ウズベキスタン

【ウズベキスタン旅行記】費用は?必要な日数は?10個の知っておきたいこと

きょーへい
きょーへい
2018年11月にウズベキスタンへ旅行に行ってきました!

ということで、費用や日数など旅行前に知っておきたかったことをまとめました!

こんにちは!ゆるゆる旅らいふきょーへい(@k_zuma_fmty)です!

 

ウズベキスタンって情報があまりなくて、ガイドブックに書いてあることが間違ってたりするんですよね。

 

なので、この記事ではウズベキスタン旅行記ということで、

  • 日数(行程)
  • 費用
  • 天候
  • 両替事情
  • 治安
  • ご飯
  • 実際に観光した街

についてまとめて書いていきます。

 

ちなみにウズベキスタンを旅行していたのは2018年の11/7〜17の11日間です。

為替レートなどはその当時の物で書いて行くので、多少の誤差は生じる可能性があります。

目次で一覧が見れるので、興味のある項目だけでも参考にしてくれたら嬉しいです!

ウズベキスタン旅行の日数は何日必要?

僕はウズベキスタン旅行を11日間でおこないました。

 

10日間あれば主要観光都市は回れるなというのが、実際にウズベキスタンを旅行して感じたこと。

 

僕の実際の旅程は、

タシケント(2日)→ヒヴァ(4日)→サマルカンド(3日)→タシケント(2日)

 

移動はタシケント→ヒヴァ、ヒヴァ→サマルカンドは寝台列車、サマルカンド→タシケントは昼発のバスです。

きょーへい
きょーへい
もう1つ有名な街「プハラ」も行くか迷ったのですが、のんびりしたくて辞めました。

 

各都市の位置関係はこんな感じ。

入国はほとんどの場合、首都のタシケント。

 

観光のメインになるサマルカンドはタシケントからバスで6時間、高速鉄道なら2時間ほどで移動できます。

 

なので、タシケントとサマルカンドのみなら5〜6日間あれば十分楽しむことができます。

 

地図に記した4つの街を回るなら、10日間はほしいです。

 

ウズベキスタンの通貨・両替事情・物価は?

ウズベキスタンの通過は「スム」。

 

1ドル=110円=8,400スムです。(2019年2月11日に調べたレートです。)

 

僕は到着した日に60ドルを両替したのですが、お金持ちみたいになりました。

物価は1リットル水が1,500スム(約20円)。

ご飯は一食20,000スム前後(約260円)。

ゲストハウスのドミトリーは10ドル前後(約1,100円)。

宿は基本的にドルでの支払いが可能で、僕はすべてドルで支払いました

両替は基本的に銀行でおこないます。

 

僕はタシケントの銀行でしかしてないですが、タシケント空港の入国前に一ヶ所あるみたいです。

 

ATMでのキャッシングもできますが、レートがいいのでドルからの両替がおすすめです。

 

ウズベキスタン旅行の費用は?実際いくら使った?

僕が11日間のウズベキスタン旅行で使ったお金は合計で142ドル(約15,620円)です。

きょーへい
きょーへい
この金額に航空券代は含んでいません。あくまでウズベキスタンで使った金額です!

1日あたり1,500円ですね。

1ドル=110円で計算しています

 

内訳はこんな感じ。

宿代(合計8泊):77ドル

食費:134,000スム

移動:244,700スム+5ドル

観光:90,000スム

移動の中に観光で使ったバスや電車のお金も入ってます

僕はお土産をまったく買っていない+お酒をまったく飲んでいない+ご飯も1日2食です。

 

また、朝食は宿でだいたい付いてきます。

 

僕は60ドルの両替と宿代をドルで支払いしました。

 

実際に観光した感じだと、1日あたり10ドル+宿代で楽しめるはずです。

 

もしツアーを考えている方は「」での無料相談がおすすめです。

 

航空券・ホテル・観光でいくらくらい必要なのかが無料で相談できます。

 

ぜひ一度試しに無料相談をしてみてください!

ツアーの無料相談はこちらから!

ウズベキスタンの天候は?ベストシーズンは?

ウズベキスタンは日本と同じように夏は気温が高く、冬は気温が下がります。

 

グラフで見るとこんな感じ。

(参照:地球の歩き方

 

注意点としては、

  • 夏場は気温が40度越えることもあるくらい暑い
  • 11月以降は0度を下回ることもあるくらい寒い
  • 日中と朝晩の気温差が激しい
  • 冬場のタシケントやサマルカンドは雨が降ることもしばしば

 

ベストシーズンは夏前の5月6月か寒くなる前の9月10月です。

 

夏場は暑すぎて観光してられないなんてことも……

 

僕は11月に訪れたのですが、寒すぎて手袋とフードも必須でした!

冬場に行く方はしっかりとした防寒を、夏場に行く方は日焼け対策をしっかりしていきましょう!

ウズベキスタンの治安はいいの?

ウズベキスタンはとても治安のいい国です。

 

夜に1人でカメラを首から下げて歩いていても平気なくらい治安がいいです。

 

さらに、日本語を話せる人が多いのもウズベキスタン の特徴。

 

特にサマルカンドでは、街を歩いていると日本語で話しかけられることがよくあります。

彼らは学生で日本に行くのが目標なんだとか。

 

本当にフレンドリーで親切な人が多いのがウズベキスタン 。

 

知らないだけで、とても治安がよく街歩きを楽しめる国です。

ウズベキスタンの言語は?英語は通じる?

ウズベキスタンの公用語はウズベク語とロシア語です。

 

観光地やゲストハウスでは英語が通じますが、英語が喋れない人の方が多いです。

 

例えば寝台列車のチケットカウンター。

 

10個ほどの窓口がありましたが、英語で対応できるのは1人だけ。

 

また、途中で道を聞いても英語がまったく通じなくて、気づいたら20人くらいの人だかりができたりもしました。

 

簡単な単語(ステーションとかトレイン)も通じない人も多くいました。

 

なので、事前に調べたり必要そうな単語をホテルなどで聞いてウズベク語でメモするのをおすすめします。

 

ただ、親切な人が多いのでわからないなりに一生懸命助けてくれます!

 

そんな時に分かり合えたときの感動は、なかなか味わえないので、これもウズベキスタン旅行の醍醐味の1つかもしれません。

 

ウズベキスタンの都市間の移動は???

ウズベキスタンの観光するなら都市間の移動は必須です。

 

飛行機もありますが、おすすめは「寝台列車」。

 

僕はタシケントからヒヴァとヒヴァからサマルカンドで2回寝台列車に乗りました。

 

値段も1回110,000スム(約1,440円)ほどで、地元の人たちとの交流ができます。

 

僕はタシケントからサマルカンドの寝台列車で出会ったファミリーがご飯をシェアしてくれたり宿まで車で送ってくれたりしました。

▶︎▶︎▶︎【タシケントからヒヴァ】寝台列車のチケットの買い方・行き方まとめ

 

もし、ウズベキスタンを周遊するなら寝台列車にも乗ってみてください!

 

ウズベキスタン旅行で実際行った街紹介!

僕がウズベキスタンで訪れた街は3つ。

  1. タシケント
  2. ヒヴァ
  3. サマルカンド

タシケント

タシケントはウズベキスタンの首都で、入国するときの玄関口でもあります。

正直、観光する場所はあまりないので到着日と帰国日の前後で十分です。

 

ゲストハウスは他の街と比べて1番安いのが特徴です。

タシケント安宿比較!「Topchan Hostel」と「BackPackersHostel」【ウズベキスタンおすすめゲストハウス】 こんにちは!ゆるゆる旅らいふきょーへい(@k_zuma_fmty)です。 ウズベキスタンの首都タシケントで有名な2つのゲス...

ウズベキスタンの玄関口なので必ず通ることになります。

 

ただ、観光としては他の街に劣るので、あまり長い日数は必要ないかと思います。

ヒヴァ

ヒヴァの旧市街はウズベキスタン国内で1番最初に世界遺産に登録されました。

 

城壁に囲まれた旧市街は、異世界にきたかのような錯覚に陥ります。

僕は4日間滞在してのんびーりしていましたが、観光は丸1日あれば十分です!

4日間かけて世界遺産の街ヒヴァを観光してきた【ウズベキスタン旅行】世界遺産の街「ヒヴァ」3泊4日でじっくり・のんびり観光してきたのでまとめました。城壁内も外も、昼間も夕方も夜も朝も。本当に見応えのある素敵な街です。ヒヴァへ行く前にチェックしてワクワクしてください!...

 

また、ヒヴァに行く際は近くの「ウルゲンチ」という街に行ってからタクシーorバスでヒヴァまで移動するので注意が必要です。

【タシケントからヒヴァへ】寝台列車のチケット購入・行き方まとめ【ウズベキスタン旅行】ウズベキスタンの首都タシケントから世界遺産の街ヒヴァまでの移動の様子です。寝台列車のチケット購入方法から列車の様子、電車を降りてからウルゲンチからヒヴァの街までの行き方を紹介しています。...

ホテルやゲストハウスは城壁内・外にいくつかあります。

 

僕の宿泊していた宿はテラスから城壁と門・夕日が眺められる最高の安宿でした!

安い・立地よし・美味しい朝食のヒヴァおすすめ宿「アルベックB&B」紹介。ウズベキスタ・ヒヴァの超快適な安宿を紹介します。「アリベックB&B」は快適で3泊のんびりしたおすすめな宿です。立地・朝ごはん・清潔さ・Wi-Fiなどなど本当にこの値段でいいの?って思うようなコスパのいい宿です。...

サマルカンド

ウズベキスタン観光といえば「サマルカンド」です。

 

特にレギスタン広場は、ウズベキスタン観光のメインです。

サマルカンドはレギスタン広場以外にも観光するべき場所が多いので2日間は欲しいです。

【お得情報あり】サマルカンド観光の入場料・日数まとめ【ウズベキスタン旅行】ウズベキスタン観光のメインとなる街サマルカンド。ガイドブックを読んでいったら情報が違う!ということで、今回行ってきた情報を紹介します。主要観光地の入場料金やガイドブックには載っていないお得観光情報まで紹介します!これを見ればサマルカンド観光が充実すること間違いなし!...

宿は高級ホテルから安いゲストハウスまで揃っています。

 

安いゲストハウスなら「AmirHostel」が快適でおすすめですよ!

サマルカンドの宿泊なら「AmirHostel」【綺麗で快適でおすすめのゲストハウス!】サマルカンドで宿泊したゲストハウス「Amir Hostel」が快適でおすすめなので紹介します!サマルカンドの安くて綺麗な宿を探している人は必見です!...

 

ウズベキスタンの美味しいご飯たち

ウズベキスタン料理で何かピンときますか?

 

何も思いつかないですよね?

 

ということで代表的なウズベキスタン料理を紹介します。

ウズベキスタンの主食「ナン」

ウズベキスタンの主食です。

 

ホテルの朝食で必ず出ます。

 

地域によって形や食感が違うので、各都市で食べ比べてみてください!

ウズベキスタンバージョンのピラフ「プロフ」

ウズベキスタンでもお米が食べられていて、その代表的な料理が「プロフ」

 

油っぽいのが特徴的で、好みが分かれるかも……

 

大きな鍋で一気に作っているのが一般的なので、お昼で売り切れることがあります!

ウズベキスタンのうどん「ラグマン」

日本人の口に1番合うウズベキスタン料理「ラグマン」

少しコシの弱いうどんです。

 

僕は11月の寒い時期に旅行をしたので、温かいラグマンが大好きでした。

ラグマンも地域によって入っている具材が違うので、各都市で食べてください!

 

ピーマンの肉詰め「ガルプツィ」

これは僕がウズベキスタンで1番好きな料理です。

ピーマンの肉詰めと野菜の煮込み料理「ガルプツィ」

 

優しい味なので、日本人の口には絶対に合います!

 

地元の人が集まる食堂では見かけなかったので、レストランで見つけたら食べてみて欲しいです!

▶︎▶︎▶︎【ウズベキスタン】ヒヴァの城壁内・外のおすすめレストラン

ヒヴァでしか食べられない?「シュヴィト・オシュ」

ヒヴァのあるホレズム地方で主に食べられているウズベキスタン料理「シュヴィト・オシュ」

暑くて食欲のなくなる夏に食べられるものです。

 

ハーブ入りのうどんのような麺にトマトソース、酸味の効いたヨーグルトをかけて食べます。

 

日本では味わえない爽やかな風味は、食欲をそそる一品です。

おやつに食べたい「ピロシキ」と「グンマ」

おやつに食べ歩きがしたい2品。

 

まずはピロシキ。

中にジャガイモが入ったほくほくのピロシキは1個20円ほどで食べられるので、小腹が空いたら食べたい1品です。

 

そして、「グンマ」

ウズベキスタンのメンチカツみたいな感じです。

 

牛肉が詰まっていて肉汁もたっぷり。

 

僕はタシケントの旧市街で美味しすぎて1日に3つ食べました。

皆さんも見つけたら食べてみてください!

 

虜になること間違いなしです!

ウズベキスタンへのツアーは?

ウズベキスタンに行きたいけどふらっと行くのは不安という方はツアーもおすすめです!

 

特に、日程に限りがある方!

 

寝台列車は人気なため、翌日のチケットが売り切れなんてこともあります。

 

ツアーでおすすめなのは「旅工房

 

希望の日程や絶対に行きたい場所をリクエストしてツアーの相談ができます。

 

しかも無料なんです。

 

個人での旅行を検討している方も、1度相談してみてはいかがでしょうか?

ツアーの無料相談はこちらから!

 

ウズベキスタン旅行まとめ

ウズベキスタンの基本情報は以上です。

 

詳しい観光情報やゲストハウス、移動についてはそれぞれ別記事に書いているので、よかったら参考にしてみてください。

 

特に、ウズベキスタンはガイドブックの情報と実際の情報が異なっていることが多です。

 

なので、行く前にぜひチェックしてみてください!

▶︎▶︎▶︎ウズベキスタンの詳しい情報はこちらから

 

また、わからないことや気になることがあればコメントいただければわかる範囲でお答えします!

 

ぜひウズベキスタン旅行を満喫できるようにしっかり準備してから出発してください!

 

ウズベキスタンの詳しい情報はこちら

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください