2人で話していたんですが、タクシーの運転手さんが

「30RMって言っちゃったから30RMでいいよ」

って言うからお言葉に甘えて30RMしか払いませんでした。

 

運転手さんありがとう!!!

 

タクシーを降りると目の前にはでっかいタワー。

後ろを見ると小さなツインタワー。

そしてこれが有名なペトロナス・ツインタワー。

本当にでっかくて存在感がありました。

 

反対側から見るとこんな感じ。

タワーより気になる「ISETAN」の文字。

 

聞いた話によると、このツインタワーの建設には日本の企業が関わっています。

 

ツインタワーの片方は日本の企業で片方は韓国の企業が建設したみたいです。

 

ただ建設中に韓国側がダメになりそうになって、日本の企業が技術を提供して、タワー間の橋で支えてこのペトロナス・ツインタワーが出来上がったみたいです。

間違えてたらごめんなさい。

 

ツインタワーの中はショッピングモール?のような感じになっていて、僕らが行ったときは中国の催事が行われていました。

このタワーの上の方はオフィスが入っていて、東京駅の大丸みたいな感じ。

 

地下の通りも充実していて、KLCCの駅まで地下を歩いて行くことができました。

この地下でステキな出会いをしました。

ポテトチップスの広告なんだけど、真ん中の人…

出川???

 

この広告を見たときはジローと「出川じゃん!」ってクアラルンプールで1番テンション上がりました。

 

現地の人からしたら、なんでテンション上がってんだよってくらいには盛り上がりました。

 

◯ピンクモスクからツインタワー

交通費:タクシー15RM+KLセントラルまでの電車14RM+KLCCまでの電車2,4RMで、合計30,4RM(タクシーに2人で乗ったら23,9RM)。

→ラッキーなことにタクシーのみで30RM(1人15RM)

◯入場料は特になし。

◯展望台へは85RMで行くことができるが、事前にネットでの予約が必要。

 

 

15:00 空港に戻ってラウンジでご飯

ツインタワーを見たら空港に戻りました。

 

KLCC駅からまずはKLセントラルまで電車。

2,4RM(約64円)。

 

KLセントラルで一旦改札をでて、プトラジャヤ経由でKLIA2(空港)へ行きます。

 

直接KLセントラルからKLIA2に行くこともできますが、その場合は55RM(約1500円)かかります。

プトラジャヤを経由すると一旦改札を出て、切符を買い直してという手間はかかりますが、23,4RM(約630円)で行くことができます。

 

面倒ですが節約でプトラジャヤ経由で空港へ行きました。

 

空港に着いたら保安検査場を通ってラウンジへ。

 

KLIA2の保安検査場を通過したあとのラウンジは2つ。

 

僕らは搭乗ゲートに近い方のL8付近のラウンジへ行きました。

 

▼ラウンジの場所はこちらで書いてます▼

関連記事:クアラルンプール国際空港KLIA2に行くなら必見!3つのラウンジ紹介。

 

とりあえずビールとご飯。

このラウンジはメインの麺類やホットドックがあって、都度注文するスタイル。

 

缶ビールではなくて生ビールが飲めます。

 

そしてなぜかコックさんがビールを渡すときに「カンパイ」って言ってくれます。

 

わかってんなーって思ってたら、料理を渡すときも「カンパイ」って言ってきました。

 

とりあえず覚えた日本語「カンパイ」を繰り返すこの陽気なおっちゃんに会いたければ、L8付近のラウンジに行ってください。

 

ちなみにここのラウンジも楽天プレミアムカードを持っていれば無料で発行できるプライオリティパスで入ることができます。

関連記事:「楽天プレミアムカード」を持って海外を旅したら、そこには快適・充実な旅が!

 

ツインタワーから空港

◯KLセントラルからKLIA2の直行:55RM

◯プトラジャヤを経由:23,4RM (一旦改札を出て空港までの切符を買う)

 

17:20 ミャンマーへ向けて飛行機出発

ラウンジでゆっくりしたら、あとは飛行機に乗り込むだけ。

出発は17:20。

 

航空会社はエアアジアです。

 

クアラルンプールに行ったり経由する場合はエアアジアが多いです。

まとめ

以上クアラルンプールのトランジットでの観光でした。

 

僕らはトランジットの時間が約12時間ありました。

 

ただ、朝早い到着だったので観光に使った時間は9:00〜15:00の6時間。

 

あまり時間がなくても、空港からKLセントラルという市内の中心までは特急電車があるし、ピンクモスクだけなら3~4時間あれば観光することができます。

 

ちなみに、今回僕の行ったピンクモスクとツインタワーの位置関係は、空港とツインタワーのあいだにピンクモスクがある感じです。

 

もし、クアラルンプールの乗り継ぎでの観光はハードルが高いなと思ったらツアーもおすすめです!

▶︎▶︎▶︎旅工房で無料ツアー相談をする

 

クアラルンプールは調べると観光場所がいろいろ出てきますが、個人的にはピンクモスクとツインタワーで大満足でした。

 

クアラルンプールでの乗り継ぎがある場合は時間を上手に使って観光してみてください。

 

LCCの飛行機内でも快適に過ごす!【暇つぶしグッズ&過ごし方5選】飛行機の機内で何してますか?僕がLCCでも快適に過ごせている暇つぶしグッズを紹介します!これであなたも機内でのんびり過ごしませんか?...

 

 

POSTED COMMENT

  1. 髙寺 玲央那 より:

    初めまして、たかてら れおなです。
    きょーへんさんの楽天プレミアムカードの記事を読まさせて頂き、自分も登録しようとしたのですが、学生だと登録ができないとでてきました。
    ちなみに現在自分は大学4年生です。

    もし、学生でもプレミアムカードを発行できる裏情報など知っていれば教えて頂きたいです!

    • きょーへい より:

      高寺玲央那さんコメントありがとうございます。
      楽天プレミアムカードは学生でも作るのが可能なんですが、やはりプレミアムカードということもあり審査は厳しめになっています。
      実際に楽天プレミアカード(プライオリティパス)が必要になるまで期間があるなら、普通の楽天カードを作って数ヶ月使用してからプレミアムカードへの切り替えをするのが1番確実な方法です。
      もしそんなに期間に余裕がないのなら、カードの申し込みフォームの「生計を同一とするご家族数」に家族の人数入力すると、自分が払えなくても親が肩代わりしてくれると判断してくれルコともありますよ。

      また、わからないこと困ったことがあればコメントやお問い合わせで連絡してください!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください